頭の理解 心の理解 その3

もし、人間とは全く異なるタイプの、人間よりも遙かに優れた知性体が、宇宙のどこかから地球を眺め、その表面で蠢きながら活動している、ちっぽけな人間たちを観察したら、どう思うでしょうか。

彼らが自分たち以外に、心を持つ存在を認めなければ、人間は何かの意思を持って活動しているようにも見えるけれども、何らかのプログラムに従って、動いているだけかもしれないと思うでしょう。

人間が自分たちと同じような姿をしていれば、人間にも意思や心があるだろうと考えるでしょうが、全く異なる姿をしていて、彼らには人間がとても異質な生き物に見えたとすれば、人間は心のない機械的な生き物だと、判断されるかもしれません。

何度も同じような争いを繰り返し、自分たちが滅亡するかも知れないような戦いを、やめようとしないのは、物事を本当に理解する思考能力はないと、見られてしまうでしょう。

ただ、自分だけがどうやって生き残るかとプログラムされただけの生き物で、争いはそのための手段に過ぎないし、その結果どうなるのかということを、理解する力はないと見るのです。

誰かがエゴを研究するために、遺伝子操作をして創り出した生き物だと、判断されるかもしれません。

それは人間がアリやミツバチを観察するのと、同じようなものです。

しかし、実際は私たちには心があり、自分たちの意思があります。

一人一人の人間には、それぞれのドラマがあるのです。

それと同じように、一匹一匹のアリやミツバチたちにも、それぞれのドラマがあります。

私たちがそれを知る術がないだけです。

いわゆる生き物だけでなく、山にも海にも大気にも、星にも銀河にも宇宙にも、それぞれの心があり、それぞれのドラマがあると考えると、すごいと思いませんか。

人間同士は心を通わせるということがありますよね。

もし人間以外の生き物たちや存在たちと、心を通わせることができたなら、素晴らしいとは思いませんか。

それができるためには、まず相手に心があると認めなければなりません。

そして、心を持つその相手に敬意を払う必要があるでしょう。

それは相手を頭で理解するのではなく、心で理解することです。

相手を自分の自由に扱っても構わないと考えたなら、その相手と心を通わせることなんかできません。

それは人間同士でも同じことです。

それは相手の心を無視した行動です。

自然の存在と心を通わせるには、相手に敬意を払い、愛と感謝の念を伝える必要があります。

動植物の世話をしている人たちには、当たり前のことでしょうね。

そうすれば、きっと互いの心が通い、相手ととてもいい関係が持てるようになるでしょう。