UFOへの自衛隊の対応

 ※sei anazawaさんによるPixabayからの画像です。

アメリカがUFOの存在を認めた時、日本も対応について考えると、河野防衛大臣は明言しました。

そして今日、河野大臣は自衛隊に対し、未確認飛行物体(UFO)への対処に関する、指示を出しました。

その内容は、「日本の防衛および警備に影響を及ぼす恐れのある空中における識別不能の物体」を確認した場合、報告に万全を期すとともに写真撮影などの記録に努め、情報分析を行うというものです。

昔と違い、今はドローンという飛行物体があります。

UFOを信じてはいないと言う河野大臣は、UFOの正体を進化したドローンと、受け止めているのかも知れません。

いずれにせよ、正体が分からない飛行物体を見つけたら、写真等の記録をし、それが何であるかを、徹底的に調査をすることになったのです。

昔のことを考えると、これはとてつもなく進歩的な、対応だと思います。

日本の防衛省が、こういう指示を出したわけですから、航空会社もこれに準じるでしょう。

これまでは航空会社のパイロットが、UFOを目撃したと報告すると、馬鹿にされたり、業務から外されたりしたと言います。

ても、今後はそんな事はなくなるでしょう。
そして、パイロットたちはようやく、安心して体験したことについて、報告ができるようになるのです。

 ※hiroshi mackさんによるPixabayからの画像です。

パイロットたちの体験は、国家にとって重要な情報になるかも知れません。

恐らくパイロットたちは、UFO に遭遇した時には、詳しい情報を国に提出するよう、求められるでしょう。

しかし、国は情報を集めながら、それを国民には公表しないかも知れません。
目撃者にも沈黙を守るよう、強く依頼することは有り得ます。

何故なら、UFO 情報が次々に発表されたら、国民がパニックになるかも知れないからです。

とは言っても、現段階では多くの人々にとって、UFO など自分には関係ないといった雰囲気です。

それは日本だけに限りません。
世界中の国が、 この問題について、まるで無関心を決め込んでいるかのようです。

 ※fak1911さんによるPixabayからの画像です。

UFO よりも、今日の暮らしの方が大切と、言わんばかりに、人々は目の前に置かれた、現実的な問題への対応に必死です。

仕事はどうなるのか、株価はどうなるのか、ということばかりに、気持ちを集中させています。

しかし、元々 UFO に関心を持っている人たちは、今がどんな状況にあるのかを、理解しているでしょう。

不安に感じている人もいれば、期待を抱いている人もいると思います。

本来はもっと多くの人が、そういう反応を示すと、私は思っていました。
でも実際には、ほとんどの人が無関心のようです。