衣装と自分 その1

みなさんは自分をどのような姿だと思うでしょうか。

自分で自分を直接見ることはできませんが、鏡に映せば、その時の自分の姿が映し出されます。

男性の服を着ているのか、女性の服を着ているのか。

夏服を着ているのか、冬服を着ているのか。

新しい衣装を着ているのか、汚れたり破れたりした衣装を着ているのか。

サイズに合った衣服を着ているのか、サイズが合わずにぴちぴちだったり、だぼだぼだったりしているのか。

きちんと着ているのか、裏表や前後ろが逆になっているのか。

流行に合った着こなしか、個性的な着こなしか。

上下が雰囲気があっているのか、ちぐはぐなのか。

明るい色なのか、暗い色なのか。

いろんな絵柄があるのか、無地なのか。


鏡をぱっと見るだけですが、いろんな点がチェックできますよね。

そして、そこに映っている自分を見て、嬉しくなったり、がっかりしたりするのです。

でも、鏡に映った姿が気に入らなければ、気に入るように着替えます。

衣服が体の一部で、他の衣服に替えたくても替えられない、という人はいません。

鏡に映る姿は、自由に変えられるのです。

では、鏡に映らない姿だと、どうでしょうか。

それは、あなたの心のことです。