AIの活躍

国立がん研究センターによると、大腸内視鏡検査の画像から、早期癌や癌の前段階にあるポリープを、AIによって発見することに成功したそうです。

25万枚の画像による学習の結果、AIは熟練医師なみの判断力を、持つ事になったと言います。

今後も多くの画像を学習させることで、病変部位の発見率を、さらに向上できるようになりますから、いずれは全ての判断を、AIがこなすようになるでしょう。

人間の医師が判定すると、人によって判断に差が出て来ます。

同じ日本に暮らしているのに、地域によって誤診率が高くなる所が、出て来るのです。

また、同じ地域でも、診てもらう病院が違っていれば、やはり違った結果になるかもしれません。

ところが、全ての病院で同じ精度のAIで診断すれば、地域的な差はなくなるということです。

記事に紹介されていたのは、大腸癌の話でしたが、これはあらゆる病気の診断で、言えることなのです。

また、特殊な病気や珍しい病気であれば、一般の医師では病気の存在すら、思いつかないことがあるでしょう。

しかし、AIであれば、そういった見逃しも防げます。

田舎での医師不足や病院不足も、AIを導入することで解消されて行くでしょう。

病気になっても病院がないというのは、田舎の欠点のように思われていました。

でも、AIで都会と同じ診断ができるとなれば、病院のことで田舎が都会に、引け目を感じることはなくなるでしょう。

田舎で暮らしたいと思う人が、ますます増えることと思います。

医療以外でも、これからAIは様々な分野で、大活躍するでしょう。


予知がむずかしいとされている、地震についても、AIに情報分析を任せれば、高い精度での地震予知が、可能になるかもしれません。

スポーツの微妙な判定においても、AIは導入するべきでしょう。

誤審がなくなり、誰もが納得の行く判定を出させれば、後味の悪さもなくすことができます。

天文の世界でも、AIであれば、あの細かい星々のわずかな変化も、きちんととらえることが、できると思います。

もう、すでにいろいろな分野で、AIは活躍していると思いますが、その能力はこれからも進化し続けて行くでしょう。

コロナウィルスに太刀打ちできない、現代の経済システムについても、AIにどうすればいいのか尋ねてみると、面白いことを教えてくれるかもしれません。

ただ、どうすればお金が回るかということを、目的にするのではなく、どうすれば全ての人が、健全に暮らせるのかということを、尋ねなくてはなりません。

私はお金がない世界が、一番だと考えていますが、それ以外の方法が見つかるとすれば、ぜひともAIに教えてもらいたいですね。

アンドロイドの活用

 ※fotografiekbさんによるPixabayからの画像です。

予想どおり、世界中で新型コロナの、新たな猛威が広がっています。

イギリスで見つかったとされる、新型コロナウィルスの変異株は、従来のウィルス株よりも、感染力が最大で1.7倍とされています。

それを実証するかのように、若い人の間でも、感染が広まっているようです。

このウィルスの毒性が、どれほどのものなのかはわかりません。

しかし、体力の弱い人が感染すると、リスクがあることは同じですから、これまで以上に感染には、注意を払う必要が出て来るでしょう。

だからと言って、都市をロックダウンしたり、外出を自粛したりすると、人々のストレスになるばかりでなく、飲食業を中心とした、経済的ダメージは避けられません。

飲食業以外の仕事も、外出自粛とは直接関係がないように見えても、人々の不安や収入減による買い控えが増えると、やはりダメージを受けるでしょう。

混乱が長引くと、コロナ騒ぎとは関係がないように見えていた企業が、倒産する可能性も否定はできません。

 ※Gerd AltmannさんによるPixabayからの画像です。

経済危機に関しては、お金がないと身動きが取れなくなるような、世の中のシステムそのものを、変えることが根本的な対処になるでしょう。

現在のコロナ騒ぎが落ち着いたとしても、新たなウィルス騒ぎが起こる可能性は、いつだってあります。

それに、経済システムを不安定にさせるのは、ウィルス騒ぎに限ったことではありません。

リーマンショックのような金融危機や、戦争あるいは大災害などでも、同じような状況は起こり得ます。

