健康になるために

健康になるために、あなたは何かをしていますか。

ダイエット?

ジョギングですか?
それともウォーキング?

 ※Manfred RichterさんによるPixabayからの画像です。

その一方で、あなたは不健康になることを、やっていないでしょうか。

たとえば、喫煙や深酒、睡眠不足、スマホやパソコンゲームのやり過ぎ、偏った食事。

あるいは、ストレスのため込み、不安や心配ばかり思い浮かべる、人生をあきらめる。

こういう事をしながら、ダイエットやジョギングを行ったところで、その効果は限定的です。

場合によっては、全然効果が見られないかも知れません。

健康になりたいのであれば、健康にいい事をするのも大事ですが、その前に悪い事をやめないといけません。

しかし、健康に悪い事を続けるのには、その人なりの理由があるはずです。

その理由を無視したまま、これは健康に悪いからやめましょう、と言われたところで、その実行はむずかしいでしょう。

 ※Free-PhotosによるPixabayからの画像です。

いけない事だと知りながら、そこにどんどんはまって行くのは、大抵の場合、何らかのストレスを抱えていたり、解決できない問題に、途方に暮れているのだと思います。

つまり、現実逃避ですね。

嫌なことを考えずに済むように、何かに没頭してしまうのです。

それは、ある意味、自分の状態を維持するための、バランスを取ろうとしているのです。

本当の問題を解決しないまま、悪癖だけを正そうとすると、他の悪癖が出て来るか、大きなトラブルを起こすでしょう。

本人にとっては、身体の健康よりも、心の安定の方が、大切なのです。

誰かの悪癖を正そうと思うのであれば、その人が抱えている問題に、目を向けてあげる必要があります。

自分の悪癖を正そうと決意するのであれば、自分が抱えた問題から目をそらさず、正面から向き合わねばなりません。

 ※Josep Monter MartinezによるPixabayからの画像です。

話が変わって、健康にいいことをやろうと決めても、長続きしないのではありませんか。

いいことがわかっているのに、どうして続かないのでしょうか。

その理由は、つまらないからです。

本当ならやりたくない事を、健康にいいからという理由で、無理矢理続けようとするから、いずれは嫌になって、続かなくなるのです。

では、どうすればいいでしょうか。

それは、つまらないことを、楽しいことに変えればいいのです。

人間は健康になるために、生きているのではありません。

健康は結果であり、活き活きと暮らしていれば、自然と健康になるものなのです。

それを健康を目的にしてしまうから、つまらなくなって、やめてしまうのです。

~してはいけない。
~しなければならない。

こういう考え方はネガティブですから、面白くありません。

たとえば、ダイエットの場合、たくさん食べることよりも、本当に美味しい物を、時間をかけて食べるという、習慣を楽しむのがいいのです。

 ※RENE RAUSCHENBERGERさんによるPixabayからの画像です。

食事の時間を、食べるだけの時間だとは考えず、会話や景色、風情などを楽しむ時間だと考えましょう。

また、食事以外の楽しみを、見つけることも大切です。

食べることしか楽しみがなければ、食べることでストレスを、解消しようとするでしょう。

それに、楽しみを追求しようとすると、どうしても食事の回数や、食事量が増えて来ます。

食べる事以外に価値を見つけると、楽しみは分散されます。

その分、食事の楽しみも、量より質を求めるようになるでしょう。

ソースや調味料の味ではなく、素材の味を楽しめるようになります。

そうすると結果として、食べないようにするダイエットではなく、食べたい物は食べながらのダイエットになるのです。

ダイエットは目的ではなく、結果なのです。

 ※pasja1000さんによるPixabayからの画像です。

ジョギングやウォーキングについても、同じです。

健康のために、走ったり歩いたりするのは、とても疲れます。

でも、走ることや歩くことそのものに、楽しみを見つけたならば、疲れを忘れてしまうでしょう。

同時に、健康のために始めたことも、忘れてしまいます。

身体を動かすことが気持ちいいとか、外の空気を吸う事や、景色を眺めることが楽しいなどと、感じられるようになれば、運動自体が楽しくなります。

健康になるのは、やはり結果です。

人生は楽しさを、求めるものなのです。

そこを理解していないと、本当に健康な人生は、送れなくなるでしょう。

無添加住宅

今日、無添加住宅を売り物にしている、工務店さんからお話を聞くことができました。

無添加住宅って何?

そう思われた方は、多いと思います。

食品であれば、無添加と書かれると、防腐剤や着色料などの化学物質が、添加されていないのだと、わかります。

では、住宅の無添加とは何でしょうか。

それは全ての建材に、天然素材を使っているというものです。

一般的な家は、壁材は塩化ビニールの壁紙でできており、火事が起こると有毒ガスを発生しします。

火事で亡くなる方の大半は、焼け死ぬというより、この有毒ガスを吸って死ぬそうです。

また、この壁紙を貼り付ける接着剤は石油製品で、普通の状態で化学物質を、室内に放出しています。

最近の家は、機密性が高いため、室内に化学物質が、充満してしまいます。

それが原因で、シックハウス症候群という、体調不良になる方もいるのです。

実際、無添加住宅というのは、シックハウス症候群の方の悩みに、応えるために開発された住宅なのです。

無添加住宅では壁材として、昔から使われている漆喰を、採用しています。

漆喰の成分は石灰なので、火で熱しても燃えませんし、有毒ガスも発生しません。

それに壁紙を接着剤で、貼る必要がありませんから、シックハウス症候群を起こしません。

ドアや床などに使われる合板には、ベニヤ板を貼り合わせるため、多量の接着剤が使われています。

無添加住宅では、合板を使用しないので、ここでも化学物質の放出を防ぎます。

一般の家では、水こぼしなどの対策として、床板にはウレタンを、塗布されている事が多いそうです。

しかし、このウレタンも石油化学商品で、床暖房を入れたり、床の上にホットカーペットを敷いたりすると、化学物質が出て来ると言います。

無添加住宅ではウレタンは使用せず、代わりに米ぬかのような、天然素材のオイルを、使っているそうです。

これらは当然、化学物質を放出しません。

接着が必要な所には、米のりや、にかわを使います。

これらは食品から作られていますから、安全です。

防腐・防カビ対策には、人工の防腐剤や防カビ剤を使わず、柿渋を使います。

このように、徹底して化学物質を除いた家を、建てようと言うのが、無添加住宅の目的なのです。

健全な暮らしが欲しくて、食事に気をつけたり、自然に囲まれた所で暮らそうと、考えたりする人は、少なくないと思います。

それなのに、自分たちの拠点となる家が、化学物質で汚染されていたのでは、元も子もありません。

せっかくの苦労が台無しです。

今日はそんな大切な話を、聞かせてもらう事ができました。

しかし、自分の家を持てる人は、それほど多くはないでしょう。

特に若い人たちは、日々の暮らしに精一杯で、高額な家を購入するだけの余裕は、持てないのが現状だと思います。

ところがアパートなどの借家では、今のところ、無添加住宅は皆無のようです。

これでは、いくら無添加住宅の良さがわかったところで、どうしようもありません。

けれども、シックハウス症候群の人にとっては、命が懸かった問題なのです。

また塩化ビニールの壁紙や天井材を、漆喰に変えるだけで、火事による死者は、激減すると言います。

塩化ビニール材の使用禁止を、法律で禁止できればいいと思います。

でも、それよりもいいのは、住宅メーカーが自主的に、塩化ビニール材を使うのをやめることです。

住宅を提供する事は、家を購入する方に、最高の暮らしを提供する事だという、プロとしての誇りを、メーカーの方には持ってもらいたいと思います。

家が売れたら、その後、お客がどうなろうと、関係ないという姿勢は、許されません。

自分が購入した家の影響で、具合が悪くなったら、どうなのか。

これを基本にした建材選びを、して欲しいですね。

暮らす地域を考える

 ※YAHOO! JAPAN 天気・災害より

最大瞬間風速が80m/sを超える予想の、強力な台風10号が接近しています。
先の台風8号、9号と同じ進路を取るようで、沖縄や九州の被害が心配されます。

まだ台風シーズンに入ったばかりですから、これから先が思いやられます。

このような強力な台風ができたのは、日本近海までの海水温度が、非常に高いからだそうです。
この夏は日本各地を、40度を超える猛暑が襲いました。

最近、ようやく秋を感じるようになって来ましたが、海にはまだ、猛暑の影響が残っているということなのでしょう。

九州の人たちは、ここのところ、ずっと災害続きで、本当にお気の毒に思います。

しかし、他人事ではなく、日本のどこが同じような災害に、襲われても不思議ではないのです。

 ※Engin AkyurtさんによるPixabayからの画像です。

梅雨の長雨や、強力な台風が、温暖化の影響であることは、間違いないでしょう。
つまり、この状況は今後も続くということです。

50年に一度、100年に一度と言われるような、大きな災害が、数年に一度に起こるようになって来ています。

下手をすれば、毎年起こるかも知れません。

水害に関しては、海や川の近くに暮らす人は、他の場所への移住を、検討した方がいいかも知れません。

山際に暮らす人は、土砂災害の可能性があります。
危険を感じるようであれば、住む場所を変えた方がいいと思います。

どうして、そこに暮らすのか。

それは、人によって様々な理由があるでしょう。

生まれ育った土地だから。
これが一番多いのでは、ないでしょうか。

他に田舎でしたら、こんな感じでしょうか。

自然が近いから気に入っている。
近所の人たちとの、つながりをなくしたくない。
時間を気にしない暮らしがいい。

都会でしたら、こうでしょうね。

便利がいい。
欲しい物が何でもそろう。
やりたい仕事が、ここにしかない。

人の好みですから、何が良くで、何が悪いということは、言えません。

ただ、自分が暮らす地域が、災害などで住みにくくなったのであれば、考え方を変える必要が、あるのではないかと思うのです。

住み慣れた所を離れて、新しい土地や人々に馴染むのは、何となく気が引けると、思うかも知れません。

それでも、それは新たな環境で、新たな経験、新たな価値観を得られる、チャンスでもあるのです。

安定して暮らしている人には、余計なお世話だということになるでしょう。

でも、暮らしが不安定になった時には、チャレンジ精神で新しい暮らしを、考えてみたらどうかと、私は思うのです。

 ※PublicDomainPicturesさんによるPixabayからの画像 です。

人間は何のために、生まれて来るのか。
人生とは、何の意味があるのだろうか。

そういう事を真剣に考えた時、ただ安定して生きて行ければ、それでいいとはならないと思います。

人は死ぬまで、成長を続けるのだと理解すると、何事も受け入れられるでしょう。

私は何も、安定した暮らしが悪いと、言っているのではありません。

ただ、何も考えずに、流されて生きるのは、もったいないと思うのです。

見た目は安定した暮らしでも、日々の変化の中で、いろいろ学んでいる方は、何も問題はありません。

こういう方は、突然人生の変更を迫られる時が、あったとしても、それに上手く対処して行けると思います。

しかし、機械のように同じ日々を、何も考える事なく過ごしている人は、突然違う状況に置かれると、パニックになってしまうでしょう。

常にいろいろ考える人であれば、何かが起きても対応できますし、何かが起きることへの、覚悟ができているでしょう。

考えると言っても、ああなったらどうしよう、こうなったら困るというような、ネガティブな考えではありません。

こういう時はこうするぞ、ああなった時にはこれで行こうと、ポジティブに対処を考えるのです。

大事なのは、人生について考えているか、ということです。
自分の生活環境を考えることは、人生を考えることでもあるのです。

その結果、同じ場所で頑張ると言うのであれば、それで構わないと思います。

違う場所で暮らすことにしたのであれば、それもいいと思います。

いずれにしても、自分で考え、自分で決めることです。

こんなはずじゃなかったとか、何で自分が、と後悔せずに済むように、よく考えて決定することが大切です。

 ※S. Hermann & F. RichterさんによるPixabayからの画像 です。

電磁場と身体

 ※Gerd AltmannさんによるPixabayからの画像です。

健康に対して、電磁場の影響があるのかないのか。

そんな議論が何年も前から行われています。

しかし、決定的な結論は出ていないようです。

携帯電話やコンピューターなど、電磁波を出す機器は、人々の身近に多くあります。

電磁場が身体に悪いと決めつければ、これらの機器の使用に、大幅な制限が必要となります。

また、健康被害が心配になった人たちは、電化製品を買わなくなるかも知れません。

そうなると、電化製品を製造している会社や、多くの機器を使って、システムを構築した組織は、とても面倒な状況に、追い込まれてしまうでしょう。

国もその組織の一つです。

電磁場の問題が大きくなって、全てのコンピューターや携帯電話に、何らかの処理を加える事は、できれば避けたいでしょう。

多くの時間や、多額の費用がかかりますし、処理の間、作業が中断されるかも知れません。

これまでに身体の不調を、訴えた者がいた場合、それが職場の電磁場によるものだとなると、その保障問題も絡んで来ます。

また、コンピューターや携帯電話の製造や使用に、制限がかけられることで、経済活動が低下する事も、恐れるでしょう。

そう考えると、電磁波による健康への影響はないと、国が主張しても、今ひとつ信用ができない面はありますね。

現実の問題として、明らかに病気になったと言える人が、目立つほどにはいません。

その事が、現在の電波の規制状況の、正当性を主張する根拠にはなるでしょう。

でも、たとえば誰かが癌になったとして、それが電磁波のせいだと、証明できるでしょうか。

癌の誘因となるものは、電磁波以外にもたくさんあります。

それらの影響ではなく、電磁波の影響だと言い切る事は、誰にもできないでしょう。

もしかしたら、他の誘因と電磁波の間に、癌を発生させるための、相乗効果があるのかも知れません。

しかし、それを誰かが証明しない限り、そういう効果があるとは、認められないのです。

 ※Peggy und Marco Lachmann-AnkeさんによるPixabayからの画像です。

病気というほどではないけれど、頭が痛いとか、倦怠感があるとか、風邪を引きやすいとか、そんな症状が出る人は、どうでしょうか。

この程度の症状であれば、病院には行かずに、自分で薬を飲んだり休んだりして、何とかしようとするでしょう。

病院に行かなければ、こういう症状の人が多かったとしても、統計には反映されません。

それに、病院へ行ったとしても、やはり電磁波のせいだと、断定する事はできないのです。

それでも、高圧線の近くに暮らす子供の、小児癌の発生率の上昇が、電磁波と関係があると、指摘されています。

それを考えると、電磁波が何らかの形で、身体の細胞に影響を及ぼすのは、間違いないと思われます。

 ※Holger SchuéさんによるPixabayからの画像です。

ただ、その影響力に対する、個人差が大きいのでしょう。

そのため、明らかな病気とわかる人が、それほど多くないように見えるので、あまり注目されないのだと思います。

その結果、電磁波を怖がる気持ちよりも、携帯電話や家電製品の便利さを、歓迎する気持ちの方が強くなるのです。

ところで、電磁波は身体に、どのようにして影響を与えるのでしょうか。

電磁波の影響で、細胞核の遺伝子が傷つけられると、いう事があるそうです。

核が傷つけられれば、癌細胞が生まれる原因になり得ます。

しかし、調子が悪いけれど、まだ病気とは言えないという場合は、どういう機序なのでしょうか。

細胞が活動する時、微弱な電気的変化が、細胞表面に生じます。

心臓が動く時に、心臓全体に流れる電気を、外から拾い上げたものが、心電図です。

脳の働きに応じて、脳神経細胞の間を伝わる電気を、外から記録したものが、脳波です。

心臓や脳の細胞だけでなく、全ての細胞が活動時に、微弱な電気を発生させています。

電気が流れる所には、磁場が生じます。

つまり、人間の身体には、微弱な磁場が発生してるのです。

どんな磁場になるかは、そこに流れる電流の、状態によって決まります。

逆に言えば、磁場を変化させれば、電流の動きに、影響を与えられるという事です。

 ※Gerd AltmannさんによるPixabayからの画像です。

強い電磁波に曝されると、恐らく細胞の磁場は影響を受け、細胞に発生する電気は、正常な流れを阻害されるのだと思います。

その間、その細胞の活動が、低下すると考えてみましょう。

そう仮定すれば、長時間、電磁波の影響を受け続けると、その間、身体の細胞の働きが、抑えられると推測できます。

ただ、それは細胞が破壊されたり、完全に動きを封じ込められるほどの、影響ではないと思います。

そんな事があるなら、既に世界中で原因不明の病気が、蔓延しているでしょう。

完全な活動停止にはならないので、身体全体として、様々な機能は維持されています。

それでも活動が抑制されるので、身体は負担がかかった状態、無理をしている状態になっていると思われます。

その結果、疲れやすくなり、風邪を引きやすくなるという事が、生じるのでしょう。

場合によっては、免疫機能が抑えられた結果、癌細胞が発生しやすくなる事も考えられます。

身体や細胞が作る、微弱な磁場を想像してみて下さい。

磁石の周りに鉄粉を撒いてできる、磁力線のようなものです。

次に、高圧線や家電製品が生み出す、強力な磁場を思い浮かべて下さい。

磁力線の太さは、細胞が作るものよりも、ずっと太くなります。

今度は、この強力な磁力線が、身体の微弱な磁力線を、乱している様子を考えてみて下さい。

 ※Gerd AltmannさんによるPixabayからの画像 です。

磁力線を乱された細胞は、思うように活動ができません。

死ぬわけではありませんが、ぜーぜーと苦しんでいます。

そんな苦しむ細胞が集まった、身体を思い浮かべて下さい。

身体の持ち主は、自分が病気だとは思っていません。

何となく、身体の不調を感じていますが、細胞たちが喘いでいる事には、気がつきません。

どうでしょうか。
想像できましたか。

これが私が推測する、身体への電磁場の影響です。