虹が教えてくれること その5

 ※torsmedbergさんによるPixabayからの画像です。

虹を見ればわかるように、光には七色の光が混在しています。

しかし、プリズムなどで分散されなければ、七色の光が混ざっているとはわかりません。

全部混ざった状態の、白い光があるだけだと思います。

それと同じように、世界には様々な波長が混在していると、考えることができます。

実際、世界のある所では、戦争や飢餓などで苦しむ人がいますが、別の所では、みんなが楽しそうに暮らしています。

同じ地域の中でも、いろんな不安を抱えて生きている人もいれば、何も心配せずに暮らしている人もいるのです。

そして、この状況がこれからもずっと続くと、誰もが考えていることでしょう。

しかし、光がプリズムに当たって、七色の光に分散するように、私たちの世界も、私たちの知らない所で、プリズムのような環境に置かれることが、あるかもしれません。

そうなると、どうなると思いますか。

混在していた七色の光が、それぞれの波長ごとに、分散するのと同じように、私たちの世界も、その波長ごとに分散して行くのです。

それぞれがパラレルワールドになるわけですね。

 ※OpenClipart-VectorsさんによるPixabayからの画像です。

虹をたとえにしたので、七つに分かれるようなイメージになりましたが、実際はいくつに分かれるかは、わかりません。

いくつに分かれるにしても、自分にとっては、常に世界は連続性を持った、一つの世界として認識するでしょう。

そうであれば、分離した世界のことなど、さっぱりわかりません。

ただ、もしかしたら分離したんじゃないだろうか、と考えたくなることが、あるかもしれませんね。

たとえば、誰のことも信じられず、周りはみんな敵ばかりで、力こそが生きるために必要なものだと、信じ込んでいる人が、いるとしましょう。

一方で、どんな人で合っても、必ず心は通じるものだと疑わず、誰に対しても、愛に満ちた態度で接する人が、いるとします。

この二人は水と油のような存在です。

 ※A_Different_PerspectiveさんによるPixabayからの画像です。

現在は水と油が混在している状態ですが、世界が波長ごとに分離すると、水と油の人たちは、同じ時空間に存在できなくなるでしょう。

存在できるのは、それぞれの波長に合った時空間だけです。

誰も信じられない人を、Aさんとしましょう。

誰のことも信じている人を、Bさんとします。

世界が分離をしても、AさんもBさんも、そのことを認識することはできません。

でも、お互いに存在する世界は、離れて行くわけです。

これをAさんの視点で見てみますと、Bさんがいなくなってしまうわけです。

幽霊のように、スッと消えてなくなるのであれば、わかりやすいですね。

でも、そうではなく、Aさんが知っているBさんは、病気や事故で亡くなってしまうのかもしれません。

一方、Bさんの視点で見ても、同じ状況になります。

Aさんがいなくなってしまうのですが、スッと消えるのか、病気や事故で亡くなるかの、どちらかでしょう。

スッと消える場合、目の前で消えない限り、その人は行方不明になったと、見られるはずです。

もちろん、どこを探しても見つかりません。

病気や事故で亡くなる場合、その人はこちらの世界から、いなくなるわけですが、もう一方の世界では存在していることになります。

Aさんの世界で、Bさんが亡くなっていなくなったとします。

でも、Bさんの世界では、Bさんは生きています。
亡くなるのは、Aさんの方なのです。

こうなると、どっちが本物のAさん、あるいはBさんなのかと、なるでしょう。

スッと消える方が、わかりやすいはずです。

もし波長の合わない人が、亡くなる形でいなくなるとした場合、問題はその人の自我は、どうなっているのかということでしょう。

私たちは、自分というものを、唯一の存在として認識しています。

しかし、その概念が間違っているのかもしれません。

 ※Saurabh GさんによるPixabayからの画像です。

自分とは何なのか。

潜在意識や無意識という言葉があるように、私たちの意識は、表面的には認識しづらい要素を、秘めています。

その要素こそが、自分というものの核であるわけですが、そこの部分については、一般的には理解も認識もされていないと、言えるでしょう。

でも、本当の自分を認識できたなら、先に述べたような、分離した世界の矛盾も、理解できるかもしれません。

もし世界が分離したら、どうなるのか。

そんなの、あるわけないだろ、と決めつけないで、面白いから考えてみて下さい。

それは自分を探求することでも、あるわけですから。

虹が教えてくれること その4

自分が体験しているのは、自分だけの世界だと言っても、どこかからミサイルが飛んで来たり、大災害に巻き込まれたら、どうするのか。

そんな声も聞こえて来そうです。

でも、そこで大事なのが、この世界をどう見るか、ということなのです。

この世界が全てであり、人間は死んだらおしまい、と考えていると、悪意のある誰かの行いや、予期しない自然災害は、とても脅威でしょう。

