未来をどう考える

日本では、コロナ騒ぎは収束しつつあるようですが、他の国ではまだ落ち着きを見せていません。

落ち着きそうに見えたものが、再び増えて来ているという状況です。

そもそも日本と状況が違うので、単純に比較して、今後どうなるのかと判断するわけにはいきません。

それでも、日本も同じような経過をたどると見る人も、少なくないかもしれません。

コロナ騒ぎによって、経済はダメージを受け、思わぬ苦しみや家族の死を経験し、不安が差別を呼びました。

テレワークという仕事のやり方が、クローズアップされましたが、人間同士の直接の触れ合いがなくなったことで、精神的に病む人や、自らの命を絶つ人も出て来ています。

このような状況ばかりを見ていると、これからの日本は、世界はどうなるのだろうと、心配になるかもしれません。

また、自分自身が今後どのように生きて行けばいいのかと、悩む人も多いと思います。

しかし、考えてみて下さい。

コロナ騒ぎがある前の世界は、そんなに素晴らしいものだったのでしょうか。

私はそうは思いません。

本当に素晴らしい世界であったなら、コロナウィルスが広がったところで、今のような状況にはなっていないでしょう。

まるでコロナウィルスが世の中を壊したように言われますが、そうではありません。

問題は元々あって、力の強いものだけが勝ち残れる資本主義社会は、基礎の部分が腐って壊れかけていたのです。

そこの所がコロナ騒ぎによって露呈したり、とうとう壊れてしまったというだけの話です。

たとえば、志を一つにした医療体制が整っていたならば、具合が悪くなっても、すぐに病院で診てもらえるでしょう。

コロナ患者は診られませんと言われ、息ができない人が、何時間も病院を探し回ることこそが、異常なのです。

企業によって、従業員の扱いが異なるというのも問題です。

経済にゆとりがある人々の職場では、様々な対策を打ってもらえるでしょうが、そうでない職場では、対策が後手後手になってしまいます。

政府や自治体が、国民や住民のために、機能しているかどうかも、見逃せない大問題です。

これまでであれば、どんな問題があっても、喉元過ぎればで、うやむやにされて来ました。

それでも選挙になれば、力のある議員は当選できるのですから、真面目に仕事をするわけがありません。

また、国民もそんな状況を、半ば諦めていたのかもしれませんが、許して来たのもいけないのです。

そういった様々な問題を抱えたまま、それを無視し続けて来たのが、これまでの社会です。

コロナはそんな社会の問題を浮き彫りにして、これから先をどうするのかと、私たちに問いかけているのです。

この騒ぎを、世の中が壊れてしまったと、不安がるのか、新しい世の中を創るために、古い社会が壊されたと考えるのか。

今の状況を、どうとらえるかで、その人のこれからの行動が、変わって来るでしょう。

この状況を、行動の活力に変えるのか、この状況で力を失うのか。

それは、その人の考え方次第です。

これまでより素晴らしい社会ができることは、誰しもが望むことだと思います。

でも、黙っていても、そんな社会はできません。

打ちのめされた時には、手を差し伸べてくれる人もいるでしょう。

でも、今後ずっとそのまま、というわけにはいきません。

手を差し伸べるのは、その人が立ち上がれるようにするためです。

自分で立ち上がり、今度は自分が手を差し伸べる側になって、他の人たちとともに、新たな社会創りに参加するのです。

そうすることでのみ、これまでとは違った素晴らしい社会が、実現できるでしょう。