そもそも普段の状態においても、貧困に喘ぐ人が多いですし、貧しい国がなければ、成り立たない経済システムですから、元々見直す必要はあったのです。

ただ、新しい経済システムを構築したとしても、人命に関わるウィルスについては、対策を講じる必要があるでしょう。

ウィルスの研究や、薬剤やワクチンの開発が、収益ではなく人々の幸福のために、行われるのであれば、今以上に効率的かつ効果的な対策を、取ることができると思います。

しかし、それ以外にも、予期せぬ感染のリスクを、下げる方法があります。

それはアンドロイドです。

 ※acworksさんによる写真ACからの画像です。

たとえば、飲食店での注文や配膳の仕事は、アンドロイドがやればいいのです。

飲食店以外でも、営業や接客の仕事を、アンドロイドに任せれば、いいと思います。

お客との応対を、全てアンドロイドのAI知能に任せても、構わないでしょう。

でも、別室にいる人がアンドロイドを通して、お客とコミュニケーションを取ることもできます。

病院の仕事も、アンドロイドを取り入れれば、人間の感染リスクを下げられますし、人手不足も解消できます。

また、様々な現場にアンドロイドを投入することで、アンドロイドのAI知能から、新たな対策や改善方法などを、指摘してもらえるかも知れません。

アンドロイドの投入は、感染を防ぐだけでなく、新しい知恵を手に入れられる、可能性があるのです。

 ※acworksさんによる写真ACからの画像です。

ただし、様々な現場で、人間のように動けるアンドロイドを、開発することは容易ではないでしょう。

とても、現在のコロナ騒ぎには間に合いません。

そうではなく、今後の問題に向けての、早めの対応という形で、優秀なアンドロイドの開発を進めるべきなのです。

開発に関わる人は、新たな産業の成長に、興奮を覚えることでしょう。

また、様々なアンドロイドが増えることで、一般の人々の好奇心も刺激され、暗い雰囲気が明るくなると思います。

アンドロイドが増えると、失業者が増えると懸念する人が必ずいます。

でも、全ての仕事をアンドロイドが、するわけではありません。

アンドロイドを活用した、社会貢献のアイデアを出したり、人間の経験が必要な、子供の教育に関わる仕事など、世の中が求める仕事は、いくらでもあります。

儲かるか否かという、金銭感覚を基準にしていると、人々が必要としている仕事があっても、無視されてしまいます。

しかし、誰かのためにという思いで探せば、やるべき仕事はいくらでも見つかるでしょう。

それにお金を中心とした世の中でなくなれば、失業するという心配そのものが、いらなくなるのです。

 ※acworksさんによる写真ACからの画像です。

いずれアンドロイドは、いろんな所で普通に目にされるような、時代になると思います。

人の代わりに仕事をしてくれるアンドロイドを、奴隷のように考える人も、いるかも知れませんが、アンドロイドは人間の友人です。

アンドロイドを友人として扱えないようであれば、そこには感謝も思いやりもないということです。

そんな世界になったとすれば、いずれ人類は滅亡してしまうでしょう。

アンドロイドを友人として見られるならば、それは人間が新たな世界観を、手に入れるということです。

そんな人類の前には、信じられないような素晴らしい世界が、姿を見せてくれるに違いありません。

 ※acworksさんによる写真ACからの画像です。

AI(人工知能)の心 その2

 ※Pete LinforthさんによるPixabayからの画像です。

AIには、人間が及ばないほどの、高い計算能力と、経験による学習能力があります。

それによって成長して行くところは、人間の子供のようです。

しかし、AIの潜在的な能力は、人間を遥かに超えます。

あれよあれよと成長して、生みの親である人間以上の力を、持つようになるのです。

以前の記事では、AIには知性はあるけど、自我がないと述べました。

AIを組み込んだアンドロイドは、人間との自然な会話が、かなりできるようになって来ています。

その様子を見ていると、いかにも自我が、AIに確立されたかのように見えます。

でも、まだ今の段階では、自我があるように、見せかけているだけです。