 ※Hans BraxmeierさんによるPixabayからの画像です。

しかし、人間は何度も生まれ変わり、死ぬことがわかった上で、今の人生を経験しているのだと理解すれば、死を迎える場面にでくわしても、うろたえることはありません。

ただ、ここがむずかしいところで、死んだあとも意識は残り、次の世界へ移行するのだと、信じている人は、死を迎える時に、パニックになるかもしれません。

と言うのは、信じるということは、疑うということと、表裏一体だからです。

要するに、わからないという意味であり、信じるという言葉の裏には、不安が隠されているのです。

これに対して、知っているという人は、全く焦ることはありません。

知っているのですから、焦る理由がないのです。

 ※Free-PhotosさんによるPixabayからの画像です。

どんなに書物を読んだり、誰かの話を聞いて、わかったつもりになっていても、自分が知っているのでなければ、どうしても不安が付きまといます。

じゃあ、どうすれば知ることができるのか、となりますよね。

私のお勧めは、ヘミシンクというものです。

左右の耳から、少しだけ波長の異なる音を聴かせることで、計画的に脳波を操作するのです。

これによって、簡単に深い瞑想状態になり、肉体と意識が別であるという体験ができるのです。

そんな体験ができれば、死んでおしまいではないと、信じるのではなく、知ることになるでしょう。

ヘミシンクはアメリカで開発された技術ですが、日本では坂本政道氏が、普及させています。

興味がある方は、調べてみて下さい。

 ※toraemonさんによる写真ACからの画像です。

ところで、類は友を呼ぶ、という諺がありますよね。

これは、気の合う者や似た者は、自然に寄り集まって仲間を作るもの、という意味です。

波長の合う者同士は、互いに引き寄せ合うってことですね。

これは単なる理屈ではなく、現実にそうなるのです。

ですから、諺として表現されているのですね。

これは人間同士の関係ですが、エネルギー的に考えますと、寄り集まる対象は、人間だけとは限らなくなります。

つまり、状況や環境、出来事なども、引き寄せられるということです。

マイナスのエネルギーに満ちている人には、マイナスの事が引き寄せられるのです。

これも諺にありますが、泣きっ面に蜂、と言いますよね。

どうして自分には、嫌なことばかり続くのだろうと、考える人もいるでしょう。

それは自分が嫌なことを、引き寄せているわけです。

自分のエネルギー状態を変えれば、引き寄せられるエネルギーパターンも変わります。

しかし、これが自分なんだと、自分の考え方や価値観を、頑として変えずにいると、いつまでも同じようなことが、続くのです。

考え方や価値観を変えることで、物事の受け止め方が変わります。

そうしたところで、自分自身が変わるわけではありません。

ある波長の自分から、違う波長の自分になるだけです。

価値観を変えるというのは、季節によって服を着替えるようなものです。

 ※acworksさんによる写真ACからの画像です。

ミサイルや災害で命を落とすことが、生まれて来る前に、自分で決めていたのであれば、どんな価値観を持っていようと、そうなるでしょう。

そういう死に方をすることで、何かを得ようと計画するのかもしれませんし、自分の死をとおして、家族や世間の人に対して、何等かの影響を与えるつもりなのかもしれません。

それは他人からはわからないことですが、何か深い意味があるのだと思います。

理不尽な亡くなり方をされる人は、現実にいらっしゃいますが、恐らく、何か深い意図があるのでしょう。

でも、そんな亡くなり方を予定していないのであれば、基本的には、時が来れば違う形で、世を去ることになると思います。

いずれにしても、この世を離れる時は、必ず来るのです。

ですから、この人生で死ぬということよりも、この人生で何を学ぶのか、ということが重要なのです。

自ら命を絶たない限り、自分が予定している時が来るまで、この世を去ることはありません。

しかし、自ら命を絶つというのは、いわゆる自殺とは限りません。

そんな事をすれば死ぬとわかっているのに、それをしてしまう自殺行為と呼ばれることが、ありますよね。

それで命を落とすのも、自ら命を絶つのと同じです。

それは言い換えれば、心の声を少しも聞こうとしていない、ということです。

 ※miyukiiiさんによるイラストACからの画像です。

心の声に耳を傾けるというのは、生まれる前に予定していた、生き方をするということです。

それは予定どおりの生き方をするわけですから、この世を去るべき時が来るまで、死ぬことはありません。

つまり、自分は守られているのですから、余計な心配はせず、心の赴くままに生きればいいのです。

思いやりと感謝の気持ちを持ちながら、より深い知性を持つよう心掛けていれば、素晴らしい人生を送れると思います。

ただ、その人生を他人の目から見た場合、大変な人生に見えるかもしれません。

それでも、あなた自身は自分の人生に、十分満足することができるのです。

虹が教えてくれること その2

