四国遍路2

 ※夏男さんによる写真ACからの画像です。

四国遍路には、奥深さがあると思うのですが、ここ何年もの間、お遍路さんの姿が、ぐっと減ったように、私は感じていました。

去年の秋の、日本経済新聞の記事にありましたが、経済のバブル崩壊が、人々を巡礼から遠ざけたようです。

お遍路さんの数は、2000年頃がピークで、13万5000人ほどだったそうです。

しかし、その後どんどん減り続け、2018年度は5万5000人になったと言います。

お遍路さんが減ると、お遍路さんたちが利用していた旅館の、経営が維持できなくなります。

宿屋が潰れてしまうと、泊まる所がなくなりますから、ますますお遍路さんの数は減ってしまいます。

お遍路さん相手の商売ができなくなると、その地域で暮らす人が減ります。
そうなると、遍路道を整備してくれる人が、いなくなるのです。

これもまた、さらにお遍路さんを減らしてしまう、要因になるでしょう。

四国巡礼には、お遍路さんを無料でもてなす、お接待という四国独特の風習があります。

でも、お遍路さんが来なかったり、お遍路さんのお世話をする、地域の人がいなくなると、それもなくなって行くのでしょう。

遍路旅を文化としてとらえた時に、その文化が廃れて行くのを見るのは、四国を愛する者の立場からは、ちょっとつらいものがあるようです。

それでお遍路さんの数を増やそうと、期待をかけられたのが、外国からの訪日客です。

労働者の数を補うために、外国人労働者を呼ぶのと、同じ状況ですね。

2018年には、訪日客のお遍路さんが、初めて1000人を超えたそうです。

でも、日本人のお遍路さんの穴埋めをするには、全然足りていません。

それで、もっと外国人のお遍路さんを増やそうと、四国4県では、八十八ヶ所巡りを世界遺産に登録しようと、運動を始めています。

それでも、今回のコロナ騒ぎの影響で、外国からの観光客は入って来ないし、札所のお寺も感染防止という理由で、納経所を閉鎖しています。

つまり、お寺を参拝しても、御朱印がもらえないのです。

なかなか思惑通りに行かないようで、お気の毒に思うのですが、でも、考えてみると、何かがおかしいような気がします。

 ※artworks_nさんによる写真ACからの画像です。

四国巡礼の遍路旅とは、基本的には宗教的なものです。

遍路旅には同行二人(どうぎょうににん)と言って、一人で回っていても、常に弘法大師がそばにいてくれるという、教えがあります。

これはまさに、宗教そのものです。

キリスト教で言えば、イエスさまがいつも一緒にいてくれますよ、と言っているのと同じです。

異教徒の人や無宗教の人には、同行二人なんて関係ないかも知れません。

でも、人生の問題を背負って遍路旅をする人には、その人なりの神聖さを、この旅に感じているはずです。

悩みや苦しみ、悲しみは、民族や宗教を超えたものです。
人間ならば、誰もが経験することです。

それを癒やしてくれるからこそ、大変な旅をするのでしょうし、他の人にも、遍路旅はいいものだと、伝えてくれるのだと思います。

この人たちにとって、四国巡礼が世界遺産になるかどうかなど、どうでもいいことでしょう。

あるいは、世界遺産登録によって、話のネタに回るだけの人が増えると、旅の雰囲気がぶち壊しにされるので、かえって迷惑に思うかも知れません。

確かに、お遍路さんを接待する人や、宿屋が消えて行くのは、大変だと思います。

でも、その人たちを維持するために、お遍路さんを増やそうと言うのでは、本末転倒のような気がします。

何故、お遍路さんが減ったのか。

それはひとえに、仏教への信仰心が減ったからでしょう。

つまり、今の世の中での、仏教の存在意義が薄れているということです。

 ※Florence D.さんによるPixabayからの画像です。

私たちが観光で訪れる以外に、日常生活の中で、お寺や仏教に関わる時というのは、どんな時でしょうか。

それは恐らく、お葬式と法事の時ぐらいでしょう。
しかし、今はお葬式のやり方も様々で、お墓を持たない人も、増えていると聞きます。

お葬式の時に、亡くなった方へ戒名という、あの世で使う名前を、お坊さんにつけてもらいますよね。

その戒名にも値段があって、お金をたくさん出せば、立派な戒名がもらえるのです。

お金がないから、一番安いのでいいと言うと、最低ランクの戒名だと、亡くなった方が気の毒だから、もう少し上のランクの方がいいと、お坊さんに勧められるようです。

その人が生前、どれほど優しくて、他人思いのいい人だったとしても、貧乏人だったら、いい名前がもらえないのですね。

