異星人の生まれ変わり

 ※PatchさんによるイラストACからの画像です。

最近、いろんな人が異星人に見えてしまいます。

テレビに出ている人も、道ですれ違う人も、みんな異星人のように見えるのです。

別に、私の頭がおかしくなったわけではありません。

ただ、そういうこともあるだろうなと考えると、どの人もそんな風に見えてしまうのです。

面白いですよ。

特に外国から日本に来た人などは、普通に見れば、その人の国から来たということですが、本当は宇宙の別の星から、人間生活を体験しに来ているのだと、思えてしまうのです。

たとえば、ジョークというものが理解できない、私たちから見れば、堅物の塊のような異星人が、吉本のお笑い芸人に生まれ変わって、みんなを笑わせていると考えてみて下さい。

 ※hummingbirdworksさんによるイラストACからの画像です。

本来であれば、どんな物でもパパッと作れてしまう、技術を持つ異星人が、焼き物の職人になり、手作りの良さを満喫しているかもしれません。

いろんな国の人が集まって、討論している様子を見ると、まるで銀河系のあちこちから集まって来た、異星人たちの会議を見ているようです。

地球人をあっと言わせてみせてやると、意気込んでいたはずの異星人が、家でごろごろしている、親爺になっているのも面白いですね。

 PatchさんによるイラストACからの画像です。

だけど、みんな生まれて来た時に、生まれて来る前の計画など、全部忘れてしまうので、予定とは違うことを、やっていても仕方がありません。

それに、その方が初めの計画よりも、よかったかもということもあるでしょう。

地球を征服してやろうと、悪意を持って生まれて来る、異星人がいるかもしれないと、考える人がいるかもしれません。

でも、征服するつもりなら、生まれ変わったりしなくても、直接攻めてくれば、いつでも征服できるでしょう。

ただ、ゲーム感覚で、みんなを自分に従わせてみたいと、考える者はいるかもしれませんね。

いずれにしても、本当の悪意を持った異星人が、生まれて来るとは思えません。

それに、仮に悪意があったとしても、生まれて来た時には、全部忘れているのです。

何も恐れることはありません。

異星人がどんな目的で、生まれ変わって来るのか、本人も忘れてしまうのであれば、どうでもいいことでしょう。

 ※いちようさんによるイラストACからの画像です。

人間として生まれた彼らは、自分は人間だと信じていますし、人間として生きて行くのです。

その中で、持ち前の能力や雰囲気を活かしながら、いろんな経験を仲間と分かち合い、学び合うのですね。

と、まるで異星人が本当に、人間として生まれ変わっているのが、事実であるかのように書いていますが、本当のところはわかりません。

でも、可能性はあります。

みなさん、異星人と言うと、UFOを探して空を見上げるでしょうが、一緒に空を見上げている、隣の人が異星人なのかもしれませんよ。

学校の先生や職場の同僚、友だちの誰か、その中に異星人が混ざっていたとしても、不思議ではありません。

だけど、そんなことは確かめようがありません。

だって、本人は何も覚えていないのですからね。

だから、異星人の生まれ変わりを、否定はできませんが、肯定もできないのです。

だとすれば、どう受け止めるのかは、各自の自由です。

自由なのですから、面白い方に受け止めたら、いいのではないでしょうか。

だから、私は思うのです。

世の中には、異星人の生まれ変わりがたくさんいて、世の中を盛り上げようとしてくれているのだと。

もしかしたら、あなた自身が異星人なのかもしれませんよ。

 ※PatchさんによるイラストACからの画像です。

何だか周囲に馴染めなくて、いじけがちだとすれば、それはあなたが異星人だから、人間社会の雰囲気に、悪酔いしているだけなのかもしれません。

そうか、自分は異星人だったのか、と納得をして、自分のペースで生きてみて下さい。

きっとそれは、他の人たちに大きな刺激になり、あなた自身も楽しい生活を、手に入れられるでしょう。

自分がやりたいことに、後先構わず突っ込んで行くような人も、異星人かも知れません。

何故なら、人間社会にある常識や、先入観というものに、縛られないからです。

その行動は、自分の殻を打ち破れ、というメッセージを、周囲の人に伝えることになるでしょう。

とにかく、異星人は人間社会に、たくさん入り込んでいて、欠かすことのできない存在に、なっているのです。

と、私は考えています。

みなさんも、そんな風に想像して、世の中を眺めてみて下さい。

自分と違う考え方の人、奇抜なファッションの人、すごい事をやってのける人、みんな、いろんな星から来た人たちだと思うと、とても楽しくなりますよ。

 ※とまこさんによるイラストACからの画像です。