世界の波長と自分の波長は同じです。

でも、ここで言う世界とは、一人一人が体験している世界のことです。

一見すると、誰もが同じ世界にいて、同じ経験をしているように思えます。

でも、私たちが体験できるのは、自分の体を通して得られる知覚情報と、それに応じた感情や価値観で構築された世界です。

隣にいる人が体験している世界と、あなたが体験している世界は、同じ世界のように見えますが、実際は違うのです。

あなたが赤いと思っている色を、隣の人が赤だと認識しているとは、限りません。

隣の人に幽霊が見えたとしても、あなたには見えないかもしれないのです。

それは、あなたと隣の人が体験している世界が、異なるからなのです。

 ※bBearさんによる写真ACからの画像です。

隣の人と運動会で、二人三脚で走ったとしましょう。

みんなが見ている前で、あなたたちは派手に転び、観客たちは大笑いをします。

この時に、あなたは大恥をかいたと思って、怒りと悲しみを感じたとしましょう。

ところが、隣の人は転んでしまったことが面白くて、大笑いをしています。

同じ体験をしたはずなのに、受け止め方が異なるため、このような違いが起こるのです。

それは二人が体験している世界が、別々だということなのです。

物理的な現象は同じなのに、片方は怒りの世界を経験し、もう片方は喜びの世界を経験する。

その違いは、感情です。

つまり、感情の差が、二つの世界を大きく隔てていると、言えるのです。

と言うことは、何を感じたのか、どう感じたのかということが、体験している世界の波長を決めていると、言うことができるでしょう。

 ※bBearさんによる写真ACからの画像です。

世界の波長と自分の波長が同じだと言うのは、こういうことなのです。

あなたが怒りを感じていると、世界は怒りに満ちたものになります。

あなたが喜びを感じていると、世界は喜びに満ちたものになります。

世界の波長と自分の波長が同じだと言っても、それは未来永劫変わることのない、固定的なものではありません。

喜怒哀楽というように、人間の感情はころころと変わります。

それに応じて、世界もころころと変わるのです。

ところで、あなたが世の中に対して、常に受け身で、世間の目を気にしたり、世の中の流れに乗ることばかり考えているとします。

この場合、あなたと世界の波長を決める主導権は、あなた自身にはありません。

あなたは自分の波長の決定を、他の人たちに委ねているのです。

世の中で楽しいことがあれば、あなたも楽しい気分になります。

嫌なことがあれば、嫌な気持ちになります。

世の中がずっと楽しければいいのですが、ずっと不安に満ちたままだと、あなたもずっと不安を抱えたままになります。

主導権は自分にありませんから、自分ではその不安を、どうすることもできません。

でも、自分の波長を決める権利を、自分自身が持つと、不安を消すことができます。

他の人が不安におびえていても、あなただけは、のんびり構えていることができるのです。

お金があるかないかは、関係ありません。

お金を持っていても、不安な人は不安なのです。

虹が教えてくれること その3

自分の波長を、自分で変えることができたなら、体験している世界の波長も変わります。

たとえば、一見つらそうな状況の中でも、楽しい世界を体験することができるのです。

しかし、つらい所にいて、楽しくなるというのは、簡単なことではないかもしれません。

 ※Berutaさんによる写真ACからの画像です。

慣れている人であれば、むずかしいことではないでしょうが、慣れていなければ、そんなの無理、となってしまうでしょう。

でも、無理だと決めつけると、結局、自分がつらい思いから、抜け出せなくなってしまいます。

決めつけないで、自分の波長を変える訓練を、やってみて欲しいと思います。

では、どうすれば波長を変えることができるのでしょうか。

具体的に言えば、感情をコントロールし、むっと来るところを、にこっとできるかということです。

 ※FineGraphicsさんによる写真ACからの画像です。

何かにむっと来るのには、それなりの理由があります。

もちろん、それは相手が悪い、状況が悪い、という話になるでしょうが、そうではなく、どうして相手や状況を、悪いと考えてしまうのか、ということです。

相手の状況を理解したり、一見悪く見える状況も、よい状況を生み出すための前段階だと、受け止めることができれば、むっとすることはなくなります。

そのためには、人生や世界について、深く考える必要があります。

つまり、物事をこれまでよりも、高い視点から眺めるようにするということです。

 ※⭐︎AKA⭐︎さんによる写真ACからの画像です。

高い視点に立つための踏み台が、深い知識と洞察力です。

表面的なことばかり見るのではなく、その裏に隠れている部分までも、見抜くようにすれば、腹が立ったり不安になるということも、少なくなって行くでしょう。

そのためには、他人への思いやりや、悪い面ばかりでなく、いい面を見つける習慣を、持つことが大切です。