しかも、名前をもらう時には、本人は死んでいますから、これがあなたの戒名ですと言われたところで、わかるはずがありません。

そもそも戒名というものは、生きている間に、お寺のためにいろいろ尽くしてくれた人に対して、お寺から感謝の気持ちで、与えてもらうものなのです。

もちろん、本人はそれが自分の戒名だとわかります。

また、これはその人の行いに対して、与えるものですから、お金で買えるものではないのです。

それなのに、今はお寺の方からお金を要求し、貧乏人の戒名だと、故人があの世で恥ずかしい思いをするようなことを、吹聴するのです。

昔の人ならいざ知らず、今どきの人たちに、こんな話が通じるわけがありません。

そういうことをする時点で、信用度はなくなってしまいます。

お寺の方々には、失礼な言い方になってしまいますが、今のお寺は、人々に生きる道を示すのではなく、算盤勘定をすることが、目的になっているように見えます。

だからこそ、若い人を中心に宗教離れ、仏教離れが進んでいると、私は思うのです。

ただ、お寺側の思惑とは関係なく、遍路旅、特に歩き遍路をする方たちは、その旅を通して素晴らしいものを、得るのは事実だと思います。

恐らく、遍路旅で何かを得られた人は、遍路旅が人生と同じなのだと、気づくのでしょうね。

ある地域で生まれ育ち、外を知らない人は、その地域のよさを、理解しにくいものです。

たとえば、田舎から憧れの東京へ出て、都会で暮らすことで、生まれ故郷の田舎のよさが、わかったという話は、よくあります。

それと同じで、自分の人生にどっぷりつかっていると、その人生がどういうものなのかが、見えにくいでしょう。

遍路旅は旅を通して、自分の人生を客観的に、見つめさせてくれます。

自分に与えられた仕事をこなし、いろいろ考え、苦労をしながら歩み続ける人生。

そんな人生を、時折温泉につかりながら、反省したり感謝したりする。

そして、いろんな人や物事のつながりが、理解できたならば、それは遍路旅をしたのと、同じなのだと私は思うのです。

 ※PexelsさんによるPixabayからの画像です。

四国遍路1

 ※ma35さんによる写真ACからの画像です。

四国には、八十八ヶ所のお寺を巡る、四国遍路というものがあります。

これは弘法大師(空海)が修行のために、四国の地を回った足跡を、訪ねて回るものです。

順路は徳島県の1番札所霊山寺から始まり、高知県、愛媛県と回って、最後は香川県の88番札所大窪寺で終わります。

その行程は、約1,400kmに及ぶと言います。

その間、それぞれの寺は、均等に建てられているのではありません。

道中、いくつかの寺が近くにある所もあれば、寺がなくて、ずっと長い距離を移動するだけの所もあります。

道が平坦な所もありますが、険しい山道を通ることもあります。

今では、車やバスで移動する人も、多いようです。

そういう人には道の険しさは、あまり関係ないかも知れません。

でも、歩き遍路を行う人は、かなり体力と気力が必要でしょう。

 ※Google Mapより 青マークの所が、八十八カ所の札所寺院

私が松山で暮らすようになったのは、今から30年ほど前のことです。

その頃には、札所のお寺や、お寺へ向かう道には、お遍路さんの姿を、よく見かけました。

お遍路さんは白装束に身を包み、菅笠をかぶって、杖を持っておられます。

遠くからでも、すぐにお遍路さんだとわかりますので、見間違えることはありません。

そのお遍路さんの中には、外国の方の姿も、よく見かけたものです。

お遍路旅は異教徒の人でも、構わないそうなんですね。

一方、外国の人の方も、それぞれ自分の宗教を持っていると思うのですが、そんなことは気にしないで、仏教の遍路旅を楽しまれている様子でした。

宗教を気にしないで巡礼ができるのは、和やかでいいですね。

お寺を回る都度、御朱印をもらえるので、コレクション感覚で、お寺巡りをされる方も、いると思います。

しかし、人生に行き詰まったり、最愛の人を失ったり、いろいろ悩みや苦しみ、悲しみを抱えて旅をされる方も、少なくないようです。

長い距離を歩き続ける方は、途中で遍路旅に出たことを、後悔することもあるそうです。

それでも頑張って歩き続けていると、道中で地域の人々のお世話になったり、様々な人と出会ったりします。

それで感激し、人間であることの喜びを、感じたりするのです。

また、一人で歩いていると、世間の忙しさや価値観から解放されて、時間やお金に追われない、素の自分を見つけることも、できると言います。

そういう経験をしながら、一つ一つお寺を回り、全部回りきることで、大きな達成感が得られるのですね。

