一周年

このブログを始めて一年が経ちました。

今日から二年目に突入です。

思いつきで始めたことですが、我ながら、よく一年続いたと思います。

スマホは、まだ持っていません。

でも、手持ちの携帯電話が3Gのため、今年いっぱいで使えなくなると、携帯電話会社からの通知がありました。

外に出たところで、スマホをいじることは、ほとんどないでしょうから、新しい契約でもガラケーの携帯電話で、全然不都合はありません。

でも、スマホに附属のカメラには、魅力を感じます。

空を眺めていると、雲が見えますが、これがたまに、面白い形になることがあるんですよね。

でも、上空は強い風が吹いているので、見ているうちに、あれよあれよと、形が変わってしまいます。

あ、と思った時に、パシャッと写真が撮れたら、面白いなと思いました。

そう考えると、スマホが便利かもしれないと考えています。

また、最近いろんな花を目にするのですが、見たことがないような花が多いですね。

道端に咲く小さな花も、改めて眺めてみると、とても愛らしいですし、こんな形をしていたのかと、つい写真を撮りたくなってしまいます。

そんなことも考えると、次回はスマホを購入するかもしれません。

でも、まだしばらく先のことですけど。

それにしても、この一年は世界中が大変でした。

それは、まだ終わっておらず、今年も引き続き大変なようです。

みなさん、ワクチンが神頼みのような感じですが、恐らくその効果は限定的だと思います。

と言うのは、世界を混乱させている問題の本質は、そこにはないからです。

コロナとは別の一般的な話ですが、具合が悪くなって、病院へ駆け込む人がいますよね。

でも、どうして悪くなったのかは、理解している人が多いと思います。

病院に行くのは、病気になった状況を維持しながら、どうすれば具合をよくできるのか、という相談に行くのですね。

たとえば、寝る間もなく、お金の心配や仕事への不満ばかりを抱えて、ずっと働き続けている人が、仕事を休むように言われても、そんなことはできないと、拒否するようなものです。

みんな、できれば自分の状況や環境を、維持したいと思っているのです。

それなりに安定して来たことを捨てて、新しい環境に飛び込むのが、怖いのでしょう。

でも、医者の忠告を聞いて、あるいは病気や怪我によって、半強制的に新しい生き方を送るようになると、みんな目が覚めたように、今までの暮らしは何だったのかと、思うわけです。

今の人類は、そんな状態にあるように思えます。

これまでの暮らし、これまでの社会、これまでの価値観に、しがみついていたいのです。

たとえ、それがいい暮らしではなかったとしても、これを手放したら、本当に終わりだと思うのでしょう。

これから沈没する豪華客船に、必死にしがみついているようなものですね。

しかも、その豪華客船には、人を襲う猛毒のアリが、一杯いるのです。

アリから逃れるためには、船から海に飛び込まなければなりません。

海に飛び込むのは怖いことですが、本当は船に留まる方が、もっと怖いはずなのです。

それなのに、多くの人はそのことが理解できず、船にしがみついていようとするのです。

海に飛び込んだらおしまいだと、思うのでしょうが、実際に飛び込んでみると、早くから海に飛び込んで、自分たちの小振りで自由に動ける船を、持っている人たちが助けてくれます。

客船に乗っていた時から、その人たちの存在はわかっていましたが、みんな、そんな人たちのことを、ただの変わり者としか、見て来ませんでした。

でも、そういう人たちは、勇気を持って海に飛び込んだ人を、決して見捨てたりはしません。

必ず手を差し伸べて助けてくれます。

助けてもらった人は、彼らと共に過ごすことで、彼らが何を求めているのかを、知ることができるでしょう。

そして、それは自分が本当に求めていたものだと、気づかされるのです。

今は変革の時です。

みんなが黙って、権力者に従う時期は、終わりを迎えています。

ただ、そのあとどうすればいいのか、わからないために、人々は混乱しているのでしょう。

私はその案内人になったつもりで、このブログを続けて行きたいと思います。

全ての人にとは言いません。

私と縁があった人に、その人のためだけに、役に立ちような情報を発信して行くつもりです。