脳と心 その5

心というものを捉える時に、どうしても人間の脳を、イメージしたくなる人は、心とはこういうものだという、固定観念で縛られています。

地球上に存在するものたちは、それが生物と呼ばれるものであれ、非生物と呼ばれるものであれ、みんな兄弟です。

そして、その見た目の姿や活動状態は、千差万別です。

人間の体を構成している、様々な細胞たちも、みんな見た目が違いますし、働きや役目も違います。

でも、元々は同じ受精卵から生まれたものです。

同じように、心と一口で言っても、千差万別の心があるはずです。

人間の心は、その中の一つに過ぎません。

人間の心だけを取り上げて、これこそが心だと言うのは、地球上で人間だけが真の存在であって、他の存在は全て真実ではない、と言うのと同じです。

人間には人間の心がある。

当たり前です。

だから、人間は人間でいられるのです。

そして、人間の脳とは、人間としての心がこの世界で活動するために、必要不可欠なものなのです。

他の動物には、それぞれの脳があります。

それは、その動物の心を反映したものであり、そこには人間には理解できないような、心の活動があるでしょう。

また、脳を持たない植物や鉱物、水や大気などにも、心があります。

脳がないのは、それが必要ないからです。

言い換えれば、それだけ彼らの心の状態は、人間の心とは大きく異なったものだということです。

そんな彼らと意思疎通ができるでしょうか。

私はできると思います。

自然の中で心が癒やされるのは、自分の心が自然の心に、共鳴しているからです。

共鳴は一方的には起こりません。

こちらが癒やされている時は、相手も癒やされているのです。

それは、一つの意思疎通の形です。

自然が大好き、自然を愛していると、心から感じている人は、同じように自然から愛されているのです。

しかし、心を脳に限定したものと捉える人には、こういう捉え方はできません。

それでも、自然に癒やされる体験をしたならば、自分の考えが間違っているのだと、いつか気がつく時が来るでしょう。