戦争と平和 その2

人は死んでも、再び生まれ変わり、新たな人生を迎えます。

この考え方を世界中の人が受け入れたなら、争いごとをなくすための、大きな力となるでしょう。

自分は間違っていない。
悪いのは相手の方だ。

そんな風に決めつけて、喧嘩や戦争は始まります。

しかし今の自分が、前世の自分が責め立てていた相手の側だとすれば、どうでしょうか。

かつて、自分が痛めつけていた相手が、今の自分だとすればどうでしょう。

あるいは、今の自分が死んだあと、今度は今の自分が争っていた相手側に、生まれ変わるとすればどうでしょうか。

自分はいつでも、自分がいる側の立場で、ものを考えます。

そちらの側に有利になるようにという基準で、何でも考えますから、相手の側のことなど考えません。

その結果、相手が苦しむことがあっても、そんなの仕方がないじゃないか、と切り捨ててしまうでしょう。

でも、その切り捨てる相手に、前世や来世の自分がいたとしたら、どうでしょうか。

あるいは、自分の大切な家族や友人が、同じように相手の側に生まれ変わるかもしれません。

そういう人たちがいるのを知りながら、相手の人たちを痛めつけたり、苦しめたりができるのでしょうか。

前世や来世を受け入れていなくても、同じようなことを、今のロシアとウクライナの争いは、教えてくれています。

戦争が始まるまでは、ロシアとウクライナは親戚同士のような関係で、夫婦の片方がロシアで、もう片方がウクライナという人たちは、少なくありません。

国境を越えた親戚や友人を持つ人も数多く、どうしてそんな国同士が争うことになったのかと、疑問を持つ人が多いでしょう。

自分はロシア側、自分はウクライナ側と、きれいに分かれて、相手を攻撃したならば、必ず相手側にいる、自分と親しい人たちを、傷つけることになってしまいます。

それを本意ではないけれど、上から命令されたからと実行するのは、自分の思考を捨てたのと同じことです。

今の状況を見ると、そういうことを深く考えていない人が、いかに多くいるのかということがわかります。

でも、親しい人に武器を向けるのは嫌だと、拒む人もいます。

この争いでは、人々の本当の想いが、試されていると言えるでしょう。

また、ロシアとウクライナ以外の国の人々も、どうしてこの争いが起こってしまったのか、その本当の原因を探らなければなりません。

そうでなければ、いつ争いが自国へ広がるかもしれませんし、新たな争いが勃発するかもしれないからです。

この争いは決して他人事ではありません。

全人類が、自分たちは地球人なのだという意識を、持てるかどうかが試されているのです。