前世から学ぶこと

前世に関心のある方は、結構いるのではないでしょうか。

今、お金に不自由している人も、前世では豪邸で暮らす、大金持ちだったかもしれません。

異性に全然もてないと思っている人も、前世では超人気者だったということも、有り得るでしょう。

逆に、何不自由なく暮らしている人が、前世では身動きが取れないような、生活をしていたかもしれないのです。

最高裁判所の判事や警察署長が、前世では犯罪者であることも、考えられます。

前世について、いろいろ考えるのは自由です。
可能性だけで言えば、あらゆる可能性があるでしょう。

ところで、前世という考え方をする時、現在の自分を基準に考えると、前世は過去を生きた自分と、受け止めることが、一般的でしょう。

でも、前世の意味は、過去の人生ということではなく、今より前に生きた人生です。

私たちは時間を直線のようにとらえていますから、今より前となると、時間軸上の過去をイメージします。

しか前世が、私たちが考える過去とは限りません。

もしかしたら、この世界とは時間軸が全然異なる、異世界かもしれないのです。

あるいは、パラレルワールドの地球かもしれません。

ひょっとしたら、今の私たちから見れば、未来である世界に生きていても、不思議ではないと思います。

いずれにしても、前世の記憶など、ほとんどの人が覚えていませんから、自分の前世がどうであったかということは、気にする必要はないとも言えます。

そういう意味では、前世から学ぶべきことは、ないのかもしれません。

ただ、前世の自分と今の自分には、「自分」という、つながりがあるわけです。

ですから、前世で体験したことの記憶や教訓は、今の自分の無意識の中に、仕舞い込まれていると、考えることができるでしょう。

通常の意識で理解できるような、具体的な前世の記憶はなくても、前世での体験で学んだことは、様々な場面で、私たちに影響を及ぼしているのかもしれません。

ところで、存在の確認をしようがない、前世というものから、今の私たちが学べることは、過去の記憶や体験ではありません。

前世から学べることは、前世があるのであれば、来世もあるということなのです。

また前世には、そのまた前世があるでしょうし、来世にも、そのまた来世があるでしょう。

つまり、一つの人生としては、始まりと終わりがあるけれど、存在としての私たちは、始めも終わりもなく、永遠に続くものと言えるのです。

また、前世が今の時空間とは、別の時空間にもあるのなら、自分という存在は、時空を超えた存在だとも言えるでしょう。

そういうことを、前世というものは、教えてくれているのです。

ですから、前世を想定するかしないかで、その人の人生観や、物事の価値観は、全く異なるものになるでしょう。

そもそも前世なんて、確かめようのないものを、想定すること自体が間違っていると、考える人もいるでしょう。

しかし、真面目に前世を調査する研究者はいます。

別の記事でも紹介しました、ヘミシンクという技術を使えば、意図的に体外離脱をして、自分の前世を確かめることが、できるそうです。

それでも前世を認められないのであれば、それはその人の自由です。

ただ、先に述べましたように、前世を想定するかしないかで、人生観や価値観が大きく異なります。

想定しない方の人生を、否定するつもりはありません。

でも、前世の存在を受け入れる方の人生は、そうでない場合と比べると、深い理解に基づいた、喜びの色に彩られたものとなるでしょう。

初めは、自分の前世は、どんな人物だったのだろう、ということにばかり、関心が向くと思います。

でも、そんな事よりも、どうして前世があるのだろうと、考えるようになると、とても不思議な気持ちになるでしょう。

そして、自分という存在が、それまで思っていたよりも、遥かに大きな存在であると、理解するようになるのです。

そうなると、今の人生を、これまでとは全く異なる視点で、とらえるようになります。

すると、不幸だと思っていたことが、そうは思えなくなったり、毎日同じようなつまらない日々が、実は刺激に満ちていると、わかるようになるのです。

前世から学べることというのは、そういうことなのです。

前世と生まれ変わり3

 ※5688709さんによるPixabayからの画像 です。

前世の記憶を覚えている人は、滅多にいません。
ですから、前世なんてないと、考えたくなる人は多いでしょう。

でも、それは覚えていないというだけの話です。
前世がない証拠にはなりません。

前世があるというのは、生まれ変わりがあるということです。

また、前世で死んだのに、今世に生まれ変わったということは、今世で死んでも、来世に生まれ変わると言えるわけです。