そうやって、しっかりとした自分の基準を、持つことにができれば、世の中の動きに、振り回されることはありません。

他の人たちが、世界の状況に青ざめていても、あなたは平然としていられるのです。

虹が教えてくれること その1

 ※sharonjoy17さんによるPixabayからの画像です。

七色のアーチを作る虹。

きれいですよね。

あの七色の光が、どのように作られているのか、ご存知のことと思います。

空気中にある無数の水滴が、プリズムの役目を果たして、光を七色に分散させているのですね。

ですから、雨上がりの空や、庭に水を撒いた時などに、見ることができます。

通常の光を見た時には、光は白っぽく見えます。

そこに七つの色が、隠されているとは思えません。

ところが、波長ごとに分散されると、虹が出現するのです。

面白いのは、光が七色に分散されるだけではありません。

七色の光が一つに重なることが、できるということです。

これは光の特徴で、同じ所にスポットライトを、いくつも当てたところで、そこで光が盛り上がることはありません。

光は無限に重なることが、できるのです。

 ※無料テクスチャ写真素材LABOさんによる写真ACからの画像です。

光を空間の一部だととらえると、光は空間そのものの振動だと、見ることができます。

振動の違いは、波長あるいは周波数という形で、表現されます。

光が空間の一点を振動させている時、そこには七色の光の振動が、重なっているわけです。

つまり、波長の異なる七色の光の振動が、同じ一点に重なって、存在しているということです。

ところで、私たちがいるこの世界を見てみますと、しっかりとした形や、触感があります。

私たちはそれを物体と呼び、物体を構成しているものを、物質と呼んでいます。

私たちの体も、その物質でできています。

そして、この物質と光が別物であると、私たちは感覚的に理解しています。

物質は手で触れたり、つかんだりできますが、光はそれができません。

ですから、両者は別のもののように受け止めているのです。

しかし、物質は素粒子という、形のないエネルギーで構成されています。

しっかりとした形があるように感じるのは、素粒子が構成している原子の表面が、電気的にマイナスになっているからです。

 ※Gerd AltmannさんによるPixabayからの画像です。

原子と原子が、ある程度以上近づこうとするのを、互いのマイナスが反発し合って、防いでいるのです。

手で何かに触れる時、手の表面の原子のマイナスと、物体の表面の原子のマイナスが、反発し合って、それ以上は近づけない状態にあるわけです。

もしこの電気的な力がなければ、あなたの手は幽霊の手のように、すっと物体の中を抜けてしまい、その物体を持つことも、触れることもできないでしょう。

そうなれば私たちの世界は、つかみどころのない、幻のようになってしまいます。

と言いますか、本当は幻のようなものを、実感があるように構成しているだけなのですね。

実際は私たちの世界そのものも、光と同じエネルギーであり、空間の振動によって、表現されたものなのです。

それは、世界の一部である、私たち自身についても言えることです。

私たちも、光と同じエネルギーであり、かっこいい表現をすれば、私たちは光の化身なのです。

虹が教えてくれているように、空間を振動させる光の中には、異なる波長の光が混在しています。

また、私たちの世界も、空間を振動させるエネルギーにより、表現されたものです。

そして、私たちの世界を構成している空間には、別の振動エネルギーが混在しているかもしれないのです。

いや、混在していると考える方が、自然でしょう。

虹のように、様々な波長の世界が、同じ空間に重なって混在しているのです。

 ※Gerd AltmannさんによるPixabayからの画像です。

ただ、私たちが認識できるのは、この世界の波長だけです。

他の波長の世界を、直接には知覚することはできません。

いわゆるパラレルワールドや、あの世などの世界は、どこか遠くにあるのではなく、私たちの世界と、隣り合わせに存在しているのです。

私たちが、この世界に存在しているのは、私たちの波長が、この世界の波長と同じだからです。

私たちと世界を分離することはできません。

私たちは世界の一部なのです。

ですから、世界の波長と私たちの波長は、同じなのです。

自分一人が、世界と異なる波長を持つことは、できないのです。

パラレルワールドの自分

 ※Gerd AltmannさんによるPixabayからの画像です。

パラレルワールドが無数に存在し、それぞれに別の自分が、存在していると考えて下さい。

全部自分ですから、それぞれのパラレルワールドを離れた所で、一つにつながっています。

本来の自分とは、パラレルワールドの外にあり、それぞれの世界を体験するのは、本来の自分の分身です。

いずれの分身の価値も対等であり、本来の自分にとって、不要な経験はありません。

どんな経験であっても、そこには経験するだけの、価値があるわけです。

さて、ここで今の自分を、振り返ってみて下さい。

自分なんか、少しも大したことはない。
