困った時がチャンス その2

 ※catazulさんによるPixabayからの画像です。

温暖化対策として、火力発電所をなくすことが、世界的に求められています。

日本では火力発電所を完全になくすことはせず、燃料に水素やアンモニアを混ぜることで、排出される二酸化炭素を減らす計画です。

しかし、火力発電所をゼロにすることを求める世界から見ると、この方法は全く評価されていません。

いずれ、火力発電所をやめざるを得なくなる時が、来るのは間違いないでしょう。

火力発電所を減らす代わりに計画されているのが、再生エネルギーと原子力発電を増やすことです。

火力発電所をやめるとなると、再生エネルギーや原子力発電への依存が、さらに高まりますが問題はあります。

原子力発電の危険性と、問題が起こった時にかかる莫大な経費、処理方法が確定していない使用済み核燃料、などの問題から考えると、原子力発電を増やすことは、賢明とは思えません。

言ってみれば、原子力発電は時代遅れのものです。

しかし、代わりになる電力源が見つからないことを理由に、原子力産業で潤っている人々が、原子力発電をなくすことには、猛反発をするでしょう。

でも今後、世界のどこかで原子力発電の、悲惨な事故が起きれば、原子力に頼るという発想は、とどめを刺されることになるでしょう。

とは言っても、多くの電力が必要とされると、何とかしないとなりません。

再生エネルギーだけでは、全ての電力をまかなえないとなると、新たな方策を考える必要がだります。

 ※Roy BuriさんによるPixabayからの画像です。

その一つの方法としては、人々が電力を消費しない暮らしを、考えることでしょう。

これまで当たり前と思っていた、暮らし方を変えるのは、いろんな問題が起こったり、不平不満が出ると思います。

でも、それに慣れてしまうと、今度はそれが当たり前になるのです。

今までになかった、刺激的で楽しめる暮らし方というものが、増えて来るのではないかと期待しています。

それでも、やはり電力は求められるでしょうから、政府はこれまで目を向けていなかった所に、目を向けざるを得なくなるでしょう。

それはフリーエネルギーです。

 ※Bluemount_ScoreさんによるPixabayからの画像です。

空間から無尽蔵のエネルギーを、取り出せることができたなら、全てのエネルギー問題は解決されますし、エネルギーによって、他国やどこかの企業に、命綱を握られることもなくなります。

何とかエネルギーを確保しなければと、政府が必死な思いを抱いたら、これまで日の目を見ることがなかった、フリーエネルギーの研究者に、研究資金を出すでしょう。

そうなると、ただの空想だと思われていた、フリーエネルギーが実在するものだと、みんなが思うようになります。

みんなが実現を信じれば、フリーエネルギーは必ず手に入ると思います。

また、言い換えれば、現状のエネルギー問題があるからこそ、フリーエネルギーに目が向けられるのです。

今の困ったように見える状況は、新しい世界の幕開けです。

古い世界に固執するのではなく、新しい世界を見据えた行動が、混乱を鎮めてくれるでしょう。