死んでも新たに生まれ、また死んでも、また生まれる。

ずっとそういう事を、繰り返すのだとすれば、私たちの人生とは、何なのでしょう。

前世や来世を含めた、人生の全体像を描くのは、たやすいことではありません。

しかし、人生は一回こっきり、死んだら全部おしまいという考え方は、変更を迫られることになるでしょう。

ただし、今の時代に今の人格で生まれている人生は、やはり一回こっきりです。
似たような人生はあったとしても、今の人生に変わるものは、ないのです。

そういう意味で、いくら前世や来世があったとしても、今の人生を大切にすることが、重要なのは変わりません。

 ※Sasin TipchaiさんによるPixabayからの画像 です。

仏教の考え方に、カルマというものがあります。

良い行いをすると、いい運命に出会い、悪い行いをすると、悪い運命に出会う。

カルマとは、こんな感じで受け止められているようです。

たとえば、前世で人を殺したから、今世では殺される運命にあるとか、前世で人の手を切り落としたから、今世では手のない子供として、生まれて来ると、いうようなものです。

でも、こんな説明をもっともらしくされても、誰もそれを確かめた人はいないはずです。

こういうのは、悪いことを戒めるために、作られた説明であって、事実ではないと思います。

 ※Brett HondowさんよるPixabayからの画像です。

前世の研究では、生まれつき体に痣や奇形がある時に、それが前世での死に様と関係があると、示唆しています。

たとえば、銃で撃たれて死んだ人は、生まれ変わった体に、前世で受けた銃弾の傷跡と、そっくりの痣が見られることがあります。

刺し傷などでも、同じことが言えます。

手や足の奇形で、手足の指がなかったり、手や足が変形している場合、前世で同じ部位に、同様の損傷を受けていることがあります。

この人たちの痣や奇形は、前世で悪いことをした結果ではありません。

何も悪いことなどしていないのに、事件や事故に巻き込まれて、亡くなった人たちです。

これで言えることは、死に直面した時に受けた、強い印象が新しい体の形成に、影響を与えるということでしょう。

しかし、飛行機の墜落事故や、戦争での虐殺があった後に、似たような奇形や痣の子供たちが、大量に生まれたという事実はありません。

つまり、同じような死を迎えた人たちの、一部の人だけが、新しい体に前世の記憶が、影響しているということです。

 ※Gerd AltmannさんによるPixabayからの画像です。

ところで、死んだら、あの世へ行くのではなかったのかと、考える人もいると思います。

前世の研究では、殺された後に、しばらく幽霊のようにさまよった後、生まれ変わって来るケースがありました。

それとは別に、前世で死んで、今世に生まれて来るまでの間に、違う世界で過ごしていたという人もいます。

この世界があの世だとすれば、死んだ人は全員が、あの世へ行くわけではないのかも知れません。

この世界では欲しい物は、何でもすぐ現れるのですが、特に飲み食いをしなくても、平気だそうです。

この世よりも、ずっと暮らしやすそうな所のようですね。

それなのに、この人は生まれ変わりを促され、再びこの世に生まれて来たのです。

その話を受け入れるならば、やはり人がこの世に生まれて来るのには、何か深い理由がありそうです。

単に楽な暮らしを求めて生きることは、本来の人生の意義ではないと、いうことでしょう。

楽な暮らしを求めることが、人生の目的であるならば、この世よりも快適なあの世から、再びこの世へ戻って来る、理由がないからです。

わざわざ大変な世界へ、生まれて来る理由とは、何でしょう。

少なくとも、ただ生きるだけのために、生まれるわけではなさそうです。

 ※Kant SmithさんによるPixabayからの画像 です。

前世と生まれ変わり2

前回ご紹介しました、イアン・スティーブンソン教授と、サトワント・パスリチャ助教授が研究された、前世記憶の話を、いくつかご紹介したいと思います。


1956年にインドのデリーに生まれた、ゴーパール・グプタ(男児)の話です。

ゴーパールの両親は、ほとんど教育を受けていない、中流の下の階層の人間でした。

ゴーパールが2歳を過ぎて、言葉を話すようになった頃、父親がゴーパールに、来客が使ったコップを片づけるよう、命じました。

するとゴーパールは「そんな物は持たない。ぼくはシャルマだ」と答えて、みんなを驚かせました。

シャルマとは、インドのカースト制で最高位にある、バラモンに属している人たちでした。

バラモンは自分より下層の物が、触った食器類には、手を触れないのが普通なのです。

