未来を作るのはあなた

 ※ルックデザインさんによる写真ACからの画像です。

今日、九州北部と中国地方、そして四国が梅雨明けしました。

いつもと比べると、かなり長い梅雨でしたが、ようやく夏の始まりです。

とは言っても、すぐにお盆になります。

お盆が過ぎると、もう夏も終わり。
梅雨が長かった分、今年の夏は短いですね。

その上、コロナが再び広がりを、見せていますから、外に遊びに出ることも、はばかられます。

それに子供たちは、コロナ騒ぎで授業が受けられなかった分、夏休みが短縮されるそうです。

これでは、ますます夏を感じる期間が、短くなるでしょう。

それにしても、去年の今頃、一年後に日本や世界が、このような状態になると、誰が予想できたでしょうか。

本来であれば今頃、世界は東京オリンピックに沸き、日本は大勢の外国人客で、賑わっていたはずです。

それが、オリンピックは一年延期。

外国の訪日客のほとんどは、入国が制限されて、日本から外国人観光客の姿が消えました。

コロナウィルスの勢いは止まらず、収束しそうに見えた国でも、再びコロナが広がり始めています。

以前のように、外国人観光客や外国人労働者が、訪日できるようになる日は、まだまだ先のようですし、恐らくオリンピックも中止になるでしょう。

しかし、一年後の今頃、訪日客が戻らずオリンピックが中止、というだけで済むとは思えません。

去年、コロナ騒ぎが予想できなかったのと同じく、来年の世界は、誰も予想できないような状況に、陥っていると思います。

 ※=sasa=さんによる写真ACからの画像です。

昨日、台湾の李登輝元総統が亡くなりました。
97歳だったそうです。

親日家の元総統は、台湾を民主化させた方です。

この人がいなければ、今の台湾はなかったと言っても、過言ではないでしょう。

その死は多くの人に、悲しみを与えたことと思います。

でもこの事は、一つの時代の終わりを象徴すると同時に、今後は自分たちの力で、未来を勝ち取るようにという、元総統のメッセージのようにも思われます。

そして、このメッセージは台湾の人々だけでなく、私たち日本人、そして世界の人々に向けても、発せられたように感じられます。

誰かの指示を待ったり、誰かの力を当てにするのではなく、自分たちで考え、自分たちで未来を作る。

それが、これからの世界に、求められている事なのでしょう。

そのためには、何がいい事で、何が悪い事なのか、見極める目を育てる必要があります。

コロナウィルスによる混乱が続けば、世界規模で経済活動は、停滞してしまいます。

いろいろ自粛や制限が、求められるでしょう。

しかし、際限なく耐え忍ぶという事は、できるわけがありません。

コロナだけでも、苦しい状況が続きます。

そこへ自然災害や人種差別、貧富の差などによる騒動、米中関係を中心とした、国家間の争いなど、今も目にする多くの問題が、幾重にも重なるわけです。

抑圧された人々の怒りが、いつ大爆発しても、不思議ではありません。

国民の怒りが爆発することで、どこかの国で政権が崩壊するような事態が、起こることも考えられます。

それも、もしかしたら複数の国で、起こるかも知れません。

どの国の政権も、国民の怒りをそらせようと、問題を他国のせいにしたり、戦争寸前の衝突をしようとする事も考えられます。

その時に、国民が政権の言い分に乗せられてしまうと、世界は危機的状況を迎えるでしょう。

しかし、国民が問題の本質を見逃さず、そのような政権を、打倒する方向へ動けば、世界は見せかけの平和とは全く異なる、真の平和を求めるようになると思います。

具体的な事は、何もわかりません。

でも、どんな事が起こったとしても、国民の意識がしっかりしていれば、決して悪い方向には、行かないでしょう。

国や世界が、どの方向へ向かうのかは、私たち一人一人の意識にかかっているのです。

何かが起きてから、どうしようかと慌てて考えるのでは、間に合いません。

今のうちから、世の中をいい方向へ変えるために、どうするのかという事を、政治家や学者たちに任せずに、自分で考えておく事が肝要だと思います。