洗脳を解く その3

国は発展して行くために、必要な教育を子供たちに受けさせます。

それは、現在ある体制を維持するのが目的です。

そのために有力な人材を育てなければなりませんし、国が指示を出した時に、みんながそれに従うようにしたいでしょう。

一人、もしくはグループが実権を握っている独裁国家では、その傾向が顕著です。

子供のうちから、権力に従順になるように仕向けるのです。

指導者に従わなければ、重い罰が科せられます。

それが他の者への見せしめにもされます。

その代わり、指導者に従う優秀な者は、お手本として褒められます。

優秀というのは、国に役立つ能力があるという意味です。

人類のために役立つという発想はありません。

国は国民のためにあるのではなく、独裁者のためにあるのです。

国民は独裁者のためにあるわけで、逆らうことは許されません。

私たちから見れば、ひどい話だと思うのですが、その独裁者を本気で信奉している人も、少なくないようです。

これはまさに洗脳教育によるものと言えるでしょう。

では、民主主義を掲げる国の教育は、どうでしょうか。

民主主義を掲げる国のほとんどは、資本主義の国であるとも言えるでしょう。

いわゆる独裁者がいない代わりに、お金を握っている者が、国を動かすと言っても、過言ではありません。

国は大企業を育てることが、国を豊かにすることだと考えていますから、大企業は税金などの面で優遇される立場にあります。

また、政治家が動くための政治資金というのも、結局はお金であり、多くの資金を出す者の都合が、政策に反映されやすいと言えるでしょう。

この体制を維持することが、国の使命であり、そのために子供が教育されるわけです。

新たな発想を持った子供が育って、今の民主主義や資本主義に変わる、新しい価値観の国を創るということは、今の政治家が望むものではないでしょう。

政治家が望んでいるのは、基本的に現状維持であり、その中でも少しでも他国より優位な立場に立つ、ということです。

はっきり言ってしまえば、子供たちはそのための駒として、育てられているのです。

でも、それは人間として自然な成長を促すものではありません。

子供が一人の人間として成長するための教育ではないのです。

もしそうであるならば、今の教育の中で、とりこぼされる子供がいるはずがありません。

自分に価値がないと考える子供がいるなんて、有り得ないことでしょう。

それでも、ほとんどの人が今の教育システムに疑問を抱くことはありません。

これが当たり前のものだと信じ、その中で、少しでも自分や自分の子供が優位に立てるようにと、がんばるばかりです。

これは、洗脳と言えるのではないでしょうか。