ゴーパールは、マトゥラーという街で暮らしていたと言うのですが、この街はデリーから南へ、160kmほどの所にある街でした。

ゴーパールはその街で、薬会社を経営し、召使いを何人も雇った、大邸宅に暮らしていたそうです。

そこでは妻と二人の弟と一緒に、暮らしていたそうですが、その弟の一人と口論になり、撃たれたと言うのです。

父親は初め、本気にしていませんでしたが、ゴーパールが話したとおりの殺人事件が、マトゥラーであったことを、耳にします。

父親がマトゥラーを訪ねてみると、果たしてゴーパールが語った薬会社が見つかりました。

そして、1948年にその会社の経営者の一人が、兄のシャクティパル・シャルマを射殺した事件があったことを、確かめたのです。

ゴーパールの話を聞いたシャルマ家の人々は、ゴーパールと合って話をします。

ゴーパールは身内でなければ知らないような、家族関係や撃たれるに至った経緯などを、シャルマ家の人たちに話しました。

それで、シャルマ家の人々も、ゴーパールがシャクティパルの生まれ変わりだと、確信したそうです。


1958年にイングランド最北部の、ノーサンバーランド州に生まれた、一卵性双生児のポロック姉妹の話です。

二人の名前は、ジリアンとジェニファーです。

ジリアンとジェニファーは、2歳から4歳までの間に、ジョアンナとジャクリーンと言う、二人の姉についての、発言をすることがありました。

実は、ジョアンナとジャクリーンの二人は、1957年に発狂した女の車に、ひき殺されたのです。

当時、ジョアンナは11歳、ジャクリーンは 6歳でした。

二人が死んだ後、両親は大きなショックを受けました。

しかし、父親のポロック氏は、死んだ二人の娘が、双子として生まれて来るはずだと、固く信じていたと言います。

そして、ポロック氏の言葉どおり、妻のフローレンスは双子を身籠もり、ジリアンとジェニファーが生まれたのです。

ジャクリーンには生前、体に二つの傷がありました。
その傷と大きさも部位も一致する母斑が、妹のジェニファーの体にあったのです。

母斑が遺伝子によるものであるならば、一卵性双生児であるジリアンにも、同じ母斑があるはずです。

しかし母斑があるのは、ジェニファーだけでした。
しかも、その母斑は死んだジャクリーンの傷を、彷彿とさせるものでした。

また、死んだ時にジョアンナは、字を習っていたので、鉛筆を使うことができました。

一方、ジャクリーンはまだ、鉛筆を持たせてもらっていませんでした。

ジリアンとジェニファーが字を習い始めると、ジリアンは鉛筆を難なく、持つことができました。
しかし、ジェニファーは手で握りしめるだけでした。


1976年にフィンランドのヘルシンキに生まれた、サムエル・ヘランデル(男児)の話です。

1歳半の時、サムエルは自分の名前を聞かれて、ペルティと答えました。
お前はサムエルだと言われても、自分はペルティだと言い張っていたと言います。

サムエルの母、マリヤにはペルティという弟がいました。

ペルティは1957年にヘルシンキで生まれ、1975年に18歳の若さで、亡くなりました。
死因は糖尿病でした。

ペルティは重症の糖尿病になり、昏睡状態に陥って死んだのでした。

マリヤがサムエルを身籠もった時、マリヤは子供の中絶を考えていたそうです。
妊娠は10週目でした。

その時に、マリヤはペルティの夢を見ました。
ペルティは夢の中で、子供はそのままにしておいてと、マリヤに頼んだそうです。

結局、マリヤはサムエルを産むことになったのですが、そのサムエルが自分はペルティだと、言い張ったのです。

ペルティと親しかった人たちや、ペルティがよく知っていた物を、前にした時に、サムエルは前世の記憶らしき話を、したと言います。

また、ペルティの写真を見つけると、これはぼくだと言っていたそうです。

ペルティは、自分が死んだ時のことを覚えていて、葬儀の様子を説明しました。
そして、自分の墓の前に来ると、これはぼくの墓だと言ったそうです。


1969年にインドのウッタル・プラデーシュ州に生まれた、マンジュ・シャルマ(女児)の話です。

マンジュの家は、マトゥラー地区のパサウリ村にありました。
しかし、マンジュは2歳の頃に、自分はチャウムハ村の者だと言い出したのです。

チャウムハ村の父親と名前を挙げたマンジュは、父親がパン屋をしていたと話しました。
そして、自分が死んだ日のことも、説明したと言います。

マンジュの話によれば、マンジュは井戸の水を汲もうとして、井戸に落ちて死んだそうです。

しかし、両親はマンジュの話を聞き流し、まともに取り合おうとしませんでした。

ある日、チャウムハ村の男性が、パサウリ村を訪れます。
