隠されていた情報

 ※Peter LomasさんによるPixabayからの画像です。

去年の12月、 UFO に関して、アメリカ情報機関が把握している内容を、180日以内に議会に提出するよう、トランプ大統領が求めたと、アメリカCNNの記事にありました。

国家情報長官と国防長官は、これについての報告書を、連邦議会の情報軍事委員会に、提出する必要があるそうです。

ここには海軍や FBI、CIAなどが集めた極秘情報が、含まれているそうで、これまで公表されたものと比べて、はるかに重要な情報があると思われます。

これはバイデン氏が大統領になってからも、作業は継続されるものだそうなので、間違いなく情報は公表されるようです。

アメリカ政府は、すでに UFO の存在は認めています。

次に必要な情報は、UFO を動かしている者についてでしょう。

UFO が異星人の乗り物であるならば、彼らがどういう目的で、地球を訪れているのかが、明らかにされる可能性があると思います。

もし、人類が異星人の遺伝子操作により、創られたというような情報が出て来たとしたら、世界中の宗教にとっては、大問題となるでしょう。

いったいどんな情報が、明らかにされるのか。
とても楽しみですね。

ただ、気になるのは、情報が開示される時に、アメリカや世界がどのような状況に、陥っているかということです。

せっかくの情報も、人々が混乱に陥っていれば、聞く耳を持たないかもしれません。

それまでに、いろんな騒ぎが落ち着いて、大切な情報を冷静に、受け止められるようになっていられることを、期待しています。