心と体 その3

体が不調を起こすのは、全てが心のせいだとは言えません。

まず、怪我は外部からの影響であり、心は関係ありません。

もっとも、そのような状況を作り出したことには、心が関係している可能性はあります。

しかし、怪我そのものは、外部エネルギーによって生じるものであり、心が傷口を創るわけではありません。

同じように、紫外線による皮膚癌や、ウィルス感染による病気、これらも直接的には、外部要因によるものです。

ただ、これらに対処するべき免疫機能が、うまく働かなかったという点においては、心の状態が関係しているのかもしれません。

極度の放射能を浴びた場合、体はこれに対処できません。

これは手の着けようがない、重症の怪我を負ったのと、同じことだからです。

このように、何もかもが心の状態によって、引き起こされるわけではありません。

また、心が通常は対処できないこともあるのです。

また、学ぶべき人生の目的のため、わざと病気の体に生まれて来る、ということはあると思います。

それは心の状態とは関係のないものであり、特殊な例だと言えるでしょう。

一般的に言えば、基本的に体は、病気にならないようにできているのです。

ほとんどの病気は、体が本来の機能を、果たせなくなったことの結果です。

 ※uni10さんによる写真ACからの画像です。

光がある所に手をかざせば、そこに影ができます。

この影が病気なのです。

影を恐れたり、影の前で騒いでも、仕方がありません。

影を消すためには、手をひっこめればいいのです。

光そのものが、影になることはありません。

それと同じで、私たちの体も、本来は病気になることはないのです。

この世を去る時期が来て、エネルギー的に弱った状態は、病気とは言いません。

それは寿命と言うのです。

まだ、本来の寿命が来ていないのに、体のエネルギーに余計なものを突っ込んで、そこに影を作るから、それが病気として表現されるのです。

 ※写真魚さんによる写真ACからの画像です。

その影を作るのは、精神エネルギーの乱れかもしれません。

あるいは、食事や水、空気の汚れなど、物質的生活環境の影響かもしれません。

ただし、それらの生活環境を選ぶのは、やはり心ですから、心は間接的ではありますが、影響しているのです。

逆に考えると、病気になった時に、自分のどこに問題があるのかを見直す、いい機会になります。

心が乱れているからなのか、生活環境が悪いのか、よく考えてみるといいでしょう。

原因がわかったとしても、その原因を手放せないとすれば、それは生きるための価値観が、歪んでいるということです。

自分は何のために生きているのか。
自分にとって、本当に大切なことは何なのか。
今していることや、今の環境は、自分が生きることよりも、大切なのか。

そんなことを考えて、本来の自分の姿、本来の自分の生き方を、取り戻すようにしたならば、いつの間にか、病気というエネルギーの影は、消え失せていると思います。