マンジュはこの男性をつかまえると、自分の叔父さんだと言いました。

しかし、男性はマンジュのことが、わかりません。

マンジュは男性に、チャウムハ村にいる父親の名前を告げ、井戸に落ちた話もしました。

驚いた男性は村へ戻ると、マンジュが話した家族を訪ね、マンジュのことを伝えました。

話を聞いた家族は、パサウリ村にマンジュを訪ねます。

家族と対面したマンジュは涙を流し、家族もまた涙を流します。

そして、家族はマンジュにいくつかの質問をし、マンジュが井戸に落ちて死んだ娘、クリシュナに間違いないと確信しました。

クリシュナが亡くなったのは1965年で、当時9歳でした。

それからマンジュは、双方の家を行き来するようになりました。


最後は、少し特殊な例です。

通常、前世を語るのは、2歳から4歳の子供です。
しかし、今回の話に出て来るのは、32歳の女性です。

また大抵の場合、前世の人格が生きていたのは、3、4年以内のことですが、この例に出て来る前世の人格は、150年近く前のものです。

そして、この話の前世の人格が現れる前に、現世の人格はいったんトランス状態に陥ります。

つまり、催眠術にでもかかったような、ぼーっとした状態になるのですね。

前世の人格が今世の人格を、完全に支配してしまうことは、稀だそうですが、この話ではそういう状態になるようです。

これらの点を考えると、この話を生まれ変わりと、とらえていいのか、わかりません。

しかし、過去に生きた人物の人格が、現れているという点で、それを前世と考えてもいいかも知れない、ということでしょう。

この話の一番の特徴は、今世の人格が知らない言葉を、前世の人格が語ったということです。


インドのマハーラーシュトラ州に暮らす、ウッタラ・フッダルという女性の話です。

ウッタラは32歳になってから、シャラーダと名乗るベンガル民族の、既婚女性の人格を出すようになりました。

シャラーダはベンガル語でしか、会話をしません。
しかし、ウッタラも家族も、ベンガル語を知らないのです。

調査のためには、ベンガル語の通訳者を呼ばなければ、なりませんでした。

シャラーダの話では、彼女の夫はアーユルヴェーダ医で、村から村を渡り歩いていたと言います。

シャラーダが暮らしていたのは、現在はバングラデシュ領になっている、旧・東ベンガル地方だそうです。

妊娠7ヶ月の時、シャラーダは花を摘んでいる時に、ヘビに咬まれて気を失ったと言いました。

恐らくその時に亡くなったのでしょうが、本人には自分が死んだという、自覚がありません。

シャラーダは夫を探し歩いているうちに、ここ(ウッタラの村)まで来たと言いました。

シャラーダが語ったのは、19世紀初頭のベンガルの農村の話でした。

シャラーダは、当時にはなかった扇風機や電気のスイッチなどは、全く知らない様子でした。

また、シャラーダのベンガル語には、英単語が一つも混じっていなかったと言います。

現代ベンガル語には、英語由来の言葉が、2割ほど含まれているそうですので、シャラーダが語ったベンガル語は、古い言語だと言えます。

調査の結果、シャラーダが語った家族の、家系図が見つかり、シャラーダの話の信憑性は高まりました。


いかがでしょうか。

前世というものが、あなたの思考の中で、確固たる地位を得たでしょうか。

これまで真面目に考えたことがなかったなら、これを機会に考えてみて欲しいと思います。

そして人生について、その意味を探ってみて下さい。

前世と生まれ変わり

前世や生まれ変わりという話は、日本人には馴染みがあるものです。
小説や映画の題材にも、よく使われています。

ところが、前世や生まれ変わりについて、真剣に考えたり議論したりということは、滅多にありません。

幽霊の話がタブー視されるのと同じで、こういう話も真剣になることが、敬遠される風潮です。

小説や映画ではロマンを感じて憧れるのに、本当にそういうものがあるのかという話になると、日本人は一気に腰が引けてしまうようです。

人生観を考えると、このテーマは非常に重要です。

家でもどこでも、とことん議論するべきだと、私は思います。

それなのに、日本では滅多に話題に取り上げられません。

テレビで取り上げることがあっても、幽霊や UFOと同じで、バラエティ番組で茶飲み話の話題にされるだけです。

ところがアメリカには、このテーマに大真面目に取り組んだ、大学の先生がいたのです。

それは、アメリカのヴァージニア大学精神科の、主任教授を務めていた、イアン・スティーヴンソン博士です。

スティーヴンソン博士は2007年に、89歳で亡くなられましたが、生前は生まれ変わりについて、研究をされていました。

