全ては表現 全ては言葉 その1

人は心こそが本質です。

心があるから、その人が存在していると言えるのです。

あなたの言動は、全てあなたの心が表に出たものです。

じっとして何もしない時も、そうするよう心が求めているからです。

何もしないことも、心の表れなのです。

同じことを伝えるにしても、その伝え方は人様々です。

それは、その人の性格や心の状態に応じて、変わるものです。

他人を見下しているような人は、いつも偉そうな物言いをしますし、態度も威張っています。

人が好きな人は、いつも明るく笑顔で喋ります。

相手を傷つけるような言葉は、決して用いません。

嬉しい時には嬉しい顔、悲しい時には悲しい顔、怒った時には怒った顔、寂しい時には寂しい顔を見せます。

中には感情の乏しい人がいます。

でも、これも自分の感情を抑え込んでしまうという、心の状態が表れたものです。

孤独に見える人も、寂しいのか、一人が好きなのかは、よく見ていればわかります。

本当は楽しくないのに、みんなに合わせて笑顔を繕ってしまうのも、人に合わせなければいけないという想いが、行動に表れているからです。

こんな人たちも、よく観察していれば、本当に楽しんでいるのかどうかは、わかるものです。

自分で意識をしていようといまいと、自分の心の状態は表に表れます。

それは心の表現であり、行動の全てが、その人の心の本当の言葉だからなのです。