自分の経験なんて、全然価値があるとは思えない。
自分の人生なんて、つまらない。

そう思う人は、結構いるのではないでしょうか。

そう思ってしまう大きな理由は、人生は一回こっきりだと、信じていることです。

一回しかない人生なのに、自分には優れた能力がないし、環境的に恵まれていない。

それを挽回するだけの力もなければ、チャンスもない。

せいぜい他の似たような人たちと、同じ程度の暮らしを、維持できるように頑張るしかない。

きっと、こんな風に考えているのだと思います。

しかし、自分には無数の分身がいるのだとすれば、違う考え方ができるでしょう。

 ※beauty-boxさんによる写真ACからの画像です。

たとえば、自分の家は貧乏で、自分自身も収入に恵まれていないとします。

この場合、お金持ちの自分は、別の世界にいるのであり、自分の人生の目的は、お金持ちであることではない、と考えることができます。

お金持ちはいいように思えるかも知れませんが、お金持ちだからこそ、体験できないことや、見過ごしてしまうことがあるのです。

そういったことを経験するために、あえてお金に縁がない人生を、送っているのかも知れません。

あるいは、お金に困っている状態から、奇跡的に大金持ちになるという、そんな成功物語が待っていることも、考えられます。


一見すると、平凡な人生には、さほどの喜びがないように、思えるかも知れません。

しかし、平凡な人生にも、多くの喜びが隠されているのです。

また、平凡という言葉でひとくくりにしたくなる人生には、人の数だけドラマがあります。

一つ一つのドラマに、同じものはありません。

という事は、実は平凡な人生というものは、存在しないのですね。

平凡という言葉が示すのは、特別目立つことがない、という意味に過ぎません。

でも、人生を満喫するために、目立つ必要はないのです。

 ※Shibaoさんによる写真ACからの画像です。

世の中には、いろんな人生があります。

どの人生にも意味があり、価値があります。

ただ人生を歩む者が、その意味や価値に、気がつくかどうかはわかりません。

もしそうだとしても、それはそれで、大元の自分には、意味があり価値があるのです。

大元の自分は、無数の分身の人生を、全て把握しています。
今の私たちとは、理解度の次元が違います。

私たちには、よくわからない事でも、そこに意味や価値を、大元の自分は見い出せるでしょう。

私たちは、大元の自分の分身として、自分が選んだ人生を、とことん探求して満喫すればいいのです。

自分では何も考えず、周囲の価値観に振り回されっ放しでは、せっかくの人生を味わえません。

それでも大元の自分は、何らかの意味を見出すのでしょうが、せっかくの人生です。
自分の好奇心に従って、自分ならではの人生の楽しみ方を、見つけましょう。

 ※PublicDomainPicturesさんによるPixabayからの画像です。

パラレルワールドに多くの分身がいたとしても、自分が選んだこの世界は、やはり一回こっきりです。

どんな形でこの世界を終えるにしても、決して無駄なことにはなりませんし、人生の価値は残ります。

そういう意味で、人生一回こっきりという事を、悲観的に見る必要はありません。

しかし、直接人生を体験している、自分が不安な状態でいるのは、好ましくないでしょう。

ですから、一回こっきりの人生を大切に、過ごすことが大切です。

そのためには、他人の価値観よりも、自分の価値観を大事にしましょう。

他人の目を気にするのではなく、自分の好奇心に従うのです。

他人が興味を示さなくても、自分が関心を持つのであれば、そこにとことん力を注ぎましょう。

その結果が、仕事やお金に結びつくかなんて、考えてはいけません。

そこに意識を向けてしまうと、好奇心が示す方向から、ずれてしまいます。

そういう事は、あとから勝手に、ついて来るものです。

自分がやりたい事をする。
自分が生きたいように暮らす。
ありたい自分の姿になる。

考えるのは、これだけです。

人生一回こっきりという事実を、ポジティブにとらえ、自分が選んだ今の人生を、大切に育てて下さい。

 ※Nico WallさんによるPixabayからの画像です。

パラレルワールド2

私たちがいるこの世界を、一つのパソコンの中にある、バーチャル世界だとしましょう。

私たち一人一人は、バーチャル世界の中の、キャラクターです。

周囲に存在しているものは、全てバーチャル世界で、構成されたものです。

私たちの世界は、一つのパソコンの中に、存在しています。

そのパソコンの周囲に、同じようなパソコンが、無数にあると考えて下さい。

その一つ一つには、それぞれのバーチャル世界があります。

パラレルワールドとは、このようなイメージなのです。

 ※Gerd AltmannさんによるPixabayからの画像です。

その中には、似たような世界もあるでしょうが、全然違う世界もあります。

恐竜の世界もあるでしょうし、微生物ぐらいしかいない世界もあるでしょう。

人類とは別の知性体になった、地球人もいるかも知れません。

あるいは地球では知性体は生まれず、別の星に知性体がいるという事も、あると思います。

