終わっていなかった南北戦争

 ※WikiImagesさんによるPixabayからの画像です。

先週発生した、トランプ支持者による、アメリカの議会議事堂への乱入事件を見ると、アメリカでは、まだ南北戦争が終わっていなかったんだなと、痛感させられました。

アメリカの南北戦争は、黒人奴隷を巡って、アメリカの北部と南部の州が戦ったものです。

とは言っても、元々は工業中心の北部と、農業中心の南部の、産業構造の違いによる対立が、根底にあり、黒人奴隷に問題は、そこに絡められたものでした。

南北戦争は北部が勝利を収め、それによってアメリカは一つにまとまりました。

黒人奴隷も解放されることになったのですが、相手への無理解や自己中心主義、黒人を見下す差別問題は、現在に至るまで残り続けています。

今回の乱入事件は、そういったものが、一気に噴き出したものでしょう。

 ※PexelsさんによるPixabayからの画像です。

火山が周期的に爆発するのと同じように、人々の心の中に蓄積していた歪んだ思いが、トランプ大統領をきっかけにして、再び爆発したのです。

彼らはトランプ信奉者を装っていますが、本音はトランプ信奉者などではありません。

彼らが信奉しているのは、自分だけです。

トランプ大統領は怒りを爆発させるための、きっかけに過ぎません。

別の言い方をすれば、トランプ大統領は、彼らに利用されたのだと思います。

宗教の原理主義テロリストが、神の名を使って人を殺すのと同じです。

彼らはトランプ大統領を利用して、自分に都合の悪い世の中を、ひっくり返そうとしたのです。

南北戦争のあと、アメリカは一つにまとまったように見えましたが、結局は形ばかりの統一で、心の中はバラバラだったということでしょう。

それは北部と南部が、バラバラのままということではありません。

北部の人たちの中にも、差別主義者や自己中心的な者は、少なくないでしょう。

元々北部の人全員が、黒人に対する人権を、真剣に考えていたはずがないのです。

もしそうであるならば、現在のアメリカの北部地域では、全ての黒人市民が貧困や差別による、苦しみから抜け出していたでしょう。

アメリカ全体で、人々の心がバラバラになっているのです。

 ※c_fishさんによる写真ACからの画像です。

今の世の中は、コロナウィルスによる騒動のせいで、人々が本性をむき出しにしています。

本性を隠していれば、表面的な融和や妥協を、行うことができたでしょう。

しかし、これだけ本性を露わにしていると、見せかけの妥協もできません。

とことんぶつかり、争うしかできないと思います。

20日のバイデン次期大統領の就任式までに、全米およびワシントンで、武装デモが計画されているという情報を、FBI がつかんでいるそうです。

何が引き金になって、アメリカ市民同士の殺し合いが、起こるかわかりません。

これはまさに、南北戦争の再燃でしょう。

このまま争いが続けば、どうなるのかと、誰もが心配になるでしょう。

しかし、これからの未来を背負って行くのは、若い世代です。

彼らの多くは無益な争いを、一歩離れた所から、客観的に眺めることができると思います。

どちらか一方に、肩入れしていたとしても、若いうちは頭が柔軟ですから、他人の意見を聞いたり、自分で調べたりすることで、考え方を変えることができます。

古い考え方に、凝り固まっている者たちには、むずかしいかもしれませんが、若い人たちであれば、理解ができるでしょう。

本当に大切なものは、何なのか。

人を傷つけてまで、自分の意見を押し通すことが、そんなに大切なのか。

世界中に対して向けられた、この問いに、若い世代であれば、答えられるに違いありません。

 ※Phan Minh Cuong AnさんによるPixabayからの画像です。