自分を生きる その5

自信を取り戻すためには、まずは自分と他人との比較はやめましょう。

誰かを低く見て、自分は大丈夫と思う人は、自分より高く見える人を見て、自分に落胆することになります。

誰がどのように見えても、それはその人の勝手であり、自由なのです。

その人がそのような生き方をすることを、敬意を持って眺めるようにしましょう。

そうすれば、自分自身のことも、敬意を持って見ることができるようになります。

それが、自信を持つということにつながるのです。

次に、何かをやってみても、うまく行かなかったからと言って、がっくりしないことです。

好きなことをするのに、失敗も成功もありません。

思ったとおりの結果が出るまでの、全てが楽しいのです。

また、そう思えるものでなければ、それが本当に好きだとは言えません。

成功や失敗という概念は、競争社会を成立させるために、創られたものだと受け止めて下さい。

競争しているわけでなければ、そんな概念は必要ないのです。

うまく行けば成功で、うまく行かなければ失敗ではないのかと、思いたくなるかもしれません。

でも、本当に好きなことを追求する場合、それを極めるということは、有り得ないのです。

これで完成となってしまえば、そこで終わってしまいます。

でも、何かを追求している人にとって、終わりはないのです。

やっていることの途中で、一つの目標を掲げた場合、それについての成功や失敗ということは、言えるでしょう。

でも、それは全体の流れの中の、ある状態を表現しただけに過ぎません。

多くの人が受け止めているような、成功は最高で、失敗は最低というような意味は、伴っていないのです。

なかなか前に進まないように見えても、その先に目的があるとわかっている人は、決してあきらめることはありません。

どうやって目的にたどり着くかということしか考えないのです。

失敗に見えることも、一つの大きな手がかりなので、それであきらめてしまうことはありません。

チャレンジするということ自体が楽しいのです。

人生は常にチャレンジの連続です。

これで完成ということはありません。

そんな人生を心の底から楽しめるのが、自分を生きるということなのです。