がんばれ 勝手につくば大使!

茨城県つくば市の市議会選挙で、とても個性的な方が当選しました。

モヒカン頭がトレードマークの、勝手につくば大使さんです。

得票数は 2,401票で、当選者 28 人中、19番目の得票でした。

元々は北海道の方で、子供の頃は何度も転校をしていたため、落ち着ける所がなかったそうです。

詳しくは、勝手につくば大使さんのホームページを、お読み下さい。
ここではポイントだけを、抜粋してお伝えします。

彼は筑波大学三年生の時、将来何をしようかと思案していたと言います。
その時に、大学の先輩から提案されたのが、勝手につくば大使なのだそうです。

その先輩という方が、どこまで真面目に話をされたのかは、定かでありません。
でも、この話に彼は食いついたのです。

つくばで暮らすようになった彼は、ようやく自分の居場所を見つけたと、実感したそうです。
その大好きなつくばのいい所を、内外に向けて発信する事は、彼にとって、とても魅力的に思えたようです。

勝手につくば大使になった彼は、地元にある見所の場所や、お勧めの店、イベントなどを、ブログやフリーペーパーで紹介しています。

そこでは単なる面白さだけでなく、つくばの人々の活き活きした様子や、魅力についても、しっかりと伝え続けています。

その活動は5年にも及び、今や地元の人たちにとって、勝手につくば大使さんは、とても信頼のおける好人物と、見られているのだと思います。

理屈ばかり述べる人よりも、普段から人々のために、わかる形で動き回っている人物の方が、好感度が高いのは当然でしょう。

今回の市議選の当選は、当たり前と言えば、当たり前の事だと言えます。

勝手につくば大使さんは、トレードマークのモヒカンの頭のまま、立候補しました。

お金もないので、バイトで稼いだお金を、選挙費用に使い、選挙カーもない状態で、地域を回ったと言います。

普段から地道に活動している方は、選挙にお金をかけなくても、当選できるという、いい見本だと思います。

選挙にはお金がかかると、まことしやかに語る人たちは、普段何をされているのかと、考えさせられますね。

勝手につくば大使さんは、まだ若干26才です。
普通だと当選なんて、考えられないような年齢です。

しかし、普段の人柄が認められた上での、若さは何よりも強い武器でしょう。
新しい発想や行動力が、人々の期待を集めているのだと思います。

面白いのは、彼のヘアスタイルです。
モヒカン頭は日本では、あまり馴染みがある、ヘアスタイルではありません。

それについて、勝手につくば大使さんは、ご自分でも見た目は悪いと、認めていらっしゃいます。
でも、見た目が悪くても、中身はとても素敵な人で、信頼できる人物となると、いい意味で人々の目を惹きます。

勝手につくば大使さんが、モヒカン頭のままで市議になった事で、彼の存在は日本中に知られる事になりました。

その結果、人を外見だけで判断する事が、これからの日本では、少なくなるのではないかと思うのです。

また、勝手につくば大使さんのように、枠に囚われない形で、自分の思ったように行動し、みんなに喜んでもらおうと考える、若い人たちが増えて来るように思います。

日常の暮らしの中でも、そんな人が、どんどん現れて来ることでしょう。

政治の世界にも、期待できる若い人が、増えて行くと思われます。

選挙の時だけ、お金をばらまき、選挙カーで騒ぎ回る人ではなく、普段の活動を通じて、広く顔を知ってもらう人が、選ばれるようになるでしょう。

それは芸能人ではなく、日常の中で、みんなのために動き回っている人たちです。

今後の日本中の議員の中に、真剣に市民のことを考えられる、若い人がどんどん参入する事を、勝手につくば大使さんは教えてくれているような気がします。

四国から遠く離れた茨城県のことですが、とても嬉しく、また頼もしく感じました。
今後の勝手につくば大使さんの活動を、応援したいと思います。

これからの日本が、どうなるのか。

勝手につくば大使さんを見ていると、わくわくした気持ちにさせられます。