神さまと God

日本語で神さまという言葉を、英語に訳すと、Godとなります。
しかし、日本人が神さまという言葉を使う時、Godのニュアンスはありません。

他に訳語がないために、神さま=God のように訳されてしまいます。
でも正しくは、神さまとGod は別物なのです。

 ※KAZUOMIR NAKAMURAさんによるPixabayからの画像です。

日本人がいう神さまとは、目には見えない世界から、この世に影響を及ぼす、超越的な力を持った存在のことです。

日本を創った神さまもいますが、地域を治める神さまや、山の神さま、海の神さまもいます。

他にも人間の暮らしに密接した、商売の神、縁結びの神、学業の神、福の神、台所の神、便所の神など、様々な神さまがいます。

貧乏神や、死神なんていう、有り難くない神さまもいますね。

人間でさえ、死んだら神さまにされることもあります。
狐や狸などの動物も、神さまとして祀ったりします。

とにかく日本の神さまは、バラエティに富んでいるのです。

 ※Jeff JacobsさんによるPixabayからの画像です。

一方、西欧でいうGod とは、世界を創造した存在です。
Godと呼べるのは、この存在以外にはありません。

西欧では、人はGod のしもべであり、God は人に絶対服従を求めます。

日本では、人は神さまに何かをお願いしたり、崇めたりはします。
でも、神さまは人を支配しません。
だから、しもべではありませんし、逆らったって構わないのです。

このように、神さまとGod とは全然違うのです。
西欧に神さまはいませんし、日本にGod は存在しません。

全然違う神さまとGod ですが、似ている点もあります。
どちらも目に見えないし、人智を越えた力を持っています。

人間は自分たちの力が及ばない、あまりにも強大な存在に対して、無力感を覚えます。

そういう存在は崇めたくなるか、恐れおののいてしまいます。

それは天変地異などの自然災害に対しても、同じことが言えます。
自然法則が理解できない人は、天変地異を神が怒っていると解釈するでしょう。

この自然法則とは、宇宙を成立させる絶対的な真理に、基づいています。
科学の研究者たちは、みんなこの真理を、様々な角度から追求しているのです。

私たちが目にする宇宙は、この真理が具現化されたものです。
私たち自身も、やはりこの真理が具現化したものです。

そう考えると、宇宙の絶対真理こそが、現代人にとっての神と見ることができるでしょう。

 ※FelixMittermeierさんによるPixabayからの画像 です。