アメリカのUFO公聴会 その1

アメリカの議会下院情報委員会で、「UFO」に関する公聴会が開かれました。

前回、同様の公聴会が開かれたのは、ほぼ半世紀前でした。

それ以降、アメリカ政府はUFOについて、だんまりを決め込んで無視し続けて来ました。

それでも、UFO目撃情報が頻繁にあったのは事実です。

その中でも本物のUFOと思われる情報について、関心を持った人々の動きが国を動かすことになり、アメリカ政府もUFOの存在を正式に認めました。

今回の公聴会はその延長線上にあるものです。

今はアメリカなどの大国が、高度な技術を駆使した兵器を開発しているため、UFOを外国からの偵察もしくは侵略と見なす人たちもいます。

しかし、現在の人間の常識を越える動きをするUFOを、開発できる者はいないでしょう。

アメリカが警戒している国の一つであるロシアの軍事力が、どの程度のものなのかは、今回のウクライナ問題で明らかになっています。

ロシアがUFOを手にしているのであれば、ウクライナの制空権を握るのは、いともたやすいことだったでしょう。

また、UFOがあるということを誇示することができれば、核爆弾の使用をちらつかせるよりも、効果的に西側諸国を怯えさせることができたはずです。

それは中国にしても同じであり、UFO技術を手にしているのであれば、台湾や東シナ海、南シナ海での争いに使って、自国の有利をアピールできるでしょう。

それに月に人間を送り込むのも、ロケットなどを作らなくても、簡単にできたはずなのです。

UFOを問題にしているアメリカはもちろん、ロシアにも中国にもUFOはありません。

似たような物を造ろうと努力はしているかもしれません。

でも、それは本物のUFOと比べれば、月とスッポンほどの違いがあるでしょう。

連続したテレポーテーションのような、空間を自在に動ける技術は、今の地球人類にはないのです。