世界について考えよう その8

現実の世界も夢の世界のように、自分の心の中にあるならば、別の世界が心の中にあっても、不思議ではありません。

ただ、通常の夢の世界が、全く個人的な意識で、創られているのに対して、現実と呼ばれる世界は、もっと大きな意識が創っていると思われます。

言い換えれば、私たちが考えている自我の意識は、本来の意識の、ごく一部に過ぎないのです。

今の自分のアイデンティティを越えた、単なる存在としての自分を認識し、何の制限もつけないことで、意識はその焦点範囲を広げることができます。

つまり、今よりも大きな意識、大きな自我を感じられるということです。

これまで指先だけで、何かを感じていたのを、指全体、あるいは手全体で感じるようになる、というようなものです。

 ※PublicDomainPicturesさんによるPixabayからの画像です。

何をわけのわからないことを、言っているのかと思われそうですね。

でも、この世界の物事に集中している意識だけが、意識の全てだと仮定すると、ひらめきなんて起こりませんし、虫の知らせもありません。

幽霊なんか有り得ない話ですし、体外離脱の話や生まれ変わりの話も、全部でっち上げということになるでしょう。

何をどう考えるのかは、人それぞれの自由ですので、違う考えをお持ちの方を、私は説得したり議論しようとは思いません。

ただ、ひらめきや虫の知らせ、幽霊などを認める方たちには、さらにもう一歩、それについて深く考えてもらえたらなと思います。

なかなかむずかしい話になるのは、私たちは日常認識している自分を、本当の自分だと理解しているからです。

それを越えた自分、という存在があると言われても、ぴんと来ないのは仕方がありません。

それでも考えて欲しいし、何とかイメージをつかんでもらいたいのは、今のあなたは、本来のあなたの心の中の、一つのキャラクターだということです。

本来のあなたは、今のあなたというキャラクターに、意識を集中しているのです。

そうやって、今のあなたを通して、この世界を体験しているのです。

同時に今のあなたとは、別のキャラクターのあなたにも、本来のあなたは意識を集中しています。

そこでは、こことは異なる世界を、本来のあなたは体験するのです。

そんな世界や、あなたの分身がたくさんありますが、それは一種のパラレルワールドです。

 ※Gerd AltmannさんによるPixabayからの画像です。

今のあなたに話を戻しましょう。

本来のあなたは、今のあなたを通して、この世界を体験しています。

今のあなたも、この世界も、本来のあなたの一部です。

しかし、今のあなたが、暮らしに充実感を感じていないとすれば、今のあなたと本来のあなたが、うまくリンクできていないと思われます。

夢で言えば、本来のあなたは、今のあなたを眺めているだけ、という状態です。

眺められている今のあなたが、どこで何をしようと、それに対して、本来のあなたは、眺めている以外、何もできないのです。

でも、本来のあなたが、今のあなたにぴったり意識を集中できれば、何の閉塞感や不自由感を感じることなく、のびのびと自由に活動ができるでしょう。

今のあなたの行動を、うまくコントロールして、危険を回避したり、楽しい方向へ向かわせることができるのです。

それを今のあなたという立場から見ると、本当の自分の望みが、わかったという感覚になるわけです。

それまで、こだわっていたようなことや、世間の常識などに関心を寄せなくなり、新たな興味や価値観に、生きるようになるのです。

 ※Anastasia BorisovaさんによるPixabayからの画像です。

これは、本来のあなたの立場から言えば、明晰夢を見ている状態ですね。

世界をわけのわからない場所と、捉えるのではなく、自分が自由に活動するための空間と、捉えているのです。

思いがけないことが起こっても、それは自分の望みを実現するための、一つの道だと受け止めます。

全ては本来の自分を表現するための、道筋だと理解しているので、障害物は存在しません。

他人がどう見るかに関係なく、あなたは充実した幸福感を、得ることができるのです。

 ※PexelsさんによるPixabayからの画像です。

何も考えず、機械的に日常生活に埋没している状態は、本来のあなたと波長が合っていません。

何か違うけど、何をしていいかわからない、と悩む場合、本来のあなたが、今のあなたに波長を合わせようと、懸命になっている状態です。

しかし、波長がうまく合わず、今のあなたは途方に暮れるばかりです。

こんなこと、できたらいいな、とか、こういうことを、やってみたいな、と思うようになると、本来のあなたの波長が、かなり合って来ています。

もう一歩という状態です。

自分がやりたいことの、優先順位が高くなって来ると、いよいよですね。

よし、やるぞ、そのためには、転職だって引っ越しだってするぞ、となると、完璧に本来の自分とリンクできた状態です。

おめでとうございます、と言われる状況ですね。

 ※Robert DörmerさんによるPixabayからの画像です。

今の世の中は、ほとんどの人が、本来の自分とのつながりを見失い、一部の人たちに都合がいい価値観を、無理やり持たされています。

多くの人は無力感を感じ、将来に対して、希望を見出せません。

考えるのは、せめて現状を維持しようと、いうことぐらいです。

でも、本来の自分とリンクすれば、状況は一変するでしょう。

何故なら、あなたが認識している世界は、誰かの世界ではなく、あなた自身の心の中に、あるからです。

本来の自分とリンクすることで、あなたが認識する世界を、あなたに都合のいいように、変えられるようになります。

困ったことが起きたように見えても、必ず助け船が現れます。

でも、お金がないと何もできない、などという価値観に気を取られると、本来のあなたとのリンクが切れてしまい、あなたは糸の切れた、凧のようになるでしょう。

 ※Bairiさんによる写真ACからの画像です。

いったん本来の自分とつながったなら、そのつながりを維持すること、すなわち、自分が本当にやりたいことにだけ、気持ちを集中させるということが大切です。