蓮池公園

もう3年になるでしょうか。

ちょうど今頃、高知県の蓮池公園という所まで、蓮の花を見に行きました。

今と同じ梅雨時だったので、その日は朝から雨が降っていました。
それもバケツをひっくり返したような、土砂降りです。

 ※Hans BraxmeierさんによるPixabayからの画像です。

梅雨なので、雨は覚悟していました。
でも、まさかそれほど降るとは、思っていませんでした。

さすがに中止にした方が、いいのではないかと、私は思いました。

しかし家内が、それでも見に行きたいと言うので、仕方なく土砂降り雨の中、車を出しました。

ほんとに、ものすごい雨でした。

車のワイパーを最速で動かしても、前方がよく見えません。

とにかくスピードを、出さないようにしながら、ゆっくり車を走らせました。

どうして、そこまでして行ったのか。

それは、花の咲き具合のちょうどいい時期と、仕事を休める日が、限られていたからです。

それに蓮の花は朝開いて、昼には閉じてしまうと、聞いていました。

花を見るためには、朝の早いうちに、現地に着いておく必要があったのです。

それで、高知までの移動に3時間と考えて、朝の6時前に自宅を出発しました。

まだ薄暗くて、雨がザアザア降っていました。
天気予報では一日雨です。

これでは、向こうへ着いたところで、花の鑑賞なんか、できるわけがありません。

しかし、現地に着く頃になると、ぴたりと雨がやんだのです。

こんな事もあるものなんだと、とても驚きました。

お陰で雨にも濡れず、無事に蓮を観賞する事ができました

実は高知には、毎月仕事で訪れています。
しかし蓮池公園は、来た事がありませんでした。

正直なところ、あまり期待はしていませんでした。

しかし、その期待は見事に裏切られ、蓮池公園の眺めは、それは見事なものでした。

それに、土砂降りの雨をも止めてしまう、家内の一念にも感心しました。

今年はコロナのお陰で、外出もずっと、自粛が求められて来ました。

その自粛が解かれたので、あちこちへ遠出する人が、たくさんいる事と思います。

きっと蓮池公園へ、蓮を見に行かれた人も、多かったでしょう。

やはり、人はいろんな所を訪れて、普段は触れる機会がないものに、接するのがいいですね。

楽しいですし、気持ちがリフレッシュされます。

人は好奇心の塊です。

刺激があれば、いつもはひっそりしていたはずの、好奇心が大きく膨らみ始めます。

蓮池公園では、いろんな表情の花を、楽しませてもらいました。

他にも、花に集まる虫たちや、葉っぱの上に溜まった水滴の玉、それに水の中の生き物などが見られて、とても面白かったです。

元気で気分のいい時に、こういう物を鑑賞するのは、もちろん楽しいです。

でも、そうではない時に鑑賞しても、きっと気持ちを、和らげてもらえると思います。

何かで悩んでいても、好奇心の方が悩みより大きくなれば、悩みに対する心配は、ずっと小さく抑えられます。

落ち込んでいたとしても、好奇心が元気にしてくれます。

気持ちが塞いでいる時には、少しでも気が引かれるようなものがあれば、そちらへ足を運ぶ事をお勧めします。

気が引かれるというのは、好奇心が癒やしの道を、示そうとしてくれているのです。

その指示に従ったなら、きっとあなたの心の中にも、きれいな蓮の花が咲くことでしょう。

40年前の話

6月になりました。
今日は、40年前の今頃、私が体験したお話をします。

当時、私は大学生でした。
暮らしていたのは、大学近くのアパートです。
近所には、スーパーがありません。

それで買い物をする時には、当時流行のミニサイクルに乗って、山の向こうにあるスーパーまで、買い出しに行きました。

 ※桔梗さんによる写真ACからの画像です。

山越えの道もあったのですが、自転車でその道を登るのは大変です。

ですから、山の向こうへ行く時には、山を迂回して、山裾の道を通っていました。

買い物を済ませてスーパーを出たのは、夕方でした。
山裾の道まで戻って来た時、辺りは夕闇に包まれていました。

空はまだ、ほのかに明るさが残っていました。
しかし、山陰になっていたこともあって、辺りは夜のような暗さです。

それでも、完全に夜というわけではありません。
