中国との友好

今日はどんより曇っています。
これから雨が降り出すようで、いよいよ本当の梅雨シーズンに、入る模様です。

四国の梅雨入り宣言は、少し勇み足だったようですね。
今日辺りに宣言していれば、ちょうどよかったと思います。

ところで、とても素敵な記事を見つけました。
中国安徽省出身の、許飛(シウ・フェイ)さんという方の記事です。

以前にNHKで関口知宏さんが、日本や世界の鉄道を、旅する番組をやっていました。
とても面白い番組で、私も家内と一緒に、楽しませてもらいました。

その中に中国の鉄道を、春と秋に渡って巡る旅がありました。

中国の鉄道網はとても広くて、距離も長いのです。
それで、春と秋に分けて紹介されました。

今でも、たまに再放送がありますので、機会がある方は、ぜひ見て欲しいと思います。

国同士の関係において、中国と日本はギクシャクすることが、多いですよね。
でも、地方に暮らす人たちは、そんなことは関係ない様子です。

都会と違って、日々の暮らしが大変だからでしょう。
他人の苦労を理解したり、いろんなことを分かち合うのが、地方では当たり前な感じです。

そんな人々の温かい様子が、この番組から伝わって来るのです。

この番組の中国編に、はまってしまった許飛さん。
それまで働いていた東京の職場を離れ、日本縦断の旅に出たと言います。

『八十日間世界一周 』という物語がありますが、それにちなんだ80日間鉄道の旅です。
旅の毎日の様子は、SNSにアップしていたそうです。

残念ながら、スマホもSNSもわからない私は、見ることができません。
でも見られる方は、ぜひ見られたらと思います。

 ※まこりげさんによる写真ACからの画像です。

地方の温かい人間味を、感じることが多かったと、旅を終えた許さんは言います。

この旅は『従雪花到桜花(雪から桜へ)』という題名で、中国で出版されたそうです。
日本語版も出したいと思っているそうですので、その時が来るのを期待しています。

この旅の後、許さんは日本人にも中国のことを、知ってもらうおうと考えたそうです。

それで、入船亭遊京さんという落語家の方と二人で、80日間の中国鉄道の旅に出ました。

その時の体験も、『従東瀛到東土(東瀛(日本)から東土(中国)へ)』という題名で、中国で出版する予定だそうです。

これも中国で出版されたら、すぐにでも日本語版を出してもらいたいですね。

 ※Andy LeungさんによるPixabayからの画像 です。

許さんは旅を通じて、日本と中国の違いを、いろいろ知ったと言います。
でも、二つの国に共通していたのは、地方の人々の温もりでした。

今はコロナウィルスの影響で中断しているものの、許さんは旅行会社を設立する準備を、進めているとのことです。

旅行を通して、草の根の相互理解を、両国で深めるのが、許さんの願いだそうです。

日本や中国の地方に暮らす、人々の温もりに、許さんは感動されました。
でも、許さん自身が温もりのある方なのだと、記事を読んでいて感じました。

人の感情や価値観は、互いに共鳴するものです。

争いの中の怒りや憎しみは、相手との間で共鳴し合って、どんどんエスカレートして行きます。
その先に殺傷事件やテロ、戦争が控えているのは、みなさんご存知のとおりです。

一方で、喜びやいたわりも共鳴し合い、大きな輪になって広がって行きます。

遠い所で起きた小さな喜びが、ネットやテレビを通して、世界中に広がるのも、みなさん経験されていることと思います。

どちらの感情に共鳴するのが、自分や世の中の幸せに結びつくのか、それは一目瞭然でしょう。

混沌としている今の世の中、いい情報も悪い情報も、巷にあふれています。

でも、基本的にどこの国の人も、争いごとは好んでいません。
みんな、平和で楽しく安定した、暮らしを求めています。

 ※SilentpilotさんによるPixabayからの画像です。

一部の人が、誰かを憎んだり、悪く言うのを、よく見かけます。

でも、それはその人なりの、事情があってのことです。
一般的な話ではありません。

そこのところを理解していれば、煽られて騒ぎが大きくなることはありません。
大きくするのであれば、喜びの話でしょう。

国同士のいざこざも同じです。
各国の政府は、自分たちの国の権利を守ろうとします。

それは、今の世界を支配している、価値観に基づけば、当然のことでしょう。
自分たちの利益、あるいは自分たちの権力を、守ろうとしてのことです。

でも、人間は元々一つです。

進化の研究でも、全ての人類の起源を、アフリカに求めることができます。
人類はみんな兄弟なのです。

その兄弟が争う理由が、どこにあるのでしょう。
みんな、幸せに暮らしたいだけなのです。

そのことが以前と比べると、いろんな方に理解されて来ていると思います。
許飛さんも、その一人です。

許さんの想いは、きっと世界中の人々へと、伝わって行くことでしょう。

差別も争いも、必要ありません。
相手を思いやり、助け合い、手を取り合って、感謝し合う。
そんな価値観が、世界に広がりつつあると、感じています。