本当の強さ その3

一見、弱者に見える人たちが、本当に弱いのかを、検証してみましょう。

体力がない人、病弱な人、恵まれない環境にいる人、障害がある人。

こんな人たちは弱者と見なされてしまいますが、では、あなたがその人たちと同じ状況に置かれたとして、それに耐えられるかを考えてみて下さい。

いろんな不自由に制限される中で生きて行くことは、簡単なことではありません。

それを生き抜くだけでも、心の強さが求められますが、不自由を不自由とは感じないように、明るく楽しく生きる人の心は、強いという言葉を超えたところにあります。

他人から見れば、とても大変で苦痛に見える状況の中で、それをものともせずに生きている人がいれば、その人こそが本当に強い人と言えるでしょう。

自分に与えられた状況を素直に受け入れ、その中で自分らしさを失わずに、生きる喜びを見いだせる人。

こんな人は、他人と比べた時の自分の弱さを、全て認めて受け入れています。

決してそれを否定したり、自分を卑下して哀れんだりしません。

誰かに力を貸してもらえたら、素直に喜び感謝します。

また、自分でも誰かに力を貸す時があると理解しています。

苦しさや悲しさがあっても、そこから新たな感謝や喜びを見いだす力を持っています。

世間で一般に言われている強い人には、とても真似ができないことでしょう。

本当の強さとは弱さの中にあるものです。

誰かと比べるものではありません。

強さと弱さは対比の言葉であり、表裏一体です。

弱さがあるからこそ、強さがあるのです。

弱さが大きければ大きいほど、そこから生まれる強さは、比例して大きくなるのです。

本当の強さとは、自分の弱さを受け入れた時に出るものです。

弱さを否定するような強さとは、まがい物の強さです。

まがい物の強さは、一時的には人々の心を惹きつけるかもしれません。

でも、すぐに忘れられてしまいます。

それに対して、本当の強さは忘れられることはありません。

人々の心に深く感動を与え、いつまでも記憶に残るものです。

それが本当の強さなのです。