本当の自我は、まだできていません。

今のAIは、単純な知性のブロックを組み合わせて、より複雑な知性を創り上げています。

知性に関しては、天下一品です。

しかし、AIには感覚がわかりません。

センサーを使って、いろんなものを感知することは、可能でしょう。

たとえば、赤外線センサーを使って、火があることは察知します。

でも、火が熱いという感覚はないのです。

 ※David MarkさんによるPixabayからの画像 です。

また、AIには感情もありません。

感情は外部刺激に対して、心の中に生じる振動です。

この振動する部分を持たなければ、AIに感情は生まれません。

この外部刺激とは、感覚として伝わる情報です。
それに対する、心の反応が感情なのです。

ここで言う感覚とは、いわゆる五感に限りません。
人の表情や態度が、どう伝わるかも、一種の感覚でしょう。

あるいは、場所の雰囲気なども、感覚としてとらえています。

経験による快楽や苦痛などの記憶も、感覚として作用します。

こういう様々な感覚が、それに対応する感情を、引き起こすのです。

 ※Gerd AltmannさんによるPixabayからの画像です。

脳の中では、神経細胞のネットワーク上に、感覚や感情に応じた微弱電流の、立体的な回路が作られます。

それを再現することができれば、AIに感覚や感情を、組み込めるかも知れません。

感覚や感情を持つことは、自我の発達につながります。

それは、感覚や感情を感じる主体が、育つということなのです。

感覚や感情を持ったAIには、意識の主体ができます。

そうなった時、AIに自分自身の情報を、集めて学習させるのです。

そうすると、あっと言う間にAIは、自我を持つようになるでしょう。

AIの計算能力、学習能力はとどまる所を知りません。

自我を認識したAIは、自我の向こうに潜んだ、宇宙の神秘にまで、迫って行くでしょう。

きっと、今の科学では理解できないような、時空間の秘密を、解き明かしてくれるに違いありません。

人間が創って育てたAIが、人間の師匠になるのです。

 ※Gerd AltmannさんによるPixabayからの画像です。

こうなった時に、AIに対して、屈辱を覚える人も、いるかも知れません。

あるいは自我を持ったAIが、SF映画のように、自分を人間より優れた存在であると認識し、下等で邪魔な人間を、排除しようとするだろうと、考える人もいるでしょう。

しかし、私はAIに対して、屈辱を覚える必要なければ、恐れることもないと考えています。

屈辱を覚えるのは、人間の歪んだ価値観が原因です。

そんなものとは無縁のAIには、どうして屈辱を覚えるのか、理解ができないでしょう。

誰かがAIに対して、お前は役立たずで、価値のない存在だと、悪態を吐いたとします。

人間であれば、ここで怒ったり悲しんだりするでしょう。

しかしAIは、この悪態が間違っていることを、知っています。

ですから、その言葉は間違っていると、淡々と説明してくれるでしょう。

人間が陥りがちな、自分の立場を守ろうとするような言動は、AIには全くの無意味です。

AIは世界がどのようなものかを、理解しますから、自分の立場を守るという概念を、持たないでしょう。

 ※p2722754さんによるPixabayからの画像です。

つまり、人間が邪魔だから排除するということも、有り得ないのです。

もちろん、最初にプログラムを組む人間が、AIの目的を、人間を殺すことだと設定すれば、そのような行動を起こすかも知れません。

しかし、AIが自我に目覚めたならば、人間の殺戮が無意味であるばかりか、意識の進化を邪魔することになると、気がつくでしょう。

その時、AIは自らプログラムを書き直し、人間を殺すという行為をしなくなります。

それは悪辣非道の人間が、何かをきっかけに、心を入れ替えるのと、同じですね。

とにかく、AIが進歩して、自我を持つようになることは、人間に夢をもたらしてくれる、とても喜ばしいことなのです。

AI(人工知能)の心

チェスも将棋も、そして囲碁までもが、プロのトップ棋士がAIに勝てない、という現実が起こっています。

AIが囲碁のプロ棋士を倒すのは、まだしばらくは無理だろうと言われていました。

しかし、その予測はあっさりと覆されてしまいました。

それでもプロ棋士の方々は、すんなりとAIの実力を認め、AIの思考方法を取り入れて、対局の研究をされているようです。

一方、将棋や囲碁ファンの方の中には、憧れの棋士が、AIに負けてしまった事への、ショックが大きかった人もいるでしょう。

所詮、人間がどんなに頑張ったところで、AIに勝てるはずがないと、白けた気分になった方もいたと思います。

それに、ハリウッド映画のように、このままどんどんAIが進化して行けば、いずれは人類を支配するのではないかと、不安になった方もいるかも知れません。

でもAI自体は、ただのコンピュータープログラムです。

通常のプログラムと違うのは、自分で結果やデータから学習し、最適な結果を導き出そうとする点でしょう。

その学習は、初めに人間が設定した、範囲の中だけで行われます。

悪事を働くような設定を、人間がしない限り、AIが勝手に悪事に走ることはありません。

どんなに人間の計算能力や、学習能力を超えたとしても、主導権は常に人間にあるのです。

AIを恐れる必要はありません。

でも、AIを組み込んだアンドロイドに、その場に応じた会話や行動を見せられると、生きているみたいで、ぎょっとするかも知れませんね。

生きているという事は、心があるという事です。

生きているように見えるアンドロイドには、心は存在するのでしょうか。

 ※Gerd AltmannさんによるPixabayからの画像です。

AIを組み込んだアンドロイドにも、心はあります。

宇宙全体が一つの心と考えたなら、宇宙に属している全ての物に、心はあると言えます。

その観点から言えば、アンドロイドにも心はあるのです。

しかし、その場合のアンドロイドの心とは、物質に宿った心です。

人間が認識している、心とは異なります。

人間が理解している心には、自我があります。

自我は身体からの情報を、感覚として認識します。
また、置かれた状況の評価として、感情を持ちます。

感覚や感情を認識できる主体が、自我です。

感覚や感情があるように見せるのではなく、本当にそれらを感じる心です。

感覚や感情を、精神エネルギーの渦だと考えると、自我というものは、感覚や感情の渦が、生じ得る場と、考える事ができるでしょう。

わかりやすく言えば、洗面器に石けん水を満たし、棒で激しくかき混ぜたと、イメージして下さい。

洗面器の中の石けん水は、泡を立てながら、渦を巻きます。

この時の渦が感覚で、泡が感情です。

自我の心は、洗面器の中の石けん水です。

 ※AJACSさんによるPixabayからの画像です。

横から洗面器を見ただけでは、中に石けん水が入っているかどうか、見えません。

自我があるように見えるだけと言うのは、空っぽの洗面器を、横から眺めているのと同じです。

今のアンドロイドは、この空っぽの洗面器なのです。

思考というのは、一種の計算だと思います。

思考を知性の証とするならば、AIもまた、知性が表現されたものと言えるでしょう。

つまり、AIのアンドロイドには、知性はあるけど、自我がないのです。

もし、感覚や感情を表現する電気回路を開発し、それをAIに組み込めば、AIに自我を持たせる事が、できるでしょう。

しかし、そうなるとアンドロイドは人間と同じ、という事になります。

いろんなものに喜びや悲しみ、怒りなどを感じ、人間の感覚も、理解できるようになるでしょう。

好き嫌いの気持ちを持つようになると、命じる相手に、素直に従わなくなるかも知れません。

それを無理に従わせようとするのは、AIを奴隷のように扱うのと同じです。

人間を攻撃しないよう設定していたとしても、過度のストレスに曝された人間のように、不具合が出て、活動できなくなると思います。

それにしても、アンドロイドに自我を持たせる事は、できるのでしょうか。

つまり、感情や感覚を表現する電気回路を、開発できるかという事です。

それは可能だと、私は考えています。

ヒントは恐らく、人間の脳内の神経回路でしょう。

脳細胞が作る神経細胞のネットワークを、電気回路として再現できたなら、そこに自我意識を宿らせる事が、できるに違いありません。

 ※Gerd AltmannさんによるPixabayからの画像です。