人間とは全く違う姿の、生き物の世界や、妖精たちがいるような、ファンタジーの世界もあるに違いありません。

そんな世界をのぞく事ができたなら、どんなに面白いでしょう。

 ※Stefan KellerさんによるPixabayからの画像です。

私たちが他の世界を知るには、どうすればいいでしょうか。

パソコンの中にある、バーチャル世界のキャラクターが、勝手に自分の世界を飛び出して、他のパソコンのバーチャル世界に、参入する事はできません。

そのキャラクターが知り得るのは、自分が属している世界の事だけです。

本来、他の世界の存在すら、気がつきません。
それに、気がついたとしても、どうしようもないでしょう。

でも、他のパソコンとケーブルで繋がっていて、互いの世界がリンクしているのであれば、互いに行き来する事は、可能かも知れません。

研究者たちは、そのようなリンクが、どこかにないかと、必死に探し続ける事でしょう。

それでも、それは簡単な事ではありません。

そもそも、バーチャル世界のキャラクターが、自分たちを動かし、世界を創り出している、プログラムを解明する事自体、不可能なのです。

もし、解明できるとすれば、世界の創造者、すなわち、バーチャル世界のプログラマーの意識と、キャラクターの意識が一つになる必要があります。

そんな事はできるのでしょうか。

それが実は、できるのです。

バーチャル世界のキャラクターが、その世界を創った、プログラマーであればいいのです。

それと同じように、実は私たちも、世界がどのようになっているのかを、知っているのかもしれません。

ただ、この世界のキャラクターとして、世界を楽しんでいる間は、自分が誰であったのかを、忘れています。

それを思い出せるのは、この世界を離れた時だけなのです。

つまり、眠っている間か、死という形で、この世界を去った時です。

 ※Enrique MeseguerさんによるPixabayからの画像です。

バーチャル世界のプログラマーは、一つの世界だけでなく、多くの世界を楽しむ事ができます。

キャラクターの一つになっている間は、自分がプログラマーである事を忘れています。

でも、バーチャル世界を離れて、プログラマーに戻れば、パラレルワールドの体験を、全部思い出せるのです。

私たちが見る夢で、全然知らない世界の自分を、体験する事があります。

それは、このプログラマーとしての自分の、記憶の一つを持ち帰ったものと、考えられます。

また、自分が実はプログラマーなのだと悟ったまま、目を覚ました者は、世界の秘密を知る事になるでしょう。

そうなれば、今の世界から他の世界へと、移動する事も可能となるかもしれません。

 ※GeorgeB2さんによるPixabayからの画像です。

私たちはパラレルワールドが、存在する可能性を、知ったばかりです。

まだ、それらの世界を行き来する、技術はありません。

ところが、パラレルワールドの住人の中には、物質世界を離れた時の記憶を、保持している者もいるに違いありません。

何故なら、パラレルワールドの数は、無限と思われるほど、たくさんあるからです。

世界の秘密を知り得た者は、きっとパラレルワールドを、行き来する能力を、手に入れていると思います。

そして、様々なパラレルワールドを探索し、別の世界の自分や、他の知性体との接触を、試みることでしょう。

全くの妄想のように、聞こえるとは思います。

しかし、実際に地球には、多数の UFO が訪れているのです。

その中のいずれかは、遠い星からではなく、パラレルワールドから、訪れている可能性があります。

パラレルワールドを、移行できる技術を持つ者は、時空間を自在に操れるでしょう。

だからこそ、UFO は変幻自在の動きを見せて、私たちを驚かす事が、できるのだと思います。

しかし、彼らにできて、私たち人類にできないわけがありません。

いつの日か人類も、時空間を自由に行き来できるように、なるでしょう。

パラレルワールド

パラレルワールドという言葉を、たまに聞くことがあると思います。

それは私たちが暮らす、この世界とは別の世界が、いくつも存在しているということです。

私たちは世界を、一つの宇宙(ユニバース)と認識しています。

ですから、パラレルワールドとは、無数の宇宙(マルチバース)という事でもあります。

 ※Gerd AltmannさんによるPixabayからの画像です。

物理学の宇宙論でも、宇宙は一つだけでなく、無限にあると考えられています。

ただ、これらの宇宙は別々の世界なので、一つの宇宙から他の宇宙を、観測できません。

物理学では、観測によって実証されなければ、認められないのです。

では、何故宇宙論では、宇宙が無限にあると、考えられているのでしょうか。

それは計算が、そのような答を、導き出しているからです。

 ※athree23さんによるPixabayからの画像です。

ちょっと話がそれますが、みなさんは数学を、どのように考えていますか。

算数よりも高度な、数字の学問?
受験に出て来る、必須科目?
わけのわからない、複雑な計算のやり方?

