自分だけの世界 その2

あなたが現実と思って眺めている世界は、あなた自身の意識の中にある、立体映像の世界です。

ですから、何をどのように感じるのかは、全てあなた次第です。

たとえば、怪我や病気になっても、その感覚を遮断してしまえば、あなたは痛みも苦しみも感じません。

あなたが目を閉じれば、視覚情報は遮られます。

すると、あなたの世界は音と味覚と肌の感覚だけのものになってしまいます。

あなたが耳をふさげば、聴覚情報は遮られます。

すると、あなたの世界は視覚と味覚と肌の感覚だけのものになります。

でも、あなたがどんな世界を体験しているのかは、他の人には理解できません。

パソコンのバーチャル世界であれば、互いのモニターを見せ合うことはできますが、心の中の世界は、それができません。

ですから、誰もあなたがどんな世界にいるのかを知ることはできませんし、あなたも他の人の世界を知ることはできません。

互いに自分たちが同じ世界で、同じ体験をしているのだと、勝手に推測しているだけです。

世界が自分の意識の中にあると知れば、世界が自分の意識によって、創り上げられたものだとわかるでしょう。

元の情報が外から来たのだとしても、その情報を元に創られた映像や音、味や匂い、肌の感覚や温度などは、全て自分の意識が創り出しているものです。

自分のいる世界が、自分の意識で創られているということは、感情もまた、自分の世界を構成している要素の一つだと、理解できると思います。

多くの人は感情と世界は別ものだと受け止めているでしょうが、実際はそうではありません。

感情は世界を構成する、とても大きな要素なのです。

感情によって、あなたがいる世界は、天国にもなれば地獄にもなるからです。