普通ということ

普通とは何でしょう。

辞書によれば、「特に変わっていないこと。ごくありふれたものであること。それが当たり前であること」とあります。

つまり、よくあることとか、特に珍しくもないものは、「普通」となるのです。

ただ、この言葉を使う時、それがいつものことだと、伝えているだけでなく、その状況を変える必要性を感じていない、という気持ちも示しています。

たとえば、学校や職場で多くの人が、互いの顔を見るたびに、いがみ合ったり争ったりしているとしましょう。

その場にいる人が、そのことを外部の人から聞かれると、「普通だよ」ということになるでしょう。

この人にとっては、当たり前の光景であって、別にどうってことはない、という意味です。

言い換えれば、この人はこの争いの状況を、改善するつもりはない、ということです。

同じように、いじめや差別を受けている人がいても、それがいつものことだと思われると、誰もそれを止めようとはしなくなるでしょう。

別にどうってことない、いつものことと、とらえているからです。

国を動かす政治にしても、役に立たない政治家が、好い加減なことばかりしていても、「自分の国は、これが普通なんだ」と思ってしまうと、政治を変えようとは思わないでしょう。

大多数の人が何も言わなければ、それは「普通」になってしまいます。

少数の人の意見が通らなくても、それは「普通」なのです。

でも、ある人にとっては普通でも、他の人にとっては普通ではありません。

普通とは絶対的なことではなく、相対的であり主観的です。

また、普通という言葉を用いる時、その人は思考を停止しています。

「普通」だから、考える必要はないのです。

しかし、これは知性を持つ人間としては、よくないことです。

思考を停止すると、知性が発達しないからです。

日本人が外国で礼儀正しくして、驚かれたり褒められたりした場合、日本人にとっては、それは普通のことだと思うでしょう。

でも、これだって普通だと思うと、マナーの悪さが目立って来ていることに、目をつぶるのと同じです。

普通じゃないのです。

礼儀正しくする人は、その人個人が、礼儀を重んじているだけであり、日本人として普通ではないのです。

普通という言葉は、目の前にあるものを、見えなくする力があります。

普通という言葉を使いたくなる時は、自分が何かを見落としていないのか、よく確かめてみたらいいと思います。