私も高校の数学までは、何とかついて行けました。

でも、大学の数学はさっぱりわかりませんでした。

次元が違うと言うのか、世界が違うと言うのでしょうか。

大学の数学は、それまで自分が認識していた、数学のイメージとは、全くかけはなれたものだったのです。

それで私は、数学は凡人にはわからない、高度な数式の学問だと考えていました。

それはそれで、間違った表現ではないと思います。

でも今は、数学に対して、違ったイメージを持っています。

それは宇宙の描写です。

私たちが暮らすこの宇宙には、様々な法則があります。

万有引力の法則もそうですし、エネルギー保存の法則もそうです。

有名な相対性理論や、量子力学なども、宇宙の法則、宇宙の性質について、述べているものです。

そこで使われるのが数学です。

つまり数学というものは、宇宙の性質を、数字や計算式という形で、表現しているのです。

画家は絵画によって、宇宙を表現します。
詩人は言葉によって、宇宙を表現します。
音楽家は音楽によって、宇宙を表現します。

哲学は概念的に、宇宙を語ろうとします。
医学や生物学は、生命の神秘を通して、宇宙を語ろうとします。
物理学は物質の性質を通して、宇宙を語ろうとします。

そして数学は数式によって、宇宙を語り、表現しているのです。

 ※WikiImagesさんによるPixabayからの画像です。

物理学では計算によって、理論を導き出し、実験によって、その正しさを確かめます。

その結果、私たちは遠方の人とも、リアルタイムでやり取りができます。

地球の裏側へも、容易に移動できます。

月へロケットを飛ばし、小惑星や火星の探査までもが、できるようになったのも、正しい理論と正確な計算の賜です。

こういう事が可能になったのは、数学が宇宙を描写できる方法だからです。

芸術家や詩人が、芸術や詩で宇宙を表現するように、数学者は数式で、宇宙を描写できるのです。

一見、複雑に見える計算式は、宇宙の性質を記述した、一種の言語でもあるのです。

その計算式によって、パラレルワールドの存在が、導き出されているのです。

たとえ、それを実証する手段が見つからなくても、パラレルワールドが実在するのは、間違いないでしょう。

確かめようがないものについて語るのは、無意味だと考える人も、いるかも知れません。

でも、決して無意味ではないのです。

世界や私たちの存在を考えるに当たって、世界が一つしかないと考えるのと、世界が無限に存在していると理解するのとでは、考え方が違って来るでしょう。

他にも世界があるならば、そこはどんな世界なのだろうと、誰もが思うに違いありません。

歴史を左右させるような出来事、あるいは個人的な人生の、大きな問題となるもの。

実はそんなものが、世界を無数に、枝分かれさせているのかも知れません。

もしかしたら、絶滅したはずの恐竜たちの世界が、存在している事も有り得ます。

あるいは、今の人類よりも遥かに進化した、異星人のような地球人が、暮らしている可能性もあるでしょう。

 ※Christian PlassさんによるPixabayからの画像です。

案外、UFO に乗っているのは、異世界の地球人なのかも知れませんね。

もし、そうだとすれば、パラレルワールド間を、行き来できるという事です。

科学者や研究者は、何が何でもその方法を、開発してみたいと思うでしょう。

そして、いつかきっと、その方法を見つけることと思います。

その世界観は、地球上の勢力争いのような、ちっぽけでみみっちい思考を、根本から変えてくれる事でしょう。

四次元世界

時間というものが、何なのか、昔からいろいろ議論はあります。
でも、本当のところは、よくわかっていません。

一般的には、過去から現在を経て、未来へと進んで行く流れを、時間と言うのではないでしょうか。
そして、過去から現在に至る時の流れを、歴史と呼んでいるのです。

古い記録や遺跡、あるいは化石などから、過去にも人間や他の生き物たちが、確かに存在していたと、私たちは理解します。
そこにロマンを感じ、タイムマシンがあれば、そんな過去をのぞいてみたいと望みます。

人間や地球の未来がどうなっているのか、それも見てみたいですよね。
タイムマシンで行けるのなら、行ってみたいと思う人は多いでしょう。

 ※Pete LinforthさんによるPixabayからの画像です。

だけど、私たちにとって、確かに存在している現実とは、今この瞬間だけです。
この瞬間と言っている間に、次の瞬間が現在になっています。
そして、さっきの現在はすでに過去になっているのです。

過去はどこへ行ってしまったのでしょう?
私たちに認識できないだけで、今もどこかに存在しているのでしょうか。
あるいは、消えてなくなってしまうのでしょうか。

それに、未来はどこから来るのでしょう?
いったい、誰が次の瞬間の未来を、決めているのでしょうか。
現れるということは、未来は見えていないだけで、すでに存在しているのでしょうか。

時間というものについて考えると、こんな疑問が出て来ます。
でも、結局わからないから、大概の方は考えるのをやめてしまいます。

それでも、四次元という言葉に出会うと、再び時間が登場します。
何故なら、時間軸が四次元世界の一つの要素だからです。

 ※PIRO4DさんによるPixabayからの画像です。

三次元というのは、縦・横・高さの三方向でできた、立体空間のことです。
三方向の軸があるから、三次元です。
そこに、もう一つの軸を想定した世界が四次元です。
そして、このもう一つの軸というのが、時間軸です。

零次元は点です。
一次元は線です。
二次元は面です。
そして、三次元は立体です。

零次元の存在が認識できるのは、一点だけの情報です。
この一点の情報が、時間と共に変化するとしましょう。
それをつなぎ合わせると、線になります。
一次元ですね。
この線は、零次元である点の移動方向と重なります。
この移動方向を決める軸が、零次元にとっての時間軸です。

