本当の強さ その2

そもそも強いとか弱いというものは、何かを基準とした時に、初めて言えることです。

基準がなければ、強いも弱いも言えません。

力比べをする場合、相手よりも大きな力を出せた方が強いとすれば、どちらの力が大きいかということが、強さの判定の基準になります。

AさんとBさんが力比べをして、Aさんの方がBさんよりも力が大きければ、Aさんの方が強いと言えます。

しかし、だからと言って、Aさんが強い人なのかと言うと、そうではありません。

あくまでも、Bさんと比べて力が強いというだけの意味合いです。

Aさんよりも、もっと大きな力を持つCさんと、力比べをしたならば、AさんはCさんには勝てませんから、力が弱い人だということになります。

では、Aさんは弱い人なのでしょうか。

そうではありませんよね。

あくまでも、Cさんと比べれば力が弱いというだけの話です。

つまり、力が強いから強い人なのかと言うと、それは誰と比べるかという条件付きの話であって、本当に強いとは言えません。


権威や権力がある人はどうでしょうか。

彼らは本当に強いと言えるのでしょうか。

権威とは本人が決めることではなく、周囲の人や世間が決めることです。

あの人はすごいぞ、とみんなが認めるからこそ、権威が生まれるのです。

権威があれば、自分の意見が通りやすくなりますから、力があるように見えますが、権威が失墜するようなことがあると、あっと言う間に人々の信頼はなくなり、ただの人になってしまいます。

こんなのは本当の強さとは言えません。

権力についても同じです。

自分には権力があり、みんなを支配していると思っていても、みんながそれを受け入れてくれているからこそで、そっぽを向かれては権力なんて、すぐに消えてしまいます。

政権クーデターなんかが、そのいい例でしょう。

あるいは、悪徳企業で働いていた人たちが、一斉に反旗を翻して反発すれば、企業は存続ができません。

企業を存続させるためには、それまでの権力者が一掃される必要があります。

これも本当の強さではありませんよね。


お金を持っている人が、社会的に強いと思うのも間違いです。

大金持ちが破産することは有り得ますし、資本主義社会自体が崩壊することも、十分に有り得ることなのです。

そうなれば、いくらお金を持っていても役に立ちません。

お金を楽して稼ぐことばかりしていた人は、何の知識も経験もないでしょうから、あっと言う間に奈落の底へ落ちてしまうでしょう。

これも本当の強さではありません。

では、本当の強さとは何でしょうか。

そんなものがあるのでしょうか。