前世の記憶を持つ者がいるという情報をつかむと、博士は世界中どこにでも飛んで行き、その人物の調査をしました。

そして、その人物の記憶が正しいか、前世で暮らしていたという土地を探し、そこに住む人たちに話を聞いて、話の真偽を確かめたのです。

前世を覚えているのは、大抵が子供です。

子供たちが「前世」のことをしゃべり出すのは、2歳から5歳頃までと言います。
その後、8歳までには、しゃべるのをやめるようです。

博士の下に情報が届いた時には、子供が前世の記憶を語ってから、何年か経っていることもあるので、子供が記憶を失う前に、大急ぎで調査をする必要があったようです。

その研究結果は、日本でも『前世を記憶する子供たち』という本で、発表されています。

子供がしゃべる前世の話は、前世で死んだ時の様子や、そこにいた人や周囲の様子、死んでから生まれ変わるまでの間のこと、などです。

ぼんやり覚えている子供もいれば、多くのことをはっきりと、覚えている子供もいるそうです。

その中には、現世の暮らしに馴染めず、前世の家族の所へ帰りたいと、訴える子供もいるようです。

現世の家族がその子供の話を聞いて、前世の家族に会いに行ったという話もあります。

子供は前世の家族や家のことを覚えていて、そこの家族も、その子が死んだ者の生まれ変わりであると、認めたと言うのです。

 ※allenrobertさんによるPixabayからの画像です。

前世の記憶を持つ子供の大多数は、事故死や殺人などで、突然命を失ったケースが多いようです。

そういう子供は、特定の乗り物や武器などに、恐怖感を表すそうです。

また、前世で死ぬことになった大きな傷が、生まれ変わった体では、大きな痣や欠損になっているということも、少なくないようです。

さらには、前世で暮らしていた国の言葉を、喋るというケースも、例は少ないですが、あるのだそうです。

それについては、サトワント・パスリチャ氏の『生まれ変わりの研究』に紹介されています。

サトワント・パスリチャ氏は、インド国立精神衛生神経科学研究所の助教授です。

スティーヴンソン博士の調査研究に参加し、その後、独自の研究を続けた方です。

二人の調査は、公正で誠意のある研究であり、二人の意見には高い信頼性があります。

その二人が控えめな表現で、前世や生まれ変わりの存在を、示唆しているのです。

それを信じられないというだけの理由で、否定することは、自らの知性を放棄するのと同じでしょう。

どちらの本も、研究発表としての本ですから、読み慣れない人には、少しむずかしく見えるかも知れません。

それでも読んでみると、二人とも可能な限り客観的な立場に立ち、集めたデータを冷静に分析しているのが、わかります。

この方たちは好い加減な研究者ではなく、真面目で独自性があり、人一倍の勇気を持った科学者です。


生まれ変わりの話には、日本人のケースもありました。

前世の記憶を持つ子供の話は、東南アジアや西アジア、西アフリカに多いようです。

これは前世や生まれ変わりを、信じる文化が関係しているかも知れません。

そういう地域では、子供が変わったことを言い出した時、もしかしたら誰かの生まれ変わりかも知れないと、考える人が多いと思われます。

そう考えなければ、単に子供が面白いことを言ってるよと、笑って済ませてしまうはずです。

また、これらの地域はヨーロッパやアメリカに比べ、子供の死亡率の高さや、治安や衛生面の悪さなどで、突然死を迎えることになる者が、多いのかも知れません。

 ※BessiさんによるPixabayからの画像です。

小さな子供がわけのわからないことを、喋るということは、よくあることです。

しかし、それが前世の話かも知れないという発想は、日本人にはありません。

子供が舌足らずの言葉で、何か言い出した時に、笑うことなく、真面目に話に耳を傾けたら、面白いと思います。

案外生まれ変わりを、示唆するような話が、結構出て来るかも知れません。

もし前世を喋る子供が現れて、その言葉が正しいと証明されたなら、人々が驚かされるのは、間違いないでしょう。

そういう例が一つだけだと、不思議なこともあるもんだね、で終わってしまうかも知れません。

しかし、同じような話がいくつも出て来れば、これはただ事ではないぞと、考える人が出て来るでしょう。

数十例も、前世を記憶する子供の話があれば、間違いなく前世はあると、ほとんどの人が考えるようになると思います。

こういうことは、学者の専門と決めつける必要はありません。

自分の身近に、幼い子供がいる人は、その子供の話を、よく聞いてあげるようにしていれば、すごい話を聞くことになるかも知れません。

 ※Free-PhotosさんによるPixabayからの画像です。