それは、その人にとって、とても大きな人生経験となり、その後の人生に対しても、大きな影響を与えることになるようです。

 ※Hiro1960さんによる写真ACからの画像です。

四国のタヌキ

 ※ スマートショットさんによる写真ACからの画像です。

四国にはキツネが少なく、タヌキが多いと言われています。
その理由には、二つの伝説があります。

一つは、キツネが人に悪さをするので、弘法大師がキツネを、四国から追い出したというものです。

弘法大師に関する言い伝えは、数多くあります。
でも、弘法大師が聞いたら、びっくりするようなものばかりです。

この話もそうですが、タヌキだって人を化かすと言われているのです。

それなのに、キツネだけを追い出すなんて、ひどい人だと言われそうで、弘法大師がお気の毒です。

さて、もう一つの説明は、中世に道後温泉の近くに暮らしていた、河野伊予守道直(こうのいよのかみみちなお)というお殿さまが、追い出したというものです。

ある日、キツネがこのお殿さまの奥方に化けて、奥方が二人になったそうです。
お殿さまは困惑しましたが、食事の様子で、どちらがキツネかを、見破ったと言います。

お殿さまは、捕まえたキツネを殺そうとします。

しかし、このキツネはキツネの頭領で、多くの家来キツネが現れて、お殿さまに許しを乞うたそうです。

許されたキツネは、仲間を連れて四国から立ち去り、それで四国からキツネが、いなくなったという話です。

 ※あほうどりさんによる写真ACからの画像です。

実際は四国にも、少ないながらも、キツネは生息しているようです。
それでも目撃されるのは、圧倒的にタヌキが多いです。

私もこれまで何度もタヌキを見ました。

道路に車にひかれて死んだ、タヌキの死骸も時々見かけます。

確かに四国では、タヌキはそれほど珍しくない生き物で、人間のすぐそばで暮らしています。

有名なスタジオジブリのアニメ映画に、「平成たぬき合戦ポンポコ」というタヌキの物語があります。

この話では、都会のタヌキの力になるため、四国から神通力を持った、三匹のタヌキが登場します。

それは、讃岐の太三郎狸、伊予の狗神刑部狸、阿波の金長狸の三匹です。

この三匹は、いずれも有名なタヌキで、神社に祀られています。

 ※愛媛の刑部狸が祀られている山口霊神

他にも名前をつけられて、人々から親しまれるタヌキの話は、たくさんあります。
それほどタヌキは、四国の人々にとって、とても身近な存在という事なのでしょう。

それにしても面白いのは、祠を作ってタヌキを祀る、日本人ですね。
日本人は何でもあがめて、祀ってしまいます。

唯一神を信仰する、外国の方から見れば、とても奇妙に見えるでしょう。

外国の人の信仰は、厳格なイメージがあります。

個人的には、それほど強く信仰していない人も、いるとは思います。

でも、宗教としての雰囲気は、やはり厳格な感じです。

それに対して、日本人の信仰というのは、とても軽い雰囲気があります。

相手は神さまですから、みなさん、敬意の念は持っています。
でも、日本人はその神さまを、とても身近に感じているように思えます。

まるで、アパートや下宿の大家さんか、小学校の校長先生のようなものでしょうか。

とにかく頭は下げますが、世間話をしたり、冗談を言っても、許される相手なのです。

タヌキやキツネのように、いわゆる神さまでないものが祀られるのは、やはりそこに身近な親しみが、あるからでしょう。

地域によっては、それがヘビであったり、イノシシであったり、河童や鬼や龍などの、異界の存在が祀られています。

それぞれ畏怖の対象ではありますが、敬愛の対象でもあり、人々が親しみを持つ相手なのです。

 ※Markus WinklerさんによるPixabayからの画像です。

それが現実に、存在するかどうかは、関係ありません。
人々が、そこに存在を感じれば、それは確かにいるわけです。

そういう存在たちは、人々の念が、産み出したものです。
ですから、それらは人々の、心の表れと言えるでしょう。

いろんな神さま、あるいは神さまみたいなものが、祀られているのは、とてもユーモラスです。
それは人々こそが、ユーモラスという事なのですね。

いろんなものが祀られるのは、人々がいろんなものを身近に感じ、親しみを覚えている証拠です。
それは人々の生き方であり、生活感なのです。

四国にキツネが少なくて、タヌキが多い本当の理由はわかりません。

でも、その結果として四国の人たちは、タヌキに親しみを感じるのでしょう。

タヌキにまつわる話に花を咲かせ、タヌキに化かされる事を楽しみ、タヌキを神さまみたいに祀るのです。

それは、タヌキを通して表された、四国の人々のユーモアなのです。