伊予の軽井沢

今日、仕事で久万高原町という所を訪れました。

ここは松山から高知へ向かう、国道33号線沿いの町で、標高550~1,400メートルの高地にあります。

町の中心まで、松山から車で1時間弱で行けます。

久万高原町は、伊予の軽井沢と呼ばれるぐらい、涼しく過ごしやすい所です。
冬になると雪で真っ白になります。

スキー場もありますし、リンゴ栽培もしていて、麓の平地にある松山とは、別世界のようです。

近くには、西日本最高峰の石鎚山や、面河渓谷などの名所があり、自然豊かな地域です。

また四国遍路のお寺もあり、お遍路さんが訪れる所でもあります。
今日も五、六名のお遍路さんが、歩いているのを見かけました。

町と言っても、マンションのようなビルはありません。

山に囲まれた田畑と点在する民家という、昔ながらの山里と言った感じです。

夜の星空が自慢で、天文台まであります。

 ※結枝さんによる写真ACからの写真です。

今日は仕事で、久しぶりに久万高原町を訪れました。

途中で、田んぼをのぞいてみると、ささっと水の中を、素早く動くものがいました。
それは、オタマジャクシでした。

以前に松山市内にある田んぼを、同じようにのぞいたことがあります。
でも田んぼに張った水に、生き物の姿はありませんでした。
学校のプールのように、ただ水が張ってあるだけという感じでした。

しかし、今日見た久万高原町の田んぼには、数え切れないほどの、オタマジャクシがいました。

もっとよく見ようと、足を一歩踏み出すと、何かちっちゃな生き物たちが、慌てたように足下を逃げ回りました。

見ると、それは1センチほどの、オモチャみたいなアマガエルでした。

恐らくオタマジャクシから、カエルに成長したばかりなのでしょう。
本当にきれいな緑色の、可愛いアマガエルたちでした。

 ※ぽんぴんさんによる写真ACからの写真です。

田んぼの中には、オタマジャクシの他にも、アメンボもいましたし、小さな巻き貝もいました。

あんまりゆっくりしている、時間がなかったので、それ以上は探索する事は、できませんでした。
でも調べれば、もっと他の生き物を、見つける事ができたでしょう。

松山では滅多に見かけなくなった、モンシロチョウやシジミチョウも、飛んでいました。

足の近くでは、巣があったのか、たくさんのアリが、忙しそうに動き回っていました。

子供だったら、一日中そこにいても、飽きる事はないでしょう。

時の流れをさかのぼって、過去に戻る事はできません。

でも、自分の心は子供に戻る事ができます。

と言うか、大人になって還暦を迎えた今でも、子供の頃の私は、ずっと私の心の中にいるんですね。

普段は、大人の私の陰に隠れていますが、今日のような場面になると、大人の私を押しのけて顔を突き出し、好奇心一杯の目を、大きく見開くのです。

どうですか。
あなたには、そんな一瞬が、訪れた事はありませんか。

思いがけなく、子供心が姿を見せる瞬間です。

その瞬間だけ、私たちは過去の自分に戻ります。

現在ある余計な事は全部忘れ、目の前の興味を引かれるものに、釘付になります。

それはとても楽しい時間であり、自分をリフレッシュできる、機会でもあります。

あなたの中にいる、子供の心。

普段のあなたの陰に隠れながら、興味が引かれるようなものがないか、探っていますよ。

じっと耳を澄まし、目を凝らして、ワクワクする瞬間を、待っているんです。

ほら、わかるでしょ?

 ※Joshua WoronieckiさんによるPixabayからの画像です。