昔の人の気概

松山から今治へ向かう海沿いの道は、今治街道と呼ばれています。

海の景色が素晴らしく、多くの車が行き交っていますが、昔もこの道は、たくさんの人が利用していました。

その途中に、粟井坂(あわいざか)という所があります。

上の写真は、粟井坂を上空から見たものです。

写真中央は、海際まで続いた、海抜50メートルほどの丘陵地です。

今は写真のように、奥の方が開発されて、団地になっています。

この丘陵地の北側が風早郡(かざはやぐん)、南側が和気郡(わけぐん)と呼ばれていて、ちょうどこの丘陵地が郡境になっていました。

写真の左下に「大谷口バス停」とありますが、昔の道はこの辺りから丘陵地を登り、峠を越えた後、写真左上の「粟井坂大師堂」の辺りへ出たそうです。

この丘陵地越えの坂道が、粟井坂と呼ばれているのです。

当時は丘陵地の端は崖になっていて、道はありませんでした。

丘陵地の反対側へ行くには、どうしても丘陵地を越えて行くしかなかったのです。

そのため、この峠には関所もあったようです。

ところが、この粟井坂を抜けるのは、人間にとっても、荷物を運ぶ牛馬にとっても、大変なことでした。

それで、粟井坂の北側、風早郡小川村の里正(りせい)であり、かつ風早郡副長を務めた大森盛寿(おおもり もりかず)氏は、迂回路を造ることを思い立ちます。

ちなみに里正というのは、庄屋のような役割で、里正という呼び名を使ったのか、庄屋という言い方をしたのかは、地方によって様々だそうです。

結局、迂回路の案は上司が受け入れてくれなかったため(恐らく費用の問題だったのでしょう)、大森盛寿氏は建設資金を蓄えることを決めます。

数年後、資金を用意できた大森盛寿氏は、あらためて新道建設を申請します。

すると今度は、新道建設の承認がもらえました。

しかも、県から補助金を出してもらえることになりました。

こうして明治13年4月、ついに新道工事は着工となり、同年7月に道路は完成しました。

それが今も利用されている、海沿いの道なのです。

この時の工事に携わった者は、延べ人数で 5,079名です。

すごい人数ですが、それだけ大変な工事だったと言えるでしょう。

この新道によって、多くの人々が助かりました。

その恩恵は、現在の私たちにまで、続いています。
まさに感謝と尊敬の念しかありません。

それにしても、当時の心ある人たちの気概というものは、凄まじいという言葉が、ぴったりではないでしょうか。

自分の信念を貫き通すという、強い想いを抱き続けるということは、並大抵のことではできません。

現代社会においては、大きな壁にぶち当たれば、すぐに諦めてしまうのではないでしょうか。

また、この大森盛寿氏が自分のためではなく、人々のために動いたというところが、素晴らしいと思います。

彼のその想いがあったからこそ、県も動いたし、人々も動いたのでしょう。

新型コロナ騒ぎで、国民・市民が思ったように動いてくれないと、嘆く政治家は多いでしょう。

でも嘆く前に、自分たちがどれほど、国民・市民の心を動かすような、言動を示せたのかを振り返ってみるべきでしょう。

自分の利益のためでなく、本気で動いている人を目にすれば、誰でも力になろうと思うものです。

政治家に限ったことではありませんが、昔の人の気概というものが、もっと注目されてもいいのではないでしょうか。

また、自分が何かを本気でやっていると言いながら、壁に突き当たって諦めそうになった時、大森盛寿氏のことを考えてみたらいいでしょう。

そうすれば、自分が本当に本気だったのかどうかが、わかると思います。

二つの道後温泉駅

 ※現在の道後温泉駅と坊ちゃん列車

道後温泉のすぐ近くには、松山市内の路面電車の、終着駅があります。

この路面電車は、松山市唯一の私鉄会社、伊予鉄道が運営しています。

ところで松山の西端には、三津という港町があります。

古くは伊予水軍の拠点として使われ、江戸時代には参勤交代で、殿さまが安芸(広島)まで往来する、水路の港として利用されていました。

明治時代になってからは、三津は松山の玄関口として、海路による人や物資の輸送拠点として、大いに発展しました。

小説「坊ちゃん」で、松山を世に紹介した夏目漱石も、船で三津に降り立ちました。

「坊ちゃん」の中で、マッチ箱のような汽車とされたのは、伊予鉄道がドイツのミュンヘンから輸入したものです。

現在街中を走っている坊ちゃん列車は、当時の汽車を再現したものです。

 ※Google mapより 地図上の線路は、縞模様がJRで、黒の実線が伊予鉄

鉄道がまだなかった頃は、松山の中心から三津まで行くには、舗装されていない道を、歩いていました。

荷物を運ぶには、牛や馬に運ばせていましたが、雨などで道がぬかるんでいたりすると、運ぶのが大変だったそうです。

特に山で切り出した木材を、大阪まで運ぶのに、三津までの道には、難儀したと言います。

松山の中心から、三津までの距離は約6.5km。

それなのに、この6.5kmの木材の運び賃が、三津から大阪までの船賃よりも、高くついたそうです。

 ※松山と三津を結ぶ三津街道

そこで木材運搬のための、線路を引こうとなり、市内中心と三津を結ぶ、伊予鉄道が誕生しました。

初めて見る汽車に市民は熱狂し、伊予鉄は貨物運搬よりも、人の運搬が主となったと言います。

こうして三津の町は、ますます盛況を迎えたのですが、問題がありました。

三津の海は遠浅で、大型船が港に、直接入ることができませんでした。

それで当時は、大型船は三津の沖に停泊し、そこから小型の船に、人や物を移し替えて、港まで運んでいたのです。

 ※三津港の沖合に停泊する蒸気船と、人や物を移す小舟

こんな事をしていては、松山の発展が遅れると、三津よりももっと北にある、高浜という所に、新たに港を造る計画が、立ち上がりました。

当然、伊予鉄も線路を高浜まで、延ばすことになりました。

これを知った三津の町民は、猛反発しました。

三津は松山の玄関口として、栄えて来たのです。

ところが高浜が玄関口になると、三津はさびれてしまうと考えたのです。

三津の人々は、高浜に港を造ることに、猛反対しました。
しかし計画は進められ、高浜に新しい港が、建設されたのです。

伊予鉄も終点を、三津から高浜に変更しました。

怒った三津の町民たちは、伊予鉄の利用をボイコットしました。
そして馬車で、汽車に対抗しようとしました。

しかし馬車で汽車に、勝てるわけがありません。

そこで自分たちでお金を出し合って、伊予鉄に対抗するべく、松山電気軌道という会社を興したのです。

 ※三津街道を走る松山電気軌道

松山電気軌道が作った路線は、伊予鉄の線路に平行するようにして、三津から松山の街中まで造られました。

しかし、それだけでなく線路はさらに、道後温泉まで続いたのです。

三津から道後温泉まで、直行できるというわけです。
観光や仕事で、松山を訪れた人には、便利ですよね。

 ※黒い線路が伊予鉄 赤い線路が松山電気軌道

しかも伊予鉄は軽便鉄道で、線路の幅は小さく、車両も狭いのに対し、松山電気軌道は線路幅が広くて、車両も広かったのです。

さらに伊予鉄は汽車なので、黒煙を吐きますが、松山電気軌道は名前の通り、電気で走る電車だったのです。

伊予鉄が開業した後、道後温泉と市内を結ぶ道後鉄道という、路線が造られました。

松山電気軌道が開業した頃、伊予鉄はこの道後鉄道を合併していたので、道後温泉には伊予鉄と松山電気軌道の、二つの駅が並ぶことになったのです。

 ※右が伊予鉄の道後駅で、左が松山電気軌道の道後駅

両者は客の奪い合いをし、値引き合戦をしました。
松山電気軌道は、道後温泉の入浴料まで、負担したと言います。

伊予鉄は三津と高浜の間の、梅津寺という所に、海水浴場と遊園地も造りました。

松山電気軌道はこれにも対抗して、三津浜に海水浴場と遊園地を造り、松山の街の入り口辺りに遊園地も造りました。

そこまでやるかと言うぐらい、三津の人々の怒りのパワーは凄まじく、まるで映画かドラマでも観ているように思います。

それでも結局は、資金繰りが続かなくなり、松山電気軌道は伊予鉄に、合併されてしまうのです。

恐らく、そうなることは三津の人たちにも、わかっていたでしょう。
それでも自分たちの思いを、行動として表さざるを、得なかったということです。

列車の争いとしては、三津の人たちは、伊予鉄に敗北した形となりました。
しかしその意気込みは、歴史に残るほどになったのです。

この三津の人々の熱意というものには、見習うところがあると私は思います。

何でも政府の言うとおりになり、不満があっても我慢してしまう。

そんな傾向が日本人には強いのです。
言うべきところは、しっかり言うべきです。

しかし今、コロナ騒ぎをきっかけにして、多くの人が意見を、言うようになりました。

また、政府の指示を待たず、自分たちで行動を、示すようになったと思います。

松山電気軌道は資金が続かず、伊予鉄との戦いに、敗れてしまいました。

しかし、政府というものは、私たち国民が選ぶものです。
本気で争えば、国民が負けるわけがありません。

何が何でも政府に文句を言えと、言っているのではありません。

そうではなく、政府が筋が違うことをしたり、国民を切り捨てるような、態度を見せる時には、断固として反対する姿勢を、示すべきだと思うのです。


伊佐庭如矢(いさにわ ゆきや)

この方は、現在の松山観光の基盤を築いた方です。

3000年の歴史がある、道後温泉の辺りは、かつて道後村と呼ばれていました。

その一部は町村制施行により、1889年(明治22年)12月に、道後湯之町となりました。
その初代町長が、この伊佐庭如矢さんです。

明治6年、明治政府の廃城令によって、松山城は取り壊されそうになったそうです。

当時、伊佐庭さんは県の職員でした。

伊佐庭さんは松山城の公園化を訴え、松山城を壊さないよう、政府に請願しました。
その結果、松山城は廃城を免れたのです。

松山城は、松山の観光の目玉です。
町の中心にある山の上にあり、松山のシンボルになっています。

伊佐庭さんがいなければ、松山城は壊されて、城山だけが残されていたでしょう。
松山城が残されたのは、すごい功績です。

でも伊佐庭さんの功績は、これだけではありません。

道後湯之町の町長に、就任した伊佐庭さんは、当時老朽化が進んでいた、道後温泉の建物の改築に、取り組みました。

現在見られる建物は、この時に建築されたものです。

 ※なのかさんによる写真ACからの画像です。

当時の建物は、傷みが激しかったようですが、財政難のために放置されていたと言います。

それを壊して、今の建物を完成させるのにかかった費用は、今のお金にして、十数億円から二十億円以上だったそうです。

財政難の町が、出せる金額ではありません。

あまりにも高額な経費と、古くからある物を壊して、造り直すことへの抵抗から、相当の反対があったと言います。

伊佐庭さんが身の危険を、感じるような事もあったようです。

それでも伊佐庭さんは、100年後までも、他所が真似できないものを造ってこそ、初めて物をいうのだと述べたそうです。

そして、人が多く集まることで町が潤い、町が潤えば、みんなの暮らしがよくなるのだと、人々を説得したと言います。

伊佐庭さんは、自ら給料を返上して無給となり、町の人々に協力を仰ぎました。

その考えと姿勢に賛同した人たちは、自分たちの家や土地などの、不動産を担保にして、道後温泉の改築費用を、銀行から借りられるようにしてくれました。

伊佐庭さんの熱意が、人々に通じたのです。

いくら温泉の歴史が3000年と言っても、施設が整っていなければ、今のような観光客は訪れなかったはずです。

それが今では、毎年100万人以上の人が訪れる、観光施設となりました。

伊佐庭さんがいなければ、今の松山はありません。

松山の二大名所である、松山城と道後温泉。
この二つを、私たちに残してくれた事は、称賛に値します。

しかし、伊佐庭さんの松山への貢献は、これだけではありません。

当時は、海の玄関口である三津から、松山の町まで人や物を運ぶ、鉄道がありました。
しかし、道後温泉までの鉄道はありませんでした。

そこで伊佐庭さんは、既にある鉄道の終着駅から、道後温泉を結ぶ鉄道を独自に造りました。

そうやって、愛媛の外から訪れる人たちが、道後温泉を訪ねやすくしたのです。

 ※道後駅構内

また同時に、松山の町の中心から、道後温泉へ向かう路線も造りました。
これは町に暮らす人たちの、足になりました。

お陰で、道後温泉を訪れる客は、急速に増えて行ったと言います。

道後温泉のすぐ近くには、中世に伊予を支配していた豪族、河野氏の城がありました。

しかし、当時そこは、竹藪や雑木ばかりの、荒れ果てた所だったそうです。

伊佐庭さんは、ここもきれいに整備して、公園にしました。
それで、温泉客が公園を散策をして、楽しめるようになったのです。

大金がかかるとか、失敗したら責められるような事は、普通、誰もやりたがりません。
伊佐庭さんがやった事は、そんなものばかりでした。

伊佐庭さんは大きなビジョンを持ち、人々を説得するだけの、情熱がありました。
命の危険もあったのに、ひるまずに信念を貫きました。
自らも無給で働く姿を、人々に示しました。

そんな姿勢が、人々の信頼を勝ち得る事に、つながったのでしょう。

これだけ気概と情熱を持った方が、今の政治の世界には、どれだけいるでしょうか。
本気で人々のためになると考えて、動く人がどれだけいるでしょう。
国民や市民の喜びに満ちた顔を、思い浮かべられる人が、どれほどいるのでしょうか。

その人たちを選ぶのは、私たちです。
でも、選びようがないというのが、みなさんの声だと思います。

弱い立場の人を思いやり、頭が良くて夢がある、そんな人の登場が待たれます。

歴史を感じよう

松山市の中心には、勝山(かつやま)と呼ばれる小さな山があります。
その山の頂上には、江戸時代末期に造られた松山城がそびえています。

ビルなどの建物の陰に入らない限り、この城は市内のどこからでも見ることができる、街のシンボルです。

 ※松山城

山の頂上へ登るには、ロープウェイかリフトを利用できますが、歩いて登ることもできます。歩くと頂上まで、20分から30分ぐらいでしょうか。

たまにしか登りませんが、歩いて登ると、身体中を血がめぐるのがわかります。
道は木々に囲まれていますから、森林浴もできて清々しい気分になれます。

散歩がてら歩いて登る人も、結構いらっしゃるんです。
全然顔見知りじゃないのに、すれ違う時に挨拶をしてくれるのが、嬉しいですね。

城へ登る道は全部で4本あります。

ロープウェイやリフトは、山の東側にあります。
観光客が利用するので、こちらが城山の玄関口になっています。

ここにはロープウェイに併走する、登城道があります。
この道は、城を建築する時の、資材を運んだ道だそうです。

山の南西部の中腹には、お殿さまが暮らしていた、二の丸があります。

そこから登る道もあるのですが、これがお殿さまも利用した、本来の登城道です。

他の二本は、明治時代になってから、造られたそうです。

昔のお侍たちが通った道を楽しむには、二の丸から登る道が、お勧めです。

 ※松山城ホームページより

道を登りながら、当時の城に想いを馳せると、3D映画の映像のように、現在と当時の時空間が、重なって存在しているような気がします。

松山城に限りませんが、お城に登る機会がある方は、天守閣から街を見下ろしてみて下さい。
そして、同じように城下町を見下ろしている、お殿さまを思い浮かべてみて下さい。

自分の隣で、お殿さまが街を眺めているのです。
時代が異なるので、お殿さまはあなたの存在には、気がつきません。

あなたが隣にいるのも知らずに、今日もええ眺めじゃの、なんて言うのです。
面白いでしょ?

今度は、お殿さまと自分を、重ね合わせてみて下さい。
あなた自身が、お殿さまです。

お殿さまになったあなたには、ビルが建ち並んだ街ではなく、木造の屋敷や家が並ぶ、昔の城下町が見えるかも知れません。

その街が、よもやビルだらけの街になっているとは、お殿さまは思いもしません。
いつまでも、ずっと同じ風景がそこにあると思っている、お殿さまの気持ちを、味わってみて下さい。

 ※Gerd AltmannさんによるPixabayからの画像です。

過去は既に終わって、消え去ったもの。
未来はこれから生じうる、不確定なもの。
確かに存在しているのは、今というこの瞬間だけ。

大概の方は、世界をこんな風にとらえていると思います。
だけど、本当のことを知っている人はいません。

自分にとって確かなのは、今この瞬間です。
本当に存在していると言えるのは、常にこの瞬間だけでしょう。

しかし、昔のお殿さまにとっても、お殿さまが感じた瞬間こそが、現実なのです。
私たちから見れば、過ぎ去った過去のことですが、お殿さまにとっては今なのです。

また、お殿さまからすれば、私たちの今は、何もわからない未来のことです。
どうなるかわからないので、ないのと同じです。

でも、私たちはここに存在しています。
今という瞬間を、生きているのです。

私たちもお殿さまも、それぞれの瞬間を生きていて、確かに存在しているのです。
ただ、お互いの瞬間を、共有できないだけのことなのです。

同じお城に、私たちも存在しているし、お殿さまも存在している。
存在している時代が、それぞれ違うから、お互いがわからないだけ。

そう考えると、全ての瞬間というものは、今ここに同時に、重なって存在していると、言えるのではないでしょうか。

私たちもお殿さまも、それぞれの時代の瞬間瞬間を、現実として体験しているのです。
そして、その瞬間というものは、全て重なって存在しているわけです。

それは光の波長を、体験しているようなものです。

 ※MonsterkoiさんによるPixabayからの画像です。

光をプリズムに当てると、七色に分かれます。
虹をイメージしてもらっても、構いません。

それぞれの色には幅がありあす。
たとえば赤と言っても、波長の違いによって、微妙に赤の色具合が変わります。

それは他の色についても、同じことが言えます。

お殿さまが赤い色の波長を、順番に経験しているとしましょう。
私たちは緑色の波長を、順番に経験しているとします。

それぞれは違う色、違う波長にいますから、お互いを知ることはありません。
でも、どちらの色も重なって、白い光の中に存在しています。

こんな感じです。
どうでしょうか?

時間や瞬間というものは、こういう事ではないでしょうか。

では、自分自身の過去や未来というものは、どうなっているのだろうと、考えたくなりますよね。

それについては、自分というものについて、考える必要があります。
その話は、またの機会にしましょう。

それよりも、過去も未来も、今この瞬間に、あなたと一緒に存在していると考えると、面白いでしょう?

そんなの有り得ない、信じられないなんて思わないで、素直に想像してみて下さい。

固定観念から離れると、あなたの心は自由になります。

時空を超えて、他の時代の人物に、直接出会うことは、できないかも知れません。
だけど、全てはこの瞬間、ここにあるのです。

もしかしたら、無意識の部分で、過去の人物とつながることは、できるかも知れません。
それは、あなた自身の過去や未来の自分でも、言える事です。

 ※Pixabayのスポンサー画像です。

過去や未来の自分が、この瞬間に存在していて、無意識の部分でつながっている。
じゃあ、自分ってどんなものなの?

そんなことを、考えたくなるでしょうが、それについては、ここではお話しません。

ここで伝えたいのは、歴史を感じるということなのです。

それはただの想像や妄想なのではありません。
この瞬間も存在している過去の世界を、無意識を通して感じ取ることなのです。

そして、単に出来事を覚えるのではなく、当時に生きていた、私たちと同じ人々の息づかいを、感じ取るということです。

それは、現在や未来においても、人の気持ちに共感する力に、つながることなのです。

 ※Thanks for your Like • donations welcomeさんによるPixabayからの画像です。