感覚の話 その1

感覚と言えば、五感を思い浮かべる人が多いと思います。

視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五つの感覚ですね。

触覚というのは、皮膚の感覚のことで、物に触れた時の熱い、冷たい、痛いなどの感覚も、含まれています。

五感以外にも、平衡感覚とか、体の位置感覚とか、内臓の感覚などがありますが、外界の情報を知るための感覚としては、五感が基本と言えるでしょう。

 ※johanさんによるイラストACからの画像です。

解剖学的には、外界の刺激を感知した、神経細胞の情報が脳に伝わり、感覚として受け止められるわけです。

しかし、そもそも感覚とは何なのでしょうか。

神経や脳が関わっているのは、情報の伝達です。

電話で言えば、電話線の部分です。

そして、感覚は受話器から発せられる、音声ということになります。

受話器から聞こえる音声とは、電話線を通して、そこに届いた電気信号が、スピーカーを振動させ、その振動が空気に伝わった振動エネルギーです。

電話線を通る電気信号には、その情報は含まれていますが、電気信号そのものが、音声ということではありません。

つまり、神経は情報を伝達しているだけで、神経そのものが感覚を再現しているわけではないのです。

脳はどうでしょうか。

脳も神経細胞の集まりですから、基本的には同じでしょう。

ただ、複雑なネットワークを作っていますから、そこには様々な組み合わせ、無限のパターンの、三次元的電気回路が、瞬間瞬間に作られるわけです。

 ※K-factoryさんによる イラストACからの画像です。

これによって、微弱ではありますが、複雑な形の電磁場が生まれます。

恐らく、この電磁場が心の活動と、互いに影響し合っているのだと思います。

先ほどの電話の話に戻しますと、脳神経ネットワークが作る、微弱な電磁場が、受話器のスピーカーです。

スピーカーの振動から、空気に伝わった振動エネルギーが音声ですが、脳の電磁場に応じて、振動する心が空気で、心に再現された聴覚が、空気を振動させている音声です。

つまり、感覚というのは、心の振動パターンなのです。