どこに何があるという程度の、辺りの様子はわかりました。

 ※Hans BraxmeierさんによるPixabayからの画像です。

ミニサイクルの電灯をつけて走る、暗い道には誰もいません。
道の両脇は田んぼです。

左側の田んぼのすぐ向こうには、山裾が広がってできた丘がありました。

その丘には小さな祠があります。
私がそこの道を走っていた時、左前方にその祠が見えていました。

自転車を走らせながら、私は何気なく祠の方に目をやりました。
すると、そこから誰かが降りて来るのが見えました。

闇の中だし離れていますから、直接人影を認めることはできません。
人だとわかったのは、その人物がペンライトを持っていたからです。

ペンライトを持つ手を、振りながら降りているのでしょう。
小さな明かりが、強くなったり弱くなったりしながら、揺れ動いています。

その明かりが祠の長い階段を、ゆっくり降りて来るのが見えたのです。

こんな時間に、あんな所で何をしていたのだろう。
私はいぶかしく思いました。

昼間なら、何も思いません。
真っ暗になってから、丘にある祠に行くのは不気味です。

 ※tsukuriさんによる写真ACからの画像です。

階段の下には、私が進む道に向かって、細い道が真っ直ぐ伸びています。
そのペンライトの人物は階段を下りきると、そのまま細い道を進んで来ました。

その間、私はずっとミニサイクルを、走らせているわけです。
当然、その人物との距離は、どんどん縮まって来ますよね。

ところがです。
距離は近づいているのに、そこに人影が見えないのです。

いくら暗いと言っても、近づけば動く人影ぐらいは、見えそうなものです。

実際、他の構造物は暗闇の中でも、確認できていました。
それなのに、その人物だけが見えないのです。

見えていたのは、ゆらゆら動くペンライトの灯だけでした。

これは絶対におかしいと、私は思いました。
この距離であれば、そこに人がいれば見えるはず。

だけど、いくら目を懲らしても、見えるのはペンライトの灯だけです。
私は背筋がぞわっとしました。

これは人間じゃない!
人魂か?
そう思いながらも、ペダルをこぐ私の足は止まりません。

何も自分から、怖いものに近づかなければいいのにと、今なら思います。

でも、その時は恐怖に固まってしまったわけですね。
固まっているのに、足だけが勝手にペダルをこぎ続けているのです。

 ※RobertoChignoliさんによるPixabayからの画像です。

その人魂のような小さな光は、私が走る道へ出て来ると、こちらへ向きを変えました。

まるで、大きな道に出て来た人間のように、カクッと90度方向転換したのです。

私が走っている道の真っ正面です。
人だったら、見えないわけがありません。
でも、そこにいるのは、その光だけでした。

光はふわふわと漂いながら、私の方へ向かって来ました。
私の自転車も、光に向かって走って行きます。

光が目前にまで迫った時、私は心の中で叫び声を上げました。

胸の中では、心臓がバクバクしています。
全身に鳥肌が立っているような感じでした。

そして、ついに光が私のすぐそばまで、やって来たのです。

だけど、その光は私に何をするでなく、すっと私の横を通り過ぎました。
その時、私はようやく恐怖の呪縛を、解くことができました。

ああ、怖かった。
それが、その時の正直な気持ちでした。

私は自転車を止めると、光を振り返りました。
光はそれまでと同じ調子で、ふわふわと飛んでいます。

私は足下の田んぼに、目を向けました。
すると、稲の葉の陰に、いくつか似たような光が、点滅しています。

そうです。
私が人魂だと思っていた、その光。
それはホタルだったのです。

私はそれまで、ホタルを見たことがありませんでした。
初めてホタルを見た私は、驚きと感動で一杯になりました。

でも、ホタルを人魂だと思い込んで怖がった。恥ずかしさもありました。
辺りに誰もいなかったことが、救いでした。

しばらくホタルを眺めた後、私は無事にアパートへ戻りました。
40年前の話です。

今年も、ホタルの季節になりました。

 ※Anthony JarrinさんによるPixabayからの画像です。