創造するということ その1

私たちは人間で、他の動物とは別の存在です。

また植物は動物とは、異なる存在です。

この世界には、顕微鏡がなければ見えないような、微生物のような存在もいます。

そんな様々な存在は全て、地球を構成している、物質でできています。

では、地球はどうかと言いますと、地球は元は星屑でした。

他の星々も、みんな星屑でした。

ですから、私たちもみんな、元は星屑だったと言えるのです。

実際にビッグバンと呼ばれる現象が、あったのかは知りません。

でも、宇宙の全ては、元々一つのエネルギーだったと思います。

一つのエネルギーが、様々な形を生み出し、いろんな存在が、生み出されたのでしょう。

その可能性は無限大です。

たとえば、地球に月は一つだけありますが、月が二つという可能性も、あったかもしれません。

その確率が1兆分の1だとすれば、私たちには0に等しいものに思えるでしょう。

つまり、可能性は0ということです。

しかし、この宇宙と同じような世界が、1兆個存在すれば、そのうちの一つの世界では、地球に月が二つあるわけです。

人間にとっては、0に見えるものであっても、その可能性が完全に0でない限り、無限の世界の中のどこかで、それは生じているのだと、考えることができます。

人間が想像し得るものはもちろん、まだ思いつきもしていないことでも、可能性のあるものは、全て無限の世界のどこかに、存在しているのです。

そう考えると、私たちが何かを発見したり、発明したりするというのは、既に存在しているものに、遭遇したと言えます。

つまり、何かを創る、あるいは生み出すということは、無から有にすることではなく、すでに存在しているものを、自分たちの世界へ導くということなのです。