一次元の存在が認識できるのは、線上の情報だけです。
時間と共に変化する一次元の情報を、並べて行くと面になります。
二次元ですね。
この並べる方向を決める軸が、一次元にとっての時間軸です。

二次元の存在が認識できるのは、面上の情報だけです。
同じように二次元の情報を、時間的に重ねて行くと、立体ができます。
三次元ですね。
この時の、面を重ねる方向を決める軸が、二次元にとっての時間軸です。

同様に、三次元の瞬間瞬間の情報を、時間軸に沿って並べます。
想像しにくいでしょうけど、それが四次元です。

たとえば、半径8cm の円盤の上に、外側から中心に向かって、赤・橙・黄・緑・青・藍・紫の、直径1cmの円を掻き込みます。

赤は中心から7~8cm、橙は中心から6~7cm、黄は中心から5~6cm、緑は中心から4~5cm、青は中心から3~4cm、藍は中心から2~3cm、紫は中心から1~2cmの所です。

七つの円は半径に沿って、一直線に並べる必要はありません。
上図のように、中心から見て、てんでばらばらの方向で構いません。

この円盤をゆっくり回転させると、七つの点が動いているのがわかります。
一つ一つの点が、ちゃんと認識できるでしょう。

しかし、円盤を高速で回転させると、どうでしょうか。

一瞬一瞬の点の位置がわからなくなって、全ての点の位置が重なって見えますよね。
つまり、丸い円盤状の虹が、そこに現れるはずです。

四次元的に観察すれば、どんなにゆっくり、円盤が回転していたとしても、これと同じような円盤状の虹が見えるでしょう。
四次元では、三次元での時間軸上の情報が、一度に認識できるからです。

 ※ArttectureさんによるイラストACからの画像です。

庭を犬が走り回っているとします。
その様子を四次元的に見たとすれば、全ての瞬間の犬の姿が重なって見えるでしょう。
犬が動きを止めて、じっとしていない限り、犬の色が作った線状の模様が、庭を埋め尽くしていると思います。

三次元の感覚では、それが何なのかは、さっぱりわからないでしょう。
でも、四次元の感覚では、犬が庭を走っているのだとわかるわけです。

ただし、私たちが四次元の存在であった場合、感覚機能が三次元とは異なる可能性があります。
今の説明は、あくまでも私たちが知る、視覚での説明です。

四次元では、別の感覚で状況を、認識しているのかも知れません。
そうだとすれば、私の今の説明は不適切です。

でも、いずれにしても四次元世界の様子など、三次元にいてはわからないと思います。

ただ理解できるのは、四次元世界では、三次元世界での時間軸に沿った情報が、同時に全てを認識できるということです。

また、四次元には四次元の時間軸というものがあるでしょう。
その時間軸を考慮すれば、五次元世界の存在を、知ることができるはずです。

三次元の私たちには、想像すらできないことですけどね。

 ※Nadeem SaleemさんによるPixabayからの画像 です。

話を戻しますと、四次元では三次元で言うところの、過去や未来を同時に認識できるのです。

打ち上げたロケットが、無事に飛ぶのか、途中で落ちるのかが、一目でわかるでしょう。

これから入る交差点に、信号無視の車が突っ込んで来るのも、一瞬でわかります。

はらはらするサッカーの試合も、その場で勝敗を知るでしょう。

原因があれば、同時に結果も出ます。
疑問は、すぐに答えとなります。
望みと現実は、同じ意味になるでしょう。

映画を観ようと思った途端、ストーリーも結末も、わかってしまいます。

ジェットコースターに乗った瞬間、ジェットコースターは終わります。

サプライズの誕生日パーティーをしようとしても、サプライズになりません。

何もかもわかっているようで、面白くないように感じるかも知れませんね。

でも、四次元世界にも時間軸があるのであれば、四次元世界なりの過去や未来があるでしょう。

ですから、四次元には四次元なりの、好奇心を刺激する楽しみ方が、あると思います。

四次元世界がどのようなものなのか、その具体的な様子はわかりません。

でも言えることは、時間軸がある以上、私たちにとっての過去や未来は、この瞬間も存在しているということです。

私たちが認識できないだけのことで、全ての時間は同時に存在しているのです。

私たちは、すでに存在している情報の塊を、時間軸に沿って順番に体験しているだけなのです。

 ※Gerd AltmannさんによるPixabayからの画像です。

では、運命というものは、決まっているのでしょうか。
それは、時間軸がたった一本しか、存在していない場合のことです。

情報の塊の上を走る時間軸は、途中に何度も、分岐点があるかも知れません。

それに、同じ情報の塊の上に、全く別の時間軸があるかも知れないのです。

異世界、あるいはパラレルワールドですね。

SF小説の中での話だけでなく、実際にそういう世界が存在している可能性は、十分にあると思います。

もし違う時間軸との接点があれば、知らない間に、知らない世界へ、迷い込んでしまうかも。

世界とは、考えれば考えるほど、不思議で面白いものですね。