萬翠荘

前回に続いて、松山の見所を紹介します。

松山城がそびえる勝山の南側に、大正時代に建築された洋館があります。
それが萬翠荘(ばんすいそう)です。

萬翠荘は、旧松山藩主の跡を継いだ、久松家当主の久松 定謨(ひさまつ さだこと)伯爵が、大正11年(1922年)に別邸として建設したものです。

フランス生活が長かった伯爵の好みで、萬翠荘はフランス風に造られています。

しかし、西洋建築は左右対称が多いのに対し、萬翠荘は左右非対称です。
右側には尖塔の屋根がありますが、左側にはありません。

これは左右非対称が多い日本建築の要素を、フランス建築と融合させたものと言われています。

萬翠荘の建築の話が進められていた頃、大正11年11月に四国で陸軍の特別大演習が、行われる予定となり、天皇陛下が来られるという話になりました。

当時、大正天皇は病気ということで、皇太子の裕仁親王(ひろひとしんのう)が、天皇代理の摂政宮(せっしょうのみや)として四国を訪れ、大演習のあとに各地を視察することとなりました。

しかし、松山には摂政宮の宿泊所がなく、萬翠荘をその宿泊所として、ふさわしいものとして建てるということになったそうです。

萬翠荘は、愛媛県で初めての鉄筋コンクリートで造られた建物で、当時は全国的にも、鉄筋コンクリート製法が、まだ普及していませんでした。

また、トイレも西洋式便器を用いた水洗トイレです。
大正時代に水洗トイレがあったなんて、驚きですね。

各部屋には、やはり当時珍しい、電気による連絡ボタンが付いています。
用事がある相手によって、押すボタンを分けていて、ボタンを押すと、相手の部屋のベルが鳴るという仕組みです。

暖炉も各部屋に備え付けですが、薪を燃やすのではなく、当時の最新式であるガス式の暖炉です。

部屋や廊下、階段には絨毯が敷き詰められ、階段の踊り場には、大きなステンドグラスが飾られています。

 ※階段の踊り場から、玄関を見下ろしたところ。
 ※階段の踊り場にあるステンドグラス。

二階には、伯爵と伯爵夫人の部屋の他、来賓の部屋などもあります。

摂政宮(のちの昭和天皇)が泊まられた部屋や、食事をされた部屋も見学できます。

 ※摂政宮が朝食を摂られた部屋。

前回紹介しました庚申庵(こうしんあん)と同じく、萬翠荘も戦災を免れました。

これだけ立派で大きな建物が、無事だったことは、まさに奇跡と言えるでしょう。

当時、萬翠荘は最高の社交の場として、各界名士が集まったと言います。
また、皇族方がご来県の際は、必ず立ち寄られたそうです。

今は誰でも気軽に訪ねることができますので、大正時代を感じてみたい方は、ぜひご来館下さい。

 ※謁見の間。
 ※晩餐の間。